デリカテッセン・トレードショー2022主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2022」エントリー受付開始!

2021.08.20

一般社団法人全国スーパーマーケット協会が、今年も「お弁当・お惣菜大賞2022」のエントリーの受付を開始している。

お弁当・お惣菜大賞2022は、弁当、惣菜など中食産業の最新情報を発信する商談展示会である「デリカテッセン・トレードショー2022(DTS2022)」(会期:2022年2月16日(水)~18日(金)、会場:幕張メッセ)の主催者企画。

優れた商品をたたえることによって担当者のモチベーションアップとデリカ部門のレベルアップを図ることを目的としたプログラムだ。「お弁当・お惣菜大賞」については、ウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/)を参照。

受付期間は21年7月20日(火)12時から開始しており、9月30日(木)18時までとなる。今回のエントリー対象は20年10月1日~21年9月30日までの間に販売された実績がある商品となる。

エントリーはウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/home_producer.html)から受け付ける。

今回の「定番商品部門」は「アジアン料理」にフォーカス

審査では、弁当部門、惣菜部門をはじめ11の部門ごとに評価基準を設け、審査委員による審査を行い、最優秀賞、優秀賞、特別賞、入選などを選出。

今回の「定番商品部門」は、『アジアン料理「タイ・ベトナム料理」』にフォーカスを当て、優れた商品を選出する。

受付部門は「タイ・ベトナム料理(定番商品部門)」「弁当部門」「惣菜部門」「サラダ部門」「麺部門」「丼部門」「おにぎり部門」「寿司部門」「パン部門」「スイーツ部門」「祭事・催事部門」の11部門。

審査は二次にわたって行われ、一次審査ではエントリー用紙をもとに書類審査が行われる。それを通過した商品が、事務局が選定する審査委員による最終審査の対象となる。

最終審査では実食審査を行い、「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」「入選」を選出する。

最優秀賞は11部門について「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア・専門店ほか」の2業態ごとに最大1商品を選出。優秀賞・特別賞は 11 部門、2業態ごとにそれぞれ最大3商品を選出。入選は数に限りはない。

最優秀賞の受賞者への表彰式は、DTS2022の会場内で実施される表彰式で実施。さらに受賞商品についてはDTS2022会場で実物展示、パネル展示を行うと共に、フードコートで一部商品を販売することで、実際に味わってもらえるようにもしている。

また、DTS2022の会場内で来場者に無料配布する情報書籍『惣菜デリ最前線2022』の中では、受賞商品の紹介記事を掲載する予定だ。

今回は、12年の創設以来、11回目の開催となる。近年は地元メディアだけでなく地上波テレビ番組でも受賞、入選商品や受賞企業、店舗が多く取り上げられ、売上げアップにも寄与している。

前回の応募実績は4万2549件に上った。前回までの受賞商品、受賞企業については、「お弁当・お惣菜大賞」ウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/)で見ることができる。

お弁当・お惣菜大賞2022概要

対象/2020年10月1日~21年9月30日までの間に販売された商品

受付期間/2021年7月20日12時~9月30日18時まで

エントリー受付ウェブサイト:http://www.obentou-osouzai.jp/home_producer.html

受付部門/タイ・ベトナム料理(定番商品部門)、弁当部門、惣菜部門、サラダ部門、麺部門、丼部門、おにぎり部門、寿司部門、パン部門、スイーツ部門、祭事・催事部門の 11 部門

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」