【盆商戦】対策2024 惣菜編 地元の食材を使った精進料理とおもてなし料理、単品を組み合わせるだけで提案の幅は広がる

2024.07.09

8月の旧盆の帰省客や訪問客に郷土料理の精進料理とおもてなし料理を提案したい。精進料理は植物性タンパク質だけの厳格なものでなく、肉料理は使わないものの、エビ天など魚介料理を使う「ペスクタリアン(植物性タンパク質+魚介類のタンパク質)」メニューを提案。おもてなし料理は地元の食材を使った郷土料理を提案する。                         

精進料理とおもてなし料理については、地元の食材を使った郷土料理を提供する。「郷土料理コーナー」をつくり単品やセット物をお皿に盛り付けるだけの調理食品を提供する。次の写真の左は南信州の「おもてなし料理」、右は「精進料理」の例。

また、次の写真はそば、天ぷら、握り寿司盛り合わせ膳の例。どれも惣菜売場で売られているもの。組み合わせるだけで立派な膳ができることを提案する。

皿の上にあるいろんな料理
自動的に生成された説明

次の写真は原信で売られていた一口おはぎ盛り合わせ。盆期間は他にごちそうがたくさんあるため、小さなおはぎを盛り合わせた商品を販売したい。

木製テーブルの上にあるいろんな食べ物
自動的に生成された説明

23年の日別消費動向から見る予測

昨年の家計消費について、夏休みが始まる7月22日(土)から盆明けの8月20日(日)までの日別消費支出をグラフにまとめた。今年の重点商品と売場づくりに役立ててほしい。

弁当

盆期間中の弁当は、昨年は11日(金)が需要は高かった。今年は10日(土)~12日(日)まで3連休であるため盆前の売上げアップが期待できそうだ。

売場づくりと注意点

盆期間中はアウトパック弁当の比率を高め、握り寿司製造に集中する。「全国駅弁祭り」といった企画を実施してもおもしろい。夏のインストア弁当は安全対策を最優先にする。普段の弁当も細菌検査を行い安全には細心の注意を払うこと。

写真, 食品, 異なる, 束 が含まれている画像
自動的に生成された説明
ちらし弁当。盆期間中は他にごちそうがあるため、「小さな彩弁当」を訴求したい。手間がかかるため、アウトパック商品を品揃えするとよい
ボウルに盛られた料理
自動的に生成された説明
ミニうな丼&ミニうどん。夏の丼は天丼とうな丼。うな丼は単品では価格が張るため「ミニうな丼とうどんのセット」を販売したい

寿司

握り寿司のピークは12日から15日である。特に12日と13日にピークを迎える。今年も猛暑の可能性があるため、生たねの扱いや保管には十分注意を払う。

売場づくりと注意点

盆は他にもごちそうがあるため、上たね寿司はカン数が少なくてもよい。逆に並寿司はカン数の多い特盛り寿司を訴求する。

特盛り握り寿司。「握り寿司を腹いっぱい食べたい」という人のための特盛り商品。特売で1780円(1カン当たり約74円)。生たねは混ぜない方が良い
寿司弁当の「柿の葉寿司」。インストア製造の握り寿司だけでなく柿の葉寿司、笹寿司、笹ちらしなどの地方の寿司弁当を販売したい

おにぎり

おにぎりが売れる日は入店客の多い週末。盆期間を除き平日、特に月曜日の消費が落ちるため、発注数量、製造数量には注意する。猛暑が予想されるためインストアおにぎりの衛生管理には注意を払いたい。

売場づくりと注意点

安全を考慮してアウトパックおにぎりの比率を高める。「みそ焼きおにぎり」「しょうゆ焼きおにぎり」などはインストア製造を行う。

スライスされたケーキ
低い精度で自動的に生成された説明
オリジンで販売されていた「うなぎ樺焼」おにぎり。うなぎのたれを絡めたご飯にうなぎのかば焼きを載せたおにぎり。ちょっとぜいたくなおにぎりも提案したい
ライフで販売されていた焼きおにぎりと混ぜご飯おにぎり。焼きおにぎりはオーブンで焼き、混ぜご飯おにぎりはアウトパック商品。おにぎりの品揃え商品はアウトパックでそろえ、インストア製造おにぎりは絞り込む

調理パン

調理パンもおにぎりと同じ動きをしていて、客数の多い週末によく動いている。盆の13日にも売れるため、バーガー、カツサンドに絞り大量陳列を行う。14日、15日は需要が落ちるため注意。

売場づくりと注意点

調理パンでは依然としてバーガーに注力。「メガバーガー」「ソースカツバーガー」「みそカツバーガー」など「ご当地バーガー」を品揃えしたい。

山賊焼きバーガー。長野県塩尻市、松本市の郷土料理「山賊焼き」をバーガーにしたもの。レタス、キャベツ、タルタルソースと併せ挟んでいる

天ぷら、フライ

天ぷら、フライが動く日は週末。盆の11日~14日まではオードブル、天ぷら盛り合わせの売り時であるため売り逃しがないようにしたい。

皿の上の料理
自動的に生成された説明
オードブル。最近はフライなどパン粉製品より、唐揚げ、焼き物とソースを盛り合わせたオードブルが外食では人気だ。ソースは小袋でも良いからなるべく添付したい
鶏唐揚げ、鶏竜田揚げ。売れ筋ナンバーワンは鶏の唐揚げ。ニンニク、トウガラシ、レモン、みそなどのフレーバーを広げた商品を提供したい。鶏唐揚げを使ったアレンジメニューも提案する

サラダ

サラダは7月よりも8月の方が、動きが良い。盆期間中は大型パックの生野菜サラダを提供する。昨年は11日(金)が一番動いた。

売場づくりと注意点

韓国サラダはチョレギサラダだけでなく、ナムルサラダも品揃えしたい。さらには、トルテーヤサラダや焼き野菜サラダといったメニューも追加し、カラフルで魅力ある売場をつくりたい。

揚げトルティーヤ&サラダ。揚げトルティーヤと生野菜サラダを盛り合わせたもの。アボカドデップソースなども添付したい。トルテーヤは湿気るため袋に入れたものを使うとよい

お役立ち資料データ

  • 2023年 下半期 注目店スタディ

    2023年下半期注目のスーパーマーケット7店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・オーケー/銀座店 ・ヨークベニマル/仙台上杉店 ・ベイシア/Foods Park 津田沼ビート店 ・ヤオコー/松戸上本郷店 ・カスミ/…

  • 2023年 上半期 注目店スタディ

    2023年上半期注目のスーパーマーケット5店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・ ヤオコー/トナリエ宇都宮店 ・ サミットストア/川口青木店 ・ 原信/紫竹山店 ・ ライフセントラルスクエア/ららぽーと門真店 ・ …

  • 有力チェーントップ10人が語る「ニューノーマル時代のスーパーマーケット経営論」

    有力スーパーマーケットチェーンの経営者10人にリテール総合研究所所長の竹下がインタビューを実施し、そのエッセンスをまとめています。 インタビューを通じ、日本を代表する有力トップマネジメントのリアルな考えを知ることができ、現在の経営課題の主要テーマを網羅する内容となっています。 変化する経営環境において、各トップマネジメントによる現状整理と方向性を改めて振り返ることは、これからの新しいスーパーマーケットの在り方形を模索する上でも業界にとって大変有用と考えます。 ぜひ、今後のスーパーマーケット業界を考える材料としてご活用ください。 ■掲載インタビュー一覧 ライフコーポレーション 岩崎高治社長 ヨー…