リテールTRENDカンファレンス12月8日開催。DX・経営戦略・食トレンドなど多様なテーマでお届け。

2021.11.17

2021.11.27

コロナ禍が世界中を包み込む中、スタートした2021年。

小売業界はコロナ禍での経営を模索しながら急激な変化を遂げている。改めて焦点が当たったDX(デジタルトランスフォーメーション)は店舗運営の形を大きく変えつつありますし、小売マーケティングにおいては素材回帰、環境配慮、そして健康といったキーワードが世界規模で存在感を増すなど、コロナ禍を経た中でのうねりのような大きなトレンドが次第に明確になってきた。

この度、リテール総合研究所では、小売りの「トレンド」に焦点を当て、各領域のトップランナーをゲストに招き、多様なテーマでオンラインカンファレンスを実施する。

無料参加はこちらから>
※当日参加できなくても、アーカイブ動画配信あり。

プログラム

13:00 – 13:40
新世代のトップ経営者が見据えるDXとその未来
森永 和也
株式会社スギ薬局
取締役 社長室室長 兼 DX戦略本部副本部長

13:40 – 14:10
アプリマーケティング成功事例から学ぶ、リテールDX最前線!
田代 健太郎
株式会社ランチェスター
代表取締役 CEO

14:10 – 14:40
DXを加速するTeams、仮想デスクトップ活用術
別所 貴英
株式会社サテライトオフィス
執行役員

14:50 – 15:30
2021年から2022年へ。DXトレンドを読む。
藤井 保文
株式会社ビービット
執行役員CCO / 東アジア営業責任者

15:30 – 16:00
≪Vieureka≫AIカメラで変革を起こした店舗とは?
宮崎 秋弘
パナソニック株式会社
事業開発室 Vieureka事業責任者

16:00 – 16:30
自社ECサイトとSNSが変革の鍵、店頭スタッフから始まるDX
安原 貴之
株式会社フューチャーショップ
執行役員
セールス・マーケティング部 統括マネージャー

16:40 – 17:20
2021年から2022年へ。海外トレンドを読む。
田中 良介
Innova Market Insights
日本カントリーマネージャー

17:20 – 17:30
ケルンメッセから「アヌーガ」他見本市のご紹介

17:30 – 18:10
世界最大の食品見本市、「アヌーガ2021」が示す最新トレンド
城取 博幸
城取フードサービス
研究所代表

18:10 – 18:50
世界で急成長! ハードディスカウントストアの可能性
三浦 弘
株式会社ビッグ・エー
代表取締役社長

竹下 浩一郎
株式会社リテール総合研究所 代表取締役
リテールガイド編集長
元食品商業編集長

開催概要

  • 開催日時:12月8日(水) 13:00-19:00
  • 参加費用:特別無料
  • 開催場所:ZOOMによるオンラインセミナー形式
  • お申し込み方法:こちらから。フォームに必要事項を記入して送信してください。
    ※当日参加できない方へ、開催後1週間のアーカイブ配信を予定しております。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。