デリカテッセン・トレードショー2022主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2022」エントリー受付開始!

2022.04.22

2021.08.20

一般社団法人全国スーパーマーケット協会が、今年も「お弁当・お惣菜大賞2022」のエントリーの受付を開始している。

お弁当・お惣菜大賞2022は、弁当、惣菜など中食産業の最新情報を発信する商談展示会である「デリカテッセン・トレードショー2022(DTS2022)」(会期:2022年2月16日(水)~18日(金)、会場:幕張メッセ)の主催者企画。

優れた商品をたたえることによって担当者のモチベーションアップとデリカ部門のレベルアップを図ることを目的としたプログラムだ。「お弁当・お惣菜大賞」については、ウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/)を参照。

受付期間は21年7月20日(火)12時から開始しており、9月30日(木)18時までとなる。今回のエントリー対象は20年10月1日~21年9月30日までの間に販売された実績がある商品となる。

エントリーはウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/home_producer.html)から受け付ける。

今回の「定番商品部門」は「アジアン料理」にフォーカス

審査では、弁当部門、惣菜部門をはじめ11の部門ごとに評価基準を設け、審査委員による審査を行い、最優秀賞、優秀賞、特別賞、入選などを選出。

今回の「定番商品部門」は、『アジアン料理「タイ・ベトナム料理」』にフォーカスを当て、優れた商品を選出する。

受付部門は「タイ・ベトナム料理(定番商品部門)」「弁当部門」「惣菜部門」「サラダ部門」「麺部門」「丼部門」「おにぎり部門」「寿司部門」「パン部門」「スイーツ部門」「祭事・催事部門」の11部門。

審査は二次にわたって行われ、一次審査ではエントリー用紙をもとに書類審査が行われる。それを通過した商品が、事務局が選定する審査委員による最終審査の対象となる。

最終審査では実食審査を行い、「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」「入選」を選出する。

最優秀賞は11部門について「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア・専門店ほか」の2業態ごとに最大1商品を選出。優秀賞・特別賞は 11 部門、2業態ごとにそれぞれ最大3商品を選出。入選は数に限りはない。

最優秀賞の受賞者への表彰式は、DTS2022の会場内で実施される表彰式で実施。さらに受賞商品についてはDTS2022会場で実物展示、パネル展示を行うと共に、フードコートで一部商品を販売することで、実際に味わってもらえるようにもしている。

また、DTS2022の会場内で来場者に無料配布する情報書籍『惣菜デリ最前線2022』の中では、受賞商品の紹介記事を掲載する予定だ。

今回は、12年の創設以来、11回目の開催となる。近年は地元メディアだけでなく地上波テレビ番組でも受賞、入選商品や受賞企業、店舗が多く取り上げられ、売上げアップにも寄与している。

前回の応募実績は4万2549件に上った。前回までの受賞商品、受賞企業については、「お弁当・お惣菜大賞」ウェブサイト(http://www.obentou-osouzai.jp/)で見ることができる。

お弁当・お惣菜大賞2022概要

対象/2020年10月1日~21年9月30日までの間に販売された商品

受付期間/2021年7月20日12時~9月30日18時まで

エントリー受付ウェブサイト:http://www.obentou-osouzai.jp/home_producer.html

受付部門/タイ・ベトナム料理(定番商品部門)、弁当部門、惣菜部門、サラダ部門、麺部門、丼部門、おにぎり部門、寿司部門、パン部門、スイーツ部門、祭事・催事部門の 11 部門

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。