メガセンタートライアル中間店がオープン、スマートショッピングカートの全国稼働数は約6000台に拡大

2022.04.25

2022.04.13

トライアルカンパニーは4月13日、福岡県37店目となるスマートストア「メガセンタートライアル中間店」をオープンした。

IoT(モノのインターネット)機器の画像はイメージ

全国では57店目のスマートストアとなり、今回、セルフレジ機能付きの買物カート「スマートショッピングカート(SSC)」が200台導入されたことで、SSCの全国での稼働台数は約6000台になる。これは世界一の稼働数になるという。

専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するスキャナーでお客自らが商品バーコードを読み取ることで通常のレジでの商品登録や会計の手順を省く他、専用ゲートを通過するだけでキャッシュレス会計を済ますことができる。レジ待ちの時間を大幅に短縮すると共に店舗オペレーションの省力化の実現に寄与するとしている。

また、売場でスキャンした商品に応じたレコメンドをカート付属のタブレット画面に表示したりその場で使えるクーポンを配信したりするといった機能も搭載するなど、販促、マーケティングでの活用の可能性も広がっている。

中間店で86台が導入される「デジタルサイネージ」では映像と音によって「惣菜などの出来たて」や「お薦め商品」を知らせ、 購買行動の約8割といわれる非計画購買への働きかけも図るなど販促、マーケティングの場は広がりを見せている。

「スマートストア」は、小売りに特化した「リテールAI(人工知能)カメラ」やSSCなどトライアルが独自に開発したIoT技術やAI技術を導入し、 データの利活用を基に新しい購買体験を提供したり、効率的な運営を可能にしたりする店舗形態を指す。

AI化によってお客、働く人(従業員、メーカーなど)の便益を図るだけでなく、SSCによる非対面会計など「新しい生活様式」の側面においても新たな購買体験を提供できるものとなっている。

今回オープンする中間店では、取扱商品のローカライズとして生鮮に注力、「自社製手包みおはぎ」を目玉商品とする。北海道産のアズキと熊本県産のヒヨクモチを使用し、一つ一つ手包みで製造、自社製造による内製化によって1個160gという圧倒的なサイズを実現した。大きいながらも低糖で甘さ控えめな味付けとなっているという。

目玉商品の「自社製手包みおはぎ」。内陸ならではの昼夜の寒暖差により風味が良いアズキになる傾向があることから北海道産を選んだ。熊本県産のヒヨクモチはもちもち感が抜群で今回のおはぎに合う素材として選定した。売価は1個120円(総額、以下同)、3個300円、5個500円、8個800円

メガセンタートライアル中間店概要

オープン日/4月13日

所在地/福岡県中間市上蓮花寺寺2-1-1

営業時間/24時間

駐車場/有

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …