ローソンが手巻おにぎり5品の消費期限6時間延長、食品ロスや購買機会ロスの削減に向け

2024.07.09

ローソンでは、原材料管理や衛生管理の徹底により、7月9日(火)から全国のローソン店舗で発売する「手巻おにぎり シーチキン®マヨネーズ」、「手巻おにぎり 熟成紅鮭」(※1)、「手巻おにぎり 北海道産日高昆布」、「手巻おにぎり 熟成紀州南高梅」(※2)、「手巻おにぎり 熟成辛子明太子」(※3)の5品の消費期限を現行品よりも6時間延長(※4)することが可能となったと発表した。

当該5品については、ローソンにおけるおにぎり販売数の約3割を占めており、食品ロスや購買機会ロスの削減も見込めるという。

※1:沖縄県では「手巻おにぎり さけ」を発売
※2:北陸エリアでは「手巻おにぎり 福井梅」を発売
※3:九州エリアでは「手巻おにぎり 博多辛子明太子」、沖縄県では「手巻おにぎり やまや辛子明太子」を発売
※4:一部エリアを除く

【上段左から】「手巻おにぎり シーチキン®マヨネーズ」(税込157円)、「手巻おにぎり 熟成紅鮭」(税込192円)、「手巻おにぎり 北海道産日高昆布」(税込140円)
【下段左から】「手巻おにぎり 熟成紀州南高梅」(税込140円)、「手巻おにぎり 熟成辛子明太子」(税込192円)

ローソンは、食品ロス削減を重要な課題ととらえ、2025年に2018年対比25%削減、2030年に同50%削減を目指している。これまでもAIを活用した発注の適正化や、容器の工夫による消費期限の延長などを組み合わせ、食品ロス削減に取り組んできた。2024年春からは、AIを活用した発注数・値引き販売を推奨するシステムを全国の店舗に順次導入しており、食品ロスや購買機会ロスの削減に努めている。

お役立ち資料データ

  • 2023年 下半期 注目店スタディ

    2023年下半期注目のスーパーマーケット7店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・オーケー/銀座店 ・ヨークベニマル/仙台上杉店 ・ベイシア/Foods Park 津田沼ビート店 ・ヤオコー/松戸上本郷店 ・カスミ/…

  • 2023年 上半期 注目店スタディ

    2023年上半期注目のスーパーマーケット5店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・ ヤオコー/トナリエ宇都宮店 ・ サミットストア/川口青木店 ・ 原信/紫竹山店 ・ ライフセントラルスクエア/ららぽーと門真店 ・ …

  • 有力チェーントップ10人が語る「ニューノーマル時代のスーパーマーケット経営論」

    有力スーパーマーケットチェーンの経営者10人にリテール総合研究所所長の竹下がインタビューを実施し、そのエッセンスをまとめています。 インタビューを通じ、日本を代表する有力トップマネジメントのリアルな考えを知ることができ、現在の経営課題の主要テーマを網羅する内容となっています。 変化する経営環境において、各トップマネジメントによる現状整理と方向性を改めて振り返ることは、これからの新しいスーパーマーケットの在り方形を模索する上でも業界にとって大変有用と考えます。 ぜひ、今後のスーパーマーケット業界を考える材料としてご活用ください。 ■掲載インタビュー一覧 ライフコーポレーション 岩崎高治社長 ヨー…