三越伊勢丹がVRを活用したスマホアプリ「REV WORLDS (レヴ ワールズ)」を提供開始

2021.03.18

三越伊勢丹ホールディングスは、 2021年3月10日(水)より、VR(仮想現実)を活用して、新宿東口の街の一部エリアをモデルとした仮想都市空間や仮想伊勢丹新宿店を体感できる、スマートフォン向けアプリ「REV WORLDS (レヴ ワールズ) 」の提供を開始した。

「REV WORLDS 」は「新時代の百貨店(プラットフォーマー)」を目指し、 オンラインでもオフラインでも「最高の顧客体験」やグループの強みに、デジタルを加えた「新しい顧客体験」を提供しようとする、三越伊勢丹の社内起業制度を発端にスタートした取り組み。

ユーザーは、アプリ内にて24時間どこからでもスマートフォンから仮想都市にアクセスをすることが可能。仮想都市空間は新宿東口の街の一部エリア(伊勢丹新宿本店~新宿アルタ周辺)をモデルとしており、伊勢丹新宿本店の一部コンテンツを体感できる。VR上でアバターを操作することで、仮想都市の街並みを見たり、仮想伊勢丹新宿店で買物ができる。

今後は、リアル店舗に、VR上の仮想都市や店舗を連動させたコンテンツや、VRだからこそ実現できるサービスを掛け合わせていくことで、新しい顧客体験の提供を目指し、また、他社コンテンツを誘致するなどして、VRプラットフォームとしても拡大していく予定だ。

REV WORLDSの概要や今後のアップデート情報

「REV WORLDS」は「きっかけをインストールする、 仮想都市のコミュニケーションプラットフォーム」をコンセプトにした、スマートフォン向けアプリ。iOSとAndroid両方でアプリが提供されており、ダウンロードは無料。公式ホームページ(URL: https://www.rev-worlds.com) にもダウンロードリンクが設置されている。

アプリ上から24時間いつでも、新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿本店が再現された仮想都市にアクセスをすることが可能で、ユーザーはVR上でアバターを操作して、買物や散策を擬似体験できる。

チャット機能も搭載されており、友人や家族だけではなく、アプリ内で初めて出会ったユーザーとも会話することができる。

仮想伊勢丹新宿店においては、商品に近づくと値札がポップアップ表示され、値札をタップすると拡大表示される。そこに表示されるWEBマークを押すと「三越伊勢丹オンラインサイト」に遷移し、実際に商品が購入できる。

3月10日スタート時の仮想伊勢丹新宿店のフロア構成は、 食品(地下1階)、 化粧品(1階)の2フロアのみだが、 3月下旬に予定されているアップデートでは、『1階=バーチャル婦人服「リ・スタイル」ショップ』と、『地下1階=バーチャルデパ地下「洋菓子」コーナー』の2フロアが追加される予定だ。

また3月下旬のアップデートで、伊勢丹新宿本店の販売員を3Dスキャンして作成した、NPC販売員(ノンプレイアブルキャラクター:無人操作のキャラクター)がさまざまなエリアに配置されて、NPC販売員から商品やイベント情報を得ることができるようになり、さらにバーチャル婦人服「リ・スタイル」ショップにおいては、チャット機能を使ってアバター販売員の接客を受けられるなど、よりリアル店舗に近い体験が可能になる。

伊勢丹新宿店内の催事企画をVR上でも開催

期間限定で、実際の伊勢丹新宿本店で開催される催し物と「REV WORLDS」が連動。リアル店舗へ来店したユーザーが、店舗の営業時間などにかかわらず、どこからでもアプリ上からアクセスできる。

バーチャルコスメ催事 「ISETAN MAKE UP PARTY」(2021年3月10日(水)~ 2021年3月30日(火))は、仮想伊勢丹新宿店1階で開催され、36ブランド、伊勢丹新宿本店限定品含む約150点の商品が並ぶコスメの催事。実在の販売員のアバターが出迎えてくれる。

バーチャルワイン催事 「世界を旅するワイン展」(2021年3月10日(水)~ 2021年3月26日(金))は、仮想伊勢丹新宿店 地下1階 ワインコーナーで開催され、バイヤーが選りすぐりのワインを紹介してくれる催事。

上記以外にも、バーチャルデパ地下 「洋菓子 」 コーナーや、バーチャル婦人服  「リ・スタイル」 ショップなど、リアルの伊勢丹新宿本店で好評の催事企画がバーチャルで体験できる。

関連記事

お役立ち資料データ集

セミナー