トライアルが物販と飲食を掛け合わせた新フォーマット「グロッサリア」を福岡県宮若市にオープン

2022.04.19

トライアルホールディングス傘下のトライアルカンパニーは4月20日、農園レストラン「グロッサリア」をオープンする。

福岡県宮若市との官民連携協定による共同事業の一環としてオープンするもので、トライアル初の「スーパー×グルメレストラン」の新フォーマットの出店となる。

画像はイメージ

トライアルカンパニーでは「グロッサリア」を「ただ食べるだけでなく新たな食事シーンや食文化の創出につながる場を提供する、スーパーとグルメレストランを掛け合わせたトライアルの新しい複合業態」と定義している。食品を意味する「グロッサリー」と、イタリアの大衆食堂「トラットリア」を組み合わせた造語で、スーパーマーケットとしてのトライアルを「食」を軸に発展させた店舗としている。

店内のフードコートでは宮若産をはじめとする地元九州の食材を生かした地産地消料理を提供し、ミシュラン星付き高級フレンチで働いた今西洋平太シェフや素材にこだわった超人気ベーカリーの元ディレクター山本彩子氏など、経験豊富な料理人が監修する。

また、世界中の高品質カカオを取り扱うチームカカオと提携し、産地にこだわった素材のファインカカオを使用するなど、こだわり抜いた食文化の提供に努めるという。

今西洋平太シェフ
山本彩子氏

今西シェフが料理を監修、統括する「ミヤワカキッチン・コハク」では熟成肉料理をはじめ、宮若産米を使った石窯ピザ、宮若産米・地養卵を使ったオムライス、オリジナルパスタ、フレンチなど、世界標準の味を提供する。

画像はイメージ

山本氏は、オリジナルタルト&チョコドリンクカフェの「Yama Tarto(ヤマ・トルテ)」、および素材にこだわったベーカリーショップ「Pont Pain(ポン・パン)」の総責任者、監修シェフを務める。

ヤマ・トルテでは、タルト生地に宮若産米を使用し、イチゴなどの旬食材でよりおいしさを追求。焼き菓子、ケーキ、本格エスプレッソ、チョコドリンクなど、「グロッサリア」オリジナルのスイーツとドリンクを提供する。

画像はイメージ

また、ポン・パンは、無添加、無着色、国産小麦粉にこだわった明太バターフランスを名物商品とし、マヨネーズやあんこなども全て手作りで宮若をはじめ、九州の自然食材を生かすなど国内でもめずらしい自然派ベーカリーとなっている。

画像はイメージ

トライアルは宮若市と官民連携協定を結び、「リテールDXタウン」として街づくりを進めてきた。今回、グロッサリアと併せ、地産地消、産地産直にこだわり、宮若の農産物や地域の魅力を再構築する農業観光振興センター「みやわかの郷」、日本初となるAI(人工知能)カメラを活用した「24時間顔認証決済」や世界初となる生鮮売場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」を実現する次世代型スマートストアの無人店舗「トライアルGO脇田店」も同時オープンする。

物販と飲食を掛け合わせた業態としては、こちらも造語として「グロサリーストア」と「レストラン」を組み合わせた「グローサラント」と呼ぶ形で広まりを見せていたが、新型コロナウイルスの広まりに伴うイートインコーナーの閉鎖なども影響し、ここのところ一部企業を除いて取り組みとしては目立った動きがなかった。

新型コロナウイルスはいまだに大きな影響を残すが、これまでの極端な内食への集中から「食事の場の提供」の取り組みにも少しずつ復活の動きも出てきそうだ。

また、今回は「料理人の監修」「地産地消」を打ち出している点が大きな特色となっている。物販とのバランス、相乗効果、また、地域とのつながりという意味でも注目の店といえそうだ。

農園レストラン「グロッサリア」概要

所在地/福岡県宮若市脇田355

オープン日/2022年4月20日

営業時間/9時~21時

駐車場/有

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …