ローソンがAIを活用したレシート広告を配信、お客の価値観に合わせて広告デザインやキャッチコピーを変えることが可能に

2022.04.22

2021.10.26

ローソンは、会員データとAI(人工知能)を活用したレシートやローソンアプリへの広告配信事業を2022年3月から開始すると発表した。お客のニーズに即した商品情報を提供するために、個々の価値観に合わせた広告訴求を行っていくとしている。

ローソンでは、これまで会員データの購買履歴や性、年代、価値観から、対象となる商品に興味を持ってもらえそうなお客を推測し、割引券などを印字した訴求を行ってきた。

例えば、「過去に同様の商品を購入したことがある」「対象商品の購入層に多い年代や価値観(30~40 代、健康意識が高い)」といったことをベースとしていた。

今回の施策では、従来の情報にAIを追加。

まず、「過去に同一ブランドの新商品を購入した会員」といった購買データから対象商品を購入した会員を特定(新商品の場合は買いそうな会員を特定)。

続いてその会員の過去購買データや性別、年代、価値観をAIで分析し、購入会員の特徴を抽出するとともに購入確率予測モデル(購入確率を予測する数式)をAIが自動構築。

その構築した購入確率予測モデルを使って広告クーポンの対象者を抽出することで、そのお客の価値観の特徴に合わせたデザインとキャッチコピーでレシート広告を発行する。

ローソンでは、今回の展開に先立つ昨年8月17日~8月30日の期間で、2週間にわたって実験を試みた。インティメート・マージャー、クリエイターズマッチの技術を活用し、まず、新商品において対象商品を購入する可能性が高い会員をAIによって抽出。その上で抽出された20万人に対してレシート広告を発行した。広告のデザインは3パターン用意し、価値観特徴に合わせて配信した。

結果、会員全体の平均購入率に対して、抽出された会員の購入率についてはレシート広告を出さなかった場合でも4倍となり、さらにレシート広告を出した場合では12倍となったという。

実験で発行したレシートデザインと価値観の特徴。左から、「ダイエット志向が高い」「癒されたい」「新しい事への興味が高い」

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …