進むDX、イケアが「IKEAカタログ」の発行を終了し、70年続いた冊子の歴史に幕

2022.04.21

2020.12.08

イケアは1943年の設立から間もない51年、創業者であるイングヴァル・カンプラード自身が発行を開始し、70年にわたって発行し続けてきた冊子の「IKEAカタログ」の発行を終了すると発表した。日本でも、これまでポスティングによって各家庭に配布されていた。

背景には、情報収集のデジタル化がある。近年、お客の購買行動やメディアの在り方の変化を受け、IKEAカタログの需要は減っているという。

また、イケアとしても、より多くの人々とつながるための新しい方法としてデジタルを活用しながら、お客にさらに身近な存在となろうとしていることもある。

昨年、オンラインでの売上高は全世界で45%増加した他、IKEA.comへのアクセス数は40億以上を達成。同時にデジタルサービスを改善し、イケアでの買物体験を向上させることを目指して新しいアプリも始動している。

もちろん、イケアとしては、これまでIKEAカタログのデジタル対応についても模索してきた。98 年にはインターネットで入手可能な最初のカタログとして、ビジネス・オフィス用の家具のみを掲載した特別版の「IKEA at office」を発行。2000年にはIKEAカタログの印刷版とオンライン版双方が発行されるに至っていた。

しかしながら、デジタル化を背景としたメディアの在り方とお客の購買行動の変化が、イケアに今回の発行終了を決断させた。イケアにとってのDX(デジタルトランスフォーメーション)を象徴する出来事といえるだろう。

IKEA カタログの最盛期は16年だという。32カ国語、69バージョンによる延べ2億部のIKEAカタログが 50以上の市場で配布されるに至っていた。51年に発行された最初のカタログはスウェーデン語による全68ページの構成で、スウェーデン南部で28万5000部の配布だった。約65年の間にその部数は約700倍に増えていた。

なお、IKEAカタログの発行は終了するものの、これまでのIKEAカタログの歴史を記念して、ホームファニシングに関する書籍を21年の秋に発行する予定だという。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …