連載:
食のトレンドウオッチ!

第5回 オーガニックの一歩先

2022.07.27

わが家では家庭菜園をしている。自家用なので農薬も化学肥料も使っていない。

夏になると草刈りが追いつかず、雑草ボーボーで、本当にボーボーで、野菜が摩訶不思議なところから発掘されるが、それはそれで楽しい。

見た目はさておき、それなりにおいしい野菜ができるものだ。

しかし本格的に農業を始めると、そう簡単にはいかない。事業規模が大きくなればなるほど、農薬も化学肥料も使わずにやっていくことは難しい。私自身、かつて農業法人数社で働いた経験があるのでよく分かる。

当初は 理想的な農業ができるかも! とウキウキしていたが、ビジネスとして農業に携わると、そんな生易しいことではないことがすぐに分かった。理想と現実のギャップにがくぜんとしたのを覚えている。ああ、自分の認識は甘かったんだって。

先日、スリランカが大変なことになっているというニュースを目にした。

政府が半ば強引に、農薬や化学肥料の使用を禁止し、 国として短期間のうちに有機無農薬にかじを切ったのだ。その結果、有機肥料が足りなくなり、収量が激減し、農産物価格が高騰し、生産者も市場も大混乱に陥ってしまった。

十分な技術やノウハウがないままに、いきなりオーガニックにまい進するのは、食糧の安定供給の観点からも、農家の収入という観点からも、ギャンブルに近い。

とはいっても、日本でもオーガニックの商品がもっと増えればいいと内心思っている。世界ではオーガニック市場が伸びているし、特にヨーロッパは本当に先端を行っているし、消費者の意識も高い。湿度の高い日本では、雑草の生えるスピードがあまりに高速で、害虫も発生しやすい。だから一概に参考にできるわけではないが、それでも彼らの先進的な取り組みから学べることは多い。

農薬や化学肥料に頼らないオーガニックに対して、世界の消費者の大半が、よりナチュラルで健康的というイメージを持っている。クリーンな食品(クリーンラベル)として捉えられることもあれば、野菜の味が濃いと表現する人もいる。

そして特筆すべきは、このイメージがヨーロッパを中心に、時代の変化とともに進化してきているということだ。

当社で実施した消費者調査によると、「オーガニック」=「環境に優しく、エシカル」であると回答する消費者が増えてきている。サスティナブル、SDGs(持続可能な開発目標)への意識が高まる中で、結果としてオーガニックへの関心が今まで以上に高まっているという構図だ。

そんな視点で世界の食品パッケージ訴求を分析すると、さらに興味深いことが見えてくる。

「農薬・化学肥料を使っていません」という表現だけでなく、「再生可能な農業」「健康な土壌の回復」「生物多様性の促進」といったメッセージが目立ち始めているのだ。すなわち、オーガニックを通して実現したい、その先の世界を語った製品が増えているということ。

このような考え方は、SDGsが徐々に盛り上がってきている日本でも応用できるはずだ。

オーガニックであることを到着地点にしてしまうと、さまざまな理由から行き詰まってしまう可能性が高い。

しかし、例えば「健康な土壌/生物多様性を回復する」まで視野を広げた場合、アイデアがいろいろ出てくることに気が付く。

里山をしっかり管理し守っていくことも当てはまるし、外来種の侵入を防ぐことだって大切な行動といえる。そして「オーガニック」はその手段の一つであると捉える方が、活動に柔軟性が生まれるのではないだろうか。

実現したい未来が先にあって、逆算してオーガニック(もしくはその他の選択肢)にたどり着く。同じ結論に至るにしても、持続的に物事を進める際、この考え方の順番がとても大切なんだと思う。

オーガニック論を偉そうに語りながら、自分の日々の生活を振り返ってみると、目的と手段がごっちゃなっている活動があることに気が付き、少々反省したのであった…。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …