オーケー

  • 2021.07.28

    オーケーが立川のSC「若葉ケヤキモール」に居抜き出店、550坪型でヤオコーと真っ向勝負

    オーケーは7月15日、東京都立川市に立川若葉町店をオープンした。立川市内には2014年2月オープンの立川富士見町店と2店体制になる。 ネイバーフッドショッピングセンターの「若葉ケヤキモール」のマルエツ跡地に居抜き出店した。1階部分にワンフロアの1807.18㎡(546.67坪)の売場で出店。 居抜きではあるが、内装を含め新店のような売場となっている。ただし、バックヤードの位置も含め、基本的にマルエツ時代の配置を引き継いだという。 東側に徒歩数分の300mほどのところにはヤオコー立川若葉町店がある。直接の競合店といえそうだ。店舗面積460坪の中型店で、11年9月のオープンから間もなく10年を迎え…

  • 2021.06.28

    売上高5000億円、経常利益300億円突破で勢い増すオーケーが登戸店をオープン

    オーケーが6月22日、ディスカウントスーパーマーケットタイプの登戸店(神奈川県川崎市)をオープンした。売場面積はアンダー1000㎡の999.27㎡(302.28坪)の300坪型で、コンパクトな売場となっている。 フリースタンディングの賃借物件で、1階は駐車場に充てられ、売場は2階となっている。売場レイアウトは壁面側主通路に沿って青果から始まり、鮮魚、精肉、日配、惣菜と続く。和洋日配がまとめられている点は特徴的だが、全体的には比較的オーソドックスなパターンといえる。 300坪型の比較的コンパクトな売場ということもあってか、主通路に囲まれたグロサリーの売場はゴンドラに中通路を設けず、長い陳列線が特…

  • 2021.03.22

    低価格を武器に首都圏深耕。「オーケー平塚店」オープン。伊勢原に次ぐ西端への出店。

    オーケーは3月16日、神奈川県平塚市に平塚店をオープンした。ワンフロアで売場面積619.35坪の食品主体の店だが、同社では比較的大型の「ディスカウントセンター」フォーマットに位置づけられる。 国道16号の内側を主要な出店エリアとする同社からするとやや西側に位置し、伊勢原店(神奈川県伊勢原市)に次ぐ西端の店となる。 JR平塚駅から約500m、徒歩で6分程度歩いた、駅前商店街を抜けた場所に立地する2階建ての建物への出店で、楽器店やフィットネスなどと商業施設を形成。駐車場は79台で店の規模からするとやや少な目という印象だが、一方で、自転車での来店が多く見込める立地であるという。 ワンフロアで売場面積…

  • 2021.01.03

    ザ・トップマネジメント 「オーケー 二宮涼太郎社長」:2021年新春特別版インタビュー

    注力分野は「全部」、非食品も強化してワンストップ、ディスカウントの魅力に磨きをかける ——2020年は新型コロナウイルスの影響が大きかった。 二宮 皆さんそうだと思うが、激変だった。需要が変化したり、お客さまの買物行動も、頻度を減らすということが本当に定着してきた。いままで考えていたことと、がらっと変わったように思う。 一方で、われわれがやることはそんなに大きくは変わってはいない。少なくともお店に関しては、いまの新しいお客さまの消費に合っていないということはない。 むしろ、経済環境は非常にこれから厳しくなる。改めてディスカウントはお客さまがお店を選ぶ重要なポイントかなと思うので、ますます磨きを…