プラントベースを積極的に展開するイケアが「お肉好きも満足のサステナブルフードフェア」を開催

2022.04.21

2021.05.18

イケア・ジャパンが運営するIKEAのレストラン&カフェにて、5月20日~7月11日の期間限定で、「お肉好きも満足のサステナブルフードフェア」が開催される。

人気のガパオライスやカレーが、プラントベースフード(植物性食品)で登場。イケアでは、肉不使用のミートボールである「プラントボール」などサステナブルなプラントベース商品に力を入れており、2025年までに全メニューの半分をプラントベースにすると発表している。

プラントベースフードとは、植物性の豆や野菜をベースにした食材のこと。肉の代わりとして、ここに来て世界的に注目が高まっているが、それには温室効果ガスの排出による地球温暖化の進行が関係している。温室効果ガスの15%は、「過剰な畜産(食肉)」が原因で排出されているといわれている。

タンパク質源の生産において、穀物や野菜の植物性食糧と、牛や豚などの動物性食糧を比較すると、飼育に必要な土地面積、飼料、用水の量といった生産のための資源量は動物性食糧の方が多く、そのため環境負荷が大きくなるといわれている。プラントベースフードを使用することで、生産に必要な資源が肉よりも少なく済み、二酸化炭素の排出減少につながるということになる。

SDGsフードテックベンチャー「ネクストミーツ」の代替肉を使用

今回、IKEAで開催される「お肉好きも満足のサステナブルフードフェア」のメニューの一つとして、ネクストミーツが展開するプラントベースの「NEXT牛丼」を使った「肉じゃない牛カレー」が販売される。100%植物性で、さらに無添加ながら、食感や味は牛肉に遜色ないほどの完成度。「プラントベースは身体に良いけどおいしくない」という概念を覆す。

ネクストミーツは、代替肉で少しでも過剰な畜産を減らし、気候変動問題の解決に貢献することを目的としている会社。理念は「地球を終わらせない」だ。

2017年より共同創業者が研究をスタートし、20年に法人化。同年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を結び、現在は日本や台湾、ベトナムなど9カ国での展開に着手している。「大豆に限らず幅広い代替タンパクの研究開発に着手し、2050年までに世界中で全ての肉を代替すること」をミッションとしている。

「お肉好きも満足のサステナブルフードフェア」のラインアップ

プラントベースガパオライス(半熟卵つき)(899円、税込、以下同)

アジア料理のガパオライスで大豆などのプラントベースミートを使用

肉じゃない牛カレー(799円)

ネクストミーツの「NEXT牛丼」とイケアのプラントベースカレーがコラボレーション

プラントベースケバブピザ(750円)

大豆やオニオンでできたプラントベースのケバブを使用

プラントベースパンプキンスープ(399円)

カボチャや野菜のプラントベーススープ

プラントベースの冷製豆スープ(299円)

エンドウ豆の濃厚な冷製スープ

オーツミルクのパンナコッタ(299円)

牛乳の代わりにオーツミルクを使用。マンゴーソースをかけたパンナコッタ

プラントベースガパオツンブロード(299円)

大豆などを使ったプラントベースガパオと野菜、ゆで卵をツンブロード(フラットブレッドで巻いて食べるスウェーデン料理)で巻いたメニュー

プラントベースキーマカレーベジドック(250円)

豆たっぷりのプラントベースキーマカレーを乗せたベジドッグ

フェア概要

開催期間/2021年5月20日~ 7月11日
開催場所/全国のイケア店舗(IKEA原宿、IKEA渋谷では一部のメニューのみの販売。IKEA新宿では実施しない)
URL:https://www.ikea.com/jp/ja/stores/restaurant/sustainable-food-fair-for-meat-lover-pubabe72d90

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …