マルエツ プチ 南青山七丁目店南がオープン、専用サイネージで新たな買物体験を提供する

2022.04.18

画像はイメージ

2022年4月22日(金)に「マルエツ プチ 南青山七丁目店」が東京都港区にオープンする。東京メトロ「表参道駅」より南東側約700mに位置し、店舗周辺は、マンション、戸建て住宅が混在する住宅地となっており、西側には大学や高校が密集するエリアとなる。

「マルエツ プチ 南青山七丁目店」は、『お客さまに寄り添った接客とニーズに応じた品揃えで地域に愛されるお店』をストアコンセプトに、「鮮度」「商品との出会い」「ストレスゼロ」「繋がり」といった4つの価値を提供していく。

「鮮度」・「商品との出会い」

生鮮

青果では、旬の野菜や果実、多種多様なトマト、オーガニック野菜を取り揃える。

精肉では、マルエツオリジナルの『優夢牛』『桜もち豚』『みちのく森林鶏』を品揃え、鮮魚では、惣菜売場でお造りの販売を行う。

即食・簡便商品

画像はイメージ

精肉では、「親鶏炭火焼き」や「合鴨ローストスライス」など、肉のおつまみを集めた『おつまMEAT』、鮮魚では、「焼きいか」や「えびにら饅頭 」など、魚のおつまみを集めた 『おつなFISH』をそれぞれ惣菜売場で販売する。

冷凍食品

オーガニックを中心とした冷凍野菜や冷凍果実、馬刺しやホルモンといった冷凍肉など、生鮮の冷凍食品を豊富に展開。

特に干物、漬魚、魚卵などの冷凍加工魚やまぐろ、かんぱち、真鯛などの冷凍刺身、便利なシーフードミックスやミールキットなど、鮮魚では冷凍食品の品揃えを強化する。

バルコーナー、ワインセラー

画像はイメージ

チーズやお酒に合うおつまみと、ワインをはじめとしたお酒を集合させた「バルコーナー」を展開。また、ワインコーナーにワインセラーを設置し、品揃えの差別化を図る。

鮮魚鮨、お惣菜、ベーカリー

画像はイメージ

専用窯を使用し高温でふっくら焼き上げた窯焼ピッツァや、自社工場から直送する焼きたてのパンを販売。

また、天ぷら、フライなどのお惣菜、国産生本まぐろや活〆真鯛など、鮮度・味にこだわったお寿司なども展開する。

「ストレスゼロ」「繋がり」

スマホ決済サービス・フルセルフレジの導入

「マルエツ プチ 南青山七丁目店」では、カスミ、マックスバリュ関東との連合であるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)が開発したスマホ決済サービス「Scan&Go」が利用できる。

「Scan&Go」は、本アプリを利用することで会計の際にレジに並ぶことなく、自身のスマホで商品登録および決済を行うことができ、スムーズなお買物が可能となる。

「Scan&Go」を利用することで、買い物時間の短縮、不必要な接触を回避、買い物合計金額の把握などのメリットが得られる。

加えて、フルセルフレジを導入するなど、多様な決済手段をご提供し、レジ
待ち時間の解消につなげていく。

デジタルシェルフの導入

「デジタルシェルフ 」を導入し、専用サイネージから「Scan&Go」会員が、特別な商品を「Scan&Go」決済で購入できる限定販売に加え、オードブル・お寿司・銘柄牛などのおとりよせメニューを、専用サイネージの二次元コードからスマートフォンで注文できる予約販売を用意。新たな買物体験を提供する。

また、「LINE公式アカウント」による「友だち追加」やマルエツチラシアプリから、お得なクーポンやチラシ情報など、日々の買物に役立つ情報を発信していく。

店舗概要

店舗名:マルエツ プチ 南青山七丁目(みなみあおやまななちょうめ)店
オープン日時:2022年4月22日(金)午前9:00オープン
住所:東京都港区南青山七丁目4番19号
電話番号:03-3409-3301
売場面積:261㎡ (79坪)
年間売上高目標:4.8億円
営業時間:9:00~22:00
取扱品目:青果・鮮魚・精肉・惣菜・ベーカリー・日配食品・一般食品・日用雑貨

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …