ローソンがAIを活用したレシート広告を配信、お客の価値観に合わせて広告デザインやキャッチコピーを変えることが可能に

2021.10.26

ローソンは、会員データとAI(人工知能)を活用したレシートやローソンアプリへの広告配信事業を2022年3月から開始すると発表した。お客のニーズに即した商品情報を提供するために、個々の価値観に合わせた広告訴求を行っていくとしている。

ローソンでは、これまで会員データの購買履歴や性、年代、価値観から、対象となる商品に興味を持ってもらえそうなお客を推測し、割引券などを印字した訴求を行ってきた。

例えば、「過去に同様の商品を購入したことがある」「対象商品の購入層に多い年代や価値観(30~40 代、健康意識が高い)」といったことをベースとしていた。

今回の施策では、従来の情報にAIを追加。

まず、「過去に同一ブランドの新商品を購入した会員」といった購買データから対象商品を購入した会員を特定(新商品の場合は買いそうな会員を特定)。

続いてその会員の過去購買データや性別、年代、価値観をAIで分析し、購入会員の特徴を抽出するとともに購入確率予測モデル(購入確率を予測する数式)をAIが自動構築。

その構築した購入確率予測モデルを使って広告クーポンの対象者を抽出することで、そのお客の価値観の特徴に合わせたデザインとキャッチコピーでレシート広告を発行する。

ローソンでは、今回の展開に先立つ昨年8月17日~8月30日の期間で、2週間にわたって実験を試みた。インティメート・マージャー、クリエイターズマッチの技術を活用し、まず、新商品において対象商品を購入する可能性が高い会員をAIによって抽出。その上で抽出された20万人に対してレシート広告を発行した。広告のデザインは3パターン用意し、価値観特徴に合わせて配信した。

結果、会員全体の平均購入率に対して、抽出された会員の購入率についてはレシート広告を出さなかった場合でも4倍となり、さらにレシート広告を出した場合では12倍となったという。

実験で発行したレシートデザインと価値観の特徴。左から、「ダイエット志向が高い」「癒されたい」「新しい事への興味が高い」

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。