進むDX、イケアが「IKEAカタログ」の発行を終了し、70年続いた冊子の歴史に幕

2020.12.08

イケアは1943年の設立から間もない51年、創業者であるイングヴァル・カンプラード自身が発行を開始し、70年にわたって発行し続けてきた冊子の「IKEAカタログ」の発行を終了すると発表した。日本でも、これまでポスティングによって各家庭に配布されていた。

背景には、情報収集のデジタル化がある。近年、お客の購買行動やメディアの在り方の変化を受け、IKEAカタログの需要は減っているという。

また、イケアとしても、より多くの人々とつながるための新しい方法としてデジタルを活用しながら、お客にさらに身近な存在となろうとしていることもある。

昨年、オンラインでの売上高は全世界で45%増加した他、IKEA.comへのアクセス数は40億以上を達成。同時にデジタルサービスを改善し、イケアでの買物体験を向上させることを目指して新しいアプリも始動している。

もちろん、イケアとしては、これまでIKEAカタログのデジタル対応についても模索してきた。98 年にはインターネットで入手可能な最初のカタログとして、ビジネス・オフィス用の家具のみを掲載した特別版の「IKEA at office」を発行。2000年にはIKEAカタログの印刷版とオンライン版双方が発行されるに至っていた。

しかしながら、デジタル化を背景としたメディアの在り方とお客の購買行動の変化が、イケアに今回の発行終了を決断させた。イケアにとってのDX(デジタルトランスフォーメーション)を象徴する出来事といえるだろう。

IKEA カタログの最盛期は16年だという。32カ国語、69バージョンによる延べ2億部のIKEAカタログが 50以上の市場で配布されるに至っていた。51年に発行された最初のカタログはスウェーデン語による全68ページの構成で、スウェーデン南部で28万5000部の配布だった。約65年の間にその部数は約700倍に増えていた。

なお、IKEAカタログの発行は終了するものの、これまでのIKEAカタログの歴史を記念して、ホームファニシングに関する書籍を21年の秋に発行する予定だという。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」