渋谷スペイン坂のRaaS型体験スペース「no-ma」がライブコマースを開始

2021.05.14

渋谷スペイン坂に拠点を構えるD2CブランドのRaaS(Retail as a Service)型体験スペース「no-ma」では、2021年5月20日からライブコマースをスタートする。「no-ma」を手掛けるスマートメディアと、アジア向けインターネットテレビ事業を行うVIVID DIGITAL LIMITEDが運営する「LotusTV」の連携で実現する。

RaaS型体験スペース「no-ma」とは

写真は過去の展示

渋谷スペイン坂にある「no-ma」は、スマートメディアがキュレーション(インターネット上の情報を収集してまとめ、共有すること)したD2Cブランドや商品を実際に見て体験できるスペース。サイバー空間とフィジカル空間が融合し、「Society5.0」と呼ばれる時代、新しいモノ・コトとの出会いとその体験を、リアルとデジタルの両方で共有し合える新たな交流の場としてオープンした。

ライブコマースとは

R&Bシンガーaimiによるパフォーマンス映像をLotusTVから抜粋

ライブコマースでは、ライブ動画配信を通してオンライン上でブランドや商品情報を詳しく伝えられる。EC(電子商取引)市場の拡大に伴い登場した、リアルに近い購買体験を届けられるサービスである。

今回、「no-ma」が連携するLotusTVは、動画内のモノが買える動画越境ECプラットフォームとなる。以前、R&Bシンガーのaimiをゲストにライブパフォーマンスを実施した際には、着用しているアクセサリーを動画内で紹介。配信中でも画面下から購入できると話題になった。

第一回目のライブコマースは「BOXER JUNTARO」のアート展

初のライブコマースは5月19日~25日、「no-ma」で開催するアーティストの「BOXER JUNTARO」によるアート展から実施する。同氏はシンプルで力強いラインと鮮やかな色使いが注目され、ストリートシーンから支持を得ている。リアルスペースの「no-ma」では、イラスト、マスク、Tシャツ、シルクスクリーンを販売。イラスト以外はオンラインでも購入できる。

「no-ma」はDigitally Native Vertical Brand領域へ参入

現在のECの販売経路の主は「D2C」だ。しかし、「no-ma」ではリアルスペースでの運営を生かしながらオンラインで販売するために、リアル店舗やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を活用するDNVB(=Digitally Native Vertical Brand)領域にも参入。

DNVBとは、デジタルネイティブ世代に対し、バーティカル(垂直、この場合はニッチな市場)の商品やサービスを提供するブランドのこと。D2Cのビジネスモデルの一つであるが、それにとどまらず、製作秘話やストーリー、参加型キャンペーンなど「体験」で得られるコンテンツからターゲットの共感を獲得し、ブランド価値向上を目指す。

今後は、ライブコマース以外にも、アーティストのトークショーやライブペインティングといったリアルとバーチャルをつなぐコンテンツを配信予定。「no-ma」の企画内容に合わせてカスタマイズされる配信内容にも注目だ。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」