オンライン開催の世界最大のテクノロジー見本市CES2021をリアルで体験できる場をb8taが提供、「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」開催

2021.01.11

会場となったb8ta Tokyo–Yurakucho

b8ta Japanは、2021年1月にオールデジタルで開催される「世界最大のテクノロジー見本市CES2021」に合わせ、「JAPAN TECHパビリオン」の展示品をリアルに体験できる「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」を、2021年1月9日~17日に、b8ta Tokyo–Yurakuchoで開催。b8ta Tokyo–Yurakucho店内に特設エリアを設け、新しいテクノロジーをじかに触れられる機会を提供する。

CES は全米民生技術協会 (CTA)が主催し、毎年1月に米国ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジーの見本市。21年は新型コロナウイルスの影響もあって、オンライン開催となった。

最新技術をリアル店舗で提案

今回の「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」に出展するのは、CES Innovation Award 2021 Honoree を獲得した最新かつ高速のWiFi6テクノロジーを搭載したトライバンドメッシュシステムの「Orbi Pro WiFi6 トライバンドメッシュWiFiシステム」、プロゲーマーのためのWiFi6ゲーミングルーター「Nighthawk Pro Gaming AX5400 WiFi6ゲーミングルーターXR1000」を展開するネットギアジャパン、約85gと軽量、小型設計で持ち運びに便利なパーソナル小型空気清浄器「OiSHi」を展開するクリエイティブテクノロジー/クリエイティブトレーディング、少子高齢化など「まちづくり」のさまざまな課題を最先端の技術革新の導入により解決しながら、未来に誇れるモデル都市を目指す「Fukuoka Smart East」を提案する福岡市役所、箸型センサーで「食べる」行動を認識し、その結果をデジタルキャンバス上に絵として視覚化することで、健康的な食生活を後押しするシステム「eat2pic」などさまざまなぎ最新技術を提案する国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学、抜群の通気性と強力なウイルスブロックを兼ね備えた新素材ナノファイバーフィルターの「NANOXERA」によって約0.1µmの粒子を 99%以上カットする他、独特の3D設計と併せた高い安全性と快適性を実現したマスク製品「AirQUEEN by NANOXERA™」を提供するヤギなど。

スタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」のコーナーも

また、CES2021には日本のイノベーション政策の一環として18年に経済産業省主導で立ち上がったスタートアップ企業の育成支援プログラムの「J-Startup」も出展するが、それら企業の一部も今回、リアル出展。

知能技術は、指を使って画面に触れることなく画面を操作することができ、ATMの画面や飲食店の注文画面、券売機など不特定多数の方が利用される場所での感染症予防が期待できる「UbiMouse」のAI(人工知能)センサーを展示する他、アルケリスは、長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリスFX」を展示、人を乗せる「空飛ぶクルマ」の23年の実用化を目指しているSkyDriveは、コンセプトモデル「SD-XX」の6分の1サイズの模型を展示するなどしている。

アルケリスのアシストスーツ「アルケリスFX」はフレックスカーボンを使用することで軽量化。工場や手術の場など長時間の立ち仕事の負荷軽減に貢献する
「空飛ぶクルマ」の実用化を目指しているSkyDriveは、コンセプトモデル「SD-XX」の6分の1サイズの模型を展示。同社は30㎏を運搬できる重量運搬ドローンの「Cargo Drone」も展開し、すでにサブスクリプションで販売している

他、在宅用IoT検査装置として、自宅で簡単、かつ高精度に尿検査などが行える「Bisu Body Coach」などを提案するBisu、研究中ではあるものの、LEDセンサーおよびフォトダイオードを駆使し、これまで難しいとされていた非侵襲での血糖値データ取得が可能となる世界初の非侵襲血糖計測センサーなどを展示するクォンタムオペレーション、相手の反応が見えにくいという課題をプライバシーを担保しながら解決し、1人1人の個性に合わせたオンラインコミュニケーションを実現する動画解析AIサービスを提供するI’m beside you、コストパフォーマンスに優れた顔認識アプリケーションの「XFACE」を提案するエクセレンスなどがその技術をリアルで展示した。

新型コロナウイルスは、結果として急速なオンライン化を推し進める形となったが、今回のCES2021 JAPAN TECH @b8taは、オンライン全盛の時代にあって、「リアル」の価値を考える上で大きな示唆を持つものといえそうだ。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。