スーパーセンタートライアル東開店が最先端スマートストアへリニューアル、鹿児島県初導入

2022.05.27

トライアルホールディングス傘下のトライアルカンパニーは5月27日、鹿児島県初となる「セルフレジ機能&スキャン漏れ防止機能」付きの買物カート(スマートショッピングカート)を導入し、スーパーセンタートライアル東開店をリニューアルオープンの形でスマートストア化した。

IoT機器の画像はイメージ

トライアルカンパニーのスマートストアは、小売りに特化した「リテールAI(人工知能)カメラ」やスマートショッピングカートなど、トライアルが独自に開発したIoT(モノのインターネット)技術やAI技術を導入し、データの利活用をもとに新しい購買体験を提供したり効率的な運営を可能にしたりする店舗形態を指す。

東開店は、次世代型のスマートショッピングカートを105台導入した最先端スマートストアとしてリニューアルオープンした。今回導入したスマートショッピングカートはトライアルが展開するカートの中でも最新型で、国内で4店舗目の導入となる。

最新型は、従来のセルフレジ機能に加えて、「スキャン漏れ防止機能」を搭載している。お客がスキャンし忘れた商品がカートのかごに入れられると自動検知し、カート上のタブレットにアラートが表示される。お客は正しく商品をスキャンし直すことで買物を続けることが可能になる。

小柄な人、高齢者も含むさまざまな利用者のUX(顧客体験)向上を目指し、「軽い」「画面が見やすい」「商品を入れやすい」設計とした。さらにお客の属性や購買履歴などのデータを活用することで1人1人に最適な商品をAIが選択し、タブレット上でお勧めするレコメンド機能も搭載されている。

画像はイメージ

スーパーセンタートライアル東開店概要

所在地/鹿児島県鹿児島市東開町3-16

オープン日/5月27日

営業時間/24時間

駐車場/有

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。