ヤオコー

  • 2022.05.18

    ヤオコー大宮櫛引店がオープン、ベルク至近にドミナント固める出店で先行販売新商品も多数

    ヤオコーは5月17日、埼玉県さいたま市に埼玉県97店目となるヤオコー大宮櫛引店をオープンした。同店のオープンで全社では178店体制となる。 さいたま市北区と大宮区の境に立地し、埼玉新都心交通(ニューシャトル)の鉄道博物館駅から西に約1.1km、JR線大宮駅から約1.9kmに立地するが、比較的平坦な道が続くため、徒歩や自転車での来店がしやすい地域だという。 周辺は市街化調整区域に囲まれ、戸建てと中低層共同住宅が混在し人口が密集している上、店舗周辺の人口、世帯数は共に増加傾向。 年齢構成は40~50歳代前半がボリュームゾーンで、1km圏内の世帯構成は2、3人世帯、4人世帯の割合が高くなっている。店…

  • 2022.05.12

    ヤオコー大宮櫛引店が5月17日オープン、人口密集地への出店でヤングファミリー層の支持目指す

    ヤオコーは5月17日、埼玉県さいたま市に埼玉県97店目となるヤオコー大宮櫛引店をオープンする。同店のオープンで全社では178店体制となる。 さいたま市北区と大宮区の境に立地し、埼玉新都心交通(ニューシャトル)の鉄道博物館駅から西に約1.1km、JR線大宮駅から約1.9kmに立地するが、比較的平坦な道が続くため、徒歩や自転車での来店がしやすい地域だという。 周辺は市街化調整区域に囲まれ、戸建てと中低層共同住宅が混在し人口が密集している上、店舗周辺の人口、世帯数は共に増加傾向。 年齢構成は40~50歳代前半がボリュームゾーンで、1km圏内の世帯構成は2、3人世帯の割合が最も高くなっている。 同店の…

  • 2022.03.16

    ヤオコーネットスーパー川越霞ケ関店を開業、3月24日よりサービススタート。

    株式会社ヤオコーは、2022年3月24日(木)よりヤオコーネットスーパー川越霞ケ関店を開業し、サービスを開始すると発表した。 ヤオコーネットスーパーは三芳藤久保店・志木宗岡店・上福岡駒林店・川越南古谷店・川越今福店・川越山田店・川越的場店・西大宮店・所沢北原店・蕨錦町店・和光丸山台店に続き、12店舗目となる。 ヤオコーネットスーパーとは ヤオコーネットスーパーは、店舗で販売する商品を、パソコンやスマートフォンから注文を受け付けて、自宅に配送するサービス。 川越霞ケ関店では、注文した商品を店舗で受け取れるサービスも実施する。 ネット上での掲載する商品には、チラシ商品以外にも、生鮮食品や日配食品、…

  • 2022.02.21

    ヤオコー和光南店が2月25日オープン、旗艦店・和光丸山台店と連携し、和光ドミナント構築

    ヤオコーは、2022年2月25日、埼玉県和光市に和光南店をオープンすると発表した。埼玉県97店目、ヤオコー全体では178店目になる。 旗艦店としてオープンした和光丸山台店から直線で約1.5kmの至近に出店した売場面積474坪の比較的コンパクトな店で、和光丸山台店との連携で和光ドミナントの構築を図るとしている。 東武東上線の和光市駅、成増駅から直線で約2㎞、都営大江戸線の光が丘駅から2㎞強の越後山土地区画整理事業区画内に立地。市内循環バスや公共バスも運行するため、交通アクセスは良い。 周辺には団地や比較的新しい戸建てが多く、近隣には大手研究所や研修施設、公共の運動場などがあり、人の行き来が多いエ…

  • 2022.01.06

    ザ・トップマネジメント 令和4年新春特別編 ヤオコー 川野澄人社長

    「原材料高、コスト高、マーケット縮小の厳しい環境下、ゼロサムゲーム抜け出して新しい価値提供目指す」 ——2021年度はどのような年だったか。 川野 一番は、新型コロナウイルスの影響が強く出たというのが、前期に続いて今期であったと。7月、8月、9月と、夏場に感染拡大があり、それに伴う巣ごもり需要が大きかったと思う。 ただ、巣ごもり需要に加えて、前期から取り組んでいる価格政策については、一定の効果が出てきたと思っている。客数を増やすことに効果を発揮してきた。なかなか数字上、分析しにくいが、手応えは感じている。 20年と大きく違うところは、デリカの3部門(惣菜、寿司、ベーカリー)が大きく伸びたこと。…

  • 2021.11.29

    ヤオコー川越霞ケ関店がオープン、川越藤間店に続くサミット跡地への出店、今回は建て替え

    ヤオコーは11月25日、埼玉県川越市に川越霞ケ関店をオープンした。埼玉県96店目、全社では177店目となる。今期9店の出店を予定しているうちの8店目となる。サミット跡地への出店で、東武東上線霞ケ関駅から北方面に約100m、北口から徒歩約3分の駅近店。 県道114号川越生越線に面し、周辺は店舗や住宅が混在する古くからの市街地。1km圏内では人口、世帯数共に増加傾向で、年齢構成は30~50歳代、次いで70歳以上がボリュームゾーンとなっている他、単身、2人世帯の割合が66.6%と高いことが特徴。20代の単身世帯も多いという。 1km圏内の人口増減率は101.3%、世帯数増減率は107.3%と増加傾向…

  • 2021.10.26

    ヤオコー和光丸山台店がオープン、ヤングファミリー特化の旗艦店

    ヤオコーは10月14日、埼玉県和光市に和光丸山台店をオープンした。半径1kmの商圏内では人口が増えており、とりわけ、20~40代が多い。 また、単身世帯が49.6%を占め、中でも若い単身者の割合が高い。そこで、冷凍食品や惣菜など利便性が高く、商圏ニーズにマッチする商材を強化した。売場面積は約825坪。初年度売上げ目標は28億円を計画している。 同店は、和光市駅南口から約800mに立地、川越街道などにも近く交通至便だ。和光市駅は東武東上線、東京メトロ有楽町線・副都心線が通っており、東京都心へのアクセスにも恵まれている。 そのため、通勤、通学に好適の住宅地として、開発が進められているエリアなのだ。…

  • 2021.10.01

    ヤオコーが自社工場製造商品の新ブランド「eat!YAOKO」をリリース、10月1日から順次展開

    ヤオコーは、看板商品として支持の高い自社工場製造商品について、「自信をもってお勧めする商品として、より明確にお客様へお伝えするため」リブランディングを実施し、新ブランド名となる「eat!YAOKO」として、10月1日から順次展開を開始した。 ブランドメッセージを「自社製造のお弁当・麺・お惣菜を通じて、美味しくて楽しい食生活のお手伝いをします」とし、コンセプトは「①自社製造だからこそ、美味しくするためには労を惜しまず、②優れた食材、たゆまぬ研究を重ねた調理方法、③家族にも安心して提供できる安全な製造環境」の3点。 「企画」「製造」「販売」の全工程を自社工場が担うことで、バイヤーの「是非食べていた…

  • 2021.09.22

    ヤオコーが東松山に続く拠点となる熊谷デリカ・生鮮センター、エコセンターを開設、10月1日の稼働に向けて竣工

    ヤオコーは、埼玉県熊谷市に「ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター」と「ヤオコーエコセンター」が竣工したと発表した。 今回の熊谷デリカ・生鮮センターは、東松山デリカ・生鮮センターに続く生鮮プロセスセンター機能を備えたセンター。 今回の開設によって、生鮮プロセスセンター機能の強化を図る他、環境変化への対応として、①店舗の省力化、省人化への寄与、②安さへの対応、③SPA(製造小売業、デリカ+生鮮)による利益構造改革、④社員の働き方改革の実現を目指す。 また、ヤオコーエコセンターでは、資源リサイクルを行うことで資源循環社会の実現を目指す他、自社回収による経費削減も見込む。 「豊かで楽しい食生活提案型スーパ…

  • 2021.08.12

    ヤオコーが、所沢北原店と蕨錦町店でネットスーパーサービスをスタート

    ネットスーパーサービスを長期停止していたヤオコーが、ヤオコーネットスーパー所沢北原店(埼玉県所沢市)のサービスを8月19日10時から、ヤオコーネットスーパー蕨錦町店(埼玉県蕨市)のサービスを8月26日10時から開始すると発表した。 これによって、同社のネットスーパーは三芳藤久保店、志木宗岡店、上福岡駒林店、川越南古谷店、川越今福店、川越山田店、川越的場店、西大宮店、所沢北原店、蕨錦町店の10店での実施となる。 ヤオコーネットスーパーは店舗で販売する商品のうち、お客から支持の高い商品を中心に、パソコンやスマートフォンから注文でき、自宅まで配送するサービスだが、所沢北原店と蕨錦町店では注文を受けた…

  • 2021.08.09

    フーコット1号店がオープン、ヤオコーが子会社を通じて手掛けるディスカウントの姿とは?

    ヤオコーが今年2月1日に子会社として設立したディスカウント事業の「フーコット」がついにその店舗をオープンした。8月3日、1号店として埼玉県飯能市に飯能店をオープン。ネイバーフッドショッピングセンターの核店のスーパーマーケット(SM)跡地に居抜き出店し、核店としての機能を果たす。 ヤオコーは2017年に神奈川県を地盤とし、食品ディスカウントストアを展開するエイヴイを子会社化、それぞれが事業展開しつつ、ヤオコーへの一部ディスカウントのノウハウの取り込みを図ってきたが、今年2月、子会社としてフーコットを設立。埼玉県など自社ドミナントエリアにディスカウント事業を別会社で展開する方針を打ち出した。 エイ…

  • 2021.07.26

    ヤオコーが駅近立地500坪型の天王台店を千葉県我孫子市にオープン、7月は3店の大量出店

    ヤオコーは、7月29日、千葉県我孫子市に天王台店をオープンした。千葉県我孫子市には初出店となり、同柏市、同印西市、茨城県取手市、同龍ケ崎市の結節点に位置していることから、空白エリアを埋めていく戦略の一環。 千葉県では32店目となり、他、埼玉県94店、群馬県16店、東京都12店、神奈川県9店、茨城県7店、栃木県5店で全社175店体制となる。 7月6日に埼玉県川越市にオープンした川越藤間店、21日に同ふじみ野市にオープンしたふじみ野大原店に続く、この7月の3店目の出店となる。 出店場所は、通勤通学者が多く利用するJR常磐線の天王台駅から約140m、徒歩約2分、周辺にはワンルームマンションが多く、住…

  • 2021.07.19

    イトーヨーカドー跡地にヤオコーがふじみ野大原店をオープン、「ヤングファミリーに感動していただくお店」目指す

    ヤオコーは7月21日、埼玉県ふじみ野市にヤオコーふじみ野大原店をオープンする。東武東上線の上福岡駅から北東に約800m、新河岸駅から南東に約1km に位置し、路線バスも通っているため交通アクセスに便利な立地。 イトーヨーカドー跡地だが、周辺は再整備が進み、約700戸の大型マンションが建設中ということもあって出店1km圏内では人口、世帯数ともに増加傾向にある。 年齢構成は、30~50歳代および70歳以上がボリュームゾーンとなっている。駅周辺が単身者の割合が高い一方、3km圏内では 4 人以上の世帯の割合が高くなっている。 同意建物内にテナントとしてサンドラッグ、ポニークリーニング、イーズインドア…

  • 2021.07.09

    ヤオコーが経産省「サプライチェーン イノベーション大賞2021」優秀賞、食品ロス削減特別賞受賞

    ヤオコーは、物流センターを起点とする配送効率化と返品削減の取り組みについて、経済産業省の「サプライチェーン イノベーション大賞2021」における優秀賞と食品ロス削減特別賞を受賞した。 同賞は、経済産業省が事務局を務め、製・配・販連携協議会が国内におけるサプライチェーン全体の最適化に向け、製造メーカー(製)・卸売業(配)・小売業(販)各層の協力の下、優れた取り組みを行い、業界をけん引した事業者に対しその功績を表彰するもの。 ヤオコーについては、①バース予約受付管理システムの導入による納品車両の待機時間低減で、製・配・販協働での配送効率化の取り組み、②店舗納品の鮮度管理基準を「3分の1ルール」から…

  • 2021.07.01

    ヤオコー川越藤間店オープン、サミット跡地にドミナントのすき間を埋める出店で、小商圏高シェア狙う

    ヤオコーは7月6日、埼玉県川越市に埼玉県内93店目となるヤオコー川越藤間店をオープンした。全社的には173店体制となり、埼玉県の他、千葉県31店、群馬県16店、東京都 12店、神奈川県9店舗、茨城県7店、栃木県5店の陣容になる。 東武東上線新河岸駅から約1.1km、上福岡駅から約1.5km、国道254号線川越街道沿いのサミットストア跡地への居抜き出店。戸建てや集合住宅、飲食店などが多いエリアで、周辺には自社の店も多い。 直線距離で東方向に約2㎞のイトーヨーカドー跡地には7月中に自社ふじみ野大原店(埼玉県ふじみ野市)がオープンを予定するなど、商圏内でのドミナントのすき間を埋める形の出店が続く形と…

1 2
1 2