オイシックス・ラ・大地がヴィーガンの商品開発積極化、ネクストミーツとコラボの他、冷凍レディミールも発売

2022.04.13

オイシックス・ラ・大地が展開するミールキットブランドの「Purple Carrot(パープルキャロット)」が4月7日から、ネクストミーツが開発したプラントベース焼肉「NEXTハラミ1.1」を使ったミールキット「NEXTハラミボウル」の販売を開始した。

Purple Carrot [ヴィーガン]「NEXTハラミボウル」(調理イメージ)。「ギュッとした食感」のある「NEXTハラミ1.1」を野菜とたれで合わせて丼にしている

パープルキャロットは「EAT MORE PLANTS(もっと野菜を食べよう)」を掲げ、植物由来(プラントベース)の商品を扱う「ヴィーガンブランド」。「忙しいけれど健康な生活を送りたい現代人にとってのパートナーでありたい」との思いの下、ミールキットやフローズンミールで無理なく、手間なく、楽しく、彩り豊かな「時々ヴィーガン」の食卓を実現してもらえるように商品を提供している。

2019年10月から80種類を超えるメニューを開発し、ミールキットの出荷数は累計120万食以上に上る(19年11月~22年2月の出荷累計数)。20年2月および11月に開始した「Purple Carrotコース」の合計登録者数が1万8000人を超えるなど、支持を広げている。

利用者の9割以上が完全なヴィーガンではなく、週に2、3回ヴィーガンを取り入れる「時々ヴィーガン」ということで、その「厳密ではないゆるさ」という意味では普段ヴィーガンではない人に対して、そうしたいわば「フレキシタリアン」の提案を行うことで今後の客層拡大にも期待がかかる。

新型コロナウイルスの影響もあって、世界的に身体や心に優しい食生活が注目される動きがある他、健康志向の高まりもあって、プラントベースの商品が広がりを見せている。

また、牛などのげっぷによる温室効果ガスの発生を抑制するという環境面への配慮からプラントベースの代替肉、代替乳製品などをスーパーマーケットの店頭や飲食店のメニューで見る機会も増えている。こうした供給側の動向もあって、新たなニーズや利用者の増加が見込める状況にもある。

パープルキャロットは前述のようにこれまでに80種類以上のプラントベースのミールキットメニューを展開してきた他、ネクストミーツもプラントベース焼肉を商品化するなど、今回コラボレーションした両者は共にプラントベースになじみ深い。

「最近ではネクストミルクであったり、ネクストツナといったものも出している。1つの食事、食卓の中で選択肢を増やしていき、動物性の商品を置き換えていきたい」(佐々木英之・代表取締役)

商品化に当たっては、野菜たっぷりでヘルシーでありながら、しっかりと満足感のある食事を手軽にとれるようにおいしさや彩り、栄養バランス、そして何よりも「焼肉とはひと味違ったおいしさ」にこだわって開発した。

また、牛ハラミを使用した場合に比べて 80%温室効果ガス削減につながるという(機能単位:「NEXTハラミボウル」2人前、システム境界:原材料調達~廃棄・リサイクル〈2022年3月時点オイシックス・ラ・大地調べ〉、評価対象製品:大豆を原料とするNEXTハラミを使用したハラミボウル、ベースラインシナリオ:米国産牛肉のハラミボウル)。

今回の販売は、4月7日から14日までの1週間となっている。「これまでパープルキャロットの主力商品が豆腐そぼろを使った商品がメインだったが、(今回のような塊の)『がっつりお肉』のような商品が『お肉でなくてもすごくおいしい』とお客さまにお喜びいただけるかといった定性のご意見を集めることが目標」(オイシックス・ラ・大地の尾花美咲・Purple Carrotブランドマネージャー)といったこともあるだろう。

より簡便性の高い冷凍レディミールを開発、ラインアップを拡大予定

一方で、パープルキャロットとしては、ミールキットと比べて調理、日持ちの面などで簡便性の高い冷凍の1食完結型のレディミールの開発も進めている。

今回のコラボレーションのミールキットの発売に先立つ3月17日から、1食分のメニューが温めるだけで手軽に食べられるプラントベースの冷凍弁当シリーズ「ヴィーガンフローズンBOX」の販売を開始した。

こちらはシリーズで第1弾は「2種のハーブとトマトのピリ辛アラビアータ」。今後ラインアップを拡大予定で、米飯系の商品も開発していきたいという。

新型コロナウイルスの影響による巣ごもりの他、長期的なトレンドとしても、冷凍食品は好調な売上動向もあって各社が売場や商品開発を積極化している。その中でも調理の手間がかからずストックが可能で、いつでも食べられるレディミールは冷凍食品の中でもさらに簡便性の高い商品分野であるといえる。

パープルキャロットとしても、従前の「ヴィーガンミールキット」に比べて、より手軽にヴィーガンメニューを楽しむことができるものとして今回の冷凍弁当を販売。

商品開発に当たっては、忙しい日や遅く帰宅した夜、リモートワーク時の自宅ランチなどで調理時間を減らしたい人が、野菜たっぷりでヘルシー、かつ満足感のある食事を手軽に取れるように、おいしさや彩り、栄養バランスにもこだわって開発したとしている。

パープルキャロット発祥の地のアメリカでは、大手スーパーマーケットでのヴィーガン冷凍食品販売や「レディトゥイート」(冷凍ランチボックス)のレンジ調理商品の販売を20年から開始している。ラインアップを拡充し、21年には全米48州、約7000店での提供にまで拡大している。

そうしたことも受け、「プラントベースのメニューを通じて、より健康的で驚きと喜びのある食卓を支えるため」日本でもこの「ヴィーガンフローズンBOX」のメニュー拡大に力を入れていく予定だ。

販売数量は当初は数千個に抑えているが、これは販売数量の多寡よりもどんなお客がこの商品を購入するかを知ることに重点を置いているためだ。実際、ミールキットでは家族単位になってしまうため、「1人で食べたい」との声もあったことから、単身者、あるいは家族内で1人だけ食べたいといったニーズなど「新しいお客さまが、どのくらいご購入いただけるのかを一番の目標にしている」(尾花ブランドマネージャー)。

Purple Carrot[ヴィーガンフローズンBOX]「2種のハーブとトマトのピリ辛アラビアータ」。とろりとした食感のナスとソテーしたオニオンを加え、トマトの甘みをじっくりと引き出したアラビアータ。バジルやローズマリーの香りでアクセントを添える。冷凍の特性を生かし、アルデンテのペンネと煮込んだソースがしっかりと絡む。電子レンジ加熱するだけで食べられる

ミールキットもレディミールも次第に存在感は増してきたが、その中でも特にプラントベースという特殊な商品だけに、どちらもまずは定性的なデータから反応を見る姿勢のようだ。

発表会に臨むオイシックス・ラ・大地の尾花美咲・Purple Carrotブランドマネージャー(右)とネクストミーツの佐々木英之・代表取締役

商品概要

商品名/[ヴィーガン]NEXTハラミボウル

販売期間/2022年4月7日10時~4月14日10時

価格/2人前1501円(税込み)

商品名/[ヴィーガンフローズンBOX]2種のハーブとトマトのピリ辛アラビアータ

販売開始/2022年3月17日10時~

価格/1人前754円(税込み)

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …