デロイトトーマツが『世界の小売業ランキング2022』を発表、JD.comが中国企業として初めて上位10社圏内入り

2022.05.24

デロイトトーマツグループは、『Global Powers of Retailing』の最新版を日本語訳したレポートの『世界の小売業ランキング2022』を発表した。

調査結果では、上位250社の総小売売上高は5兆1000億米ドル(前年度は4兆8500億米ドル)、1社当たりの平均小売売上高は204億米ドル(前年度は194億米ドル)、2015年度から2020年度における小売売上高の年平均成長率は4.7%となった。

上位10社は依然として小売業界の売上高の大きなシェアを占有しており、上位250社の小売売上高のうち、34.6%を占めている。

トップ4社は前年から順位に変化はなかった。1位はWalmart、続いてAmazon.comが2位となった。

一方、中国で大手EC(電子商取引)サイトを運営するJD.comが昨年より順位を4つ上げ、中国企業として初めてトップ10入りを果たしている。

出典:デロイトトーマツグループ『世界の小売業ランキング2022』

日本企業は上位250社に29社がランクインした。最上位はイオンの14位。また、上新電機が初めて241位にランクインした。

出典:デロイトトーマツグループ『世界の小売業ランキング2022』

本レポートは、全世界の小売企業から20年度(21年6月30日までを期末とする事業年度)の売上高上位250社のランキングを地域別、商品セクター別に分析している他、急成長小売企業50社と上位250社へ新たに加わった企業について解説、また、小売業を取り巻く世界経済の展望をまとめたもの。

レポートのもととなった『Global Powers of Retailing』は今年で調査開始から25回目を迎える。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。