フーコット昭島店が3月15日オープン、2号店にして新店タイプの1080坪

2022.04.12

2022.02.28

ヤオコーが子会社を通じて手掛けるディスカウントフォーマットの「フーコット」2号店、昭島店のオープンが3月15日に予定されている。

「フーコット」1号店の飯能店

出店地となる東京都昭島市もくせいの杜2-6-1は、ターミナル駅のJR立川駅から北西に3km弱、昭和記念公園の西側に立地するなど商圏の広がりが限定されそうな場所にある。広域集客型のディスカウントフォーマットの力が試されそうな立地だ。

周辺にはスーパーマーケット(SM)のエコスの他、総合スーパー(GMS)から転換したイオンリテール運営のディスカウントフォーマットのザ・ビッグ昭島店が北西約1kmのところにある。

さらにその西側にはカインズが店舗を構えるなど、特に比較的広域をターゲットにする低価格フォーマット同士の競合が発生することになり、その意味ではフーコットの実力が試されることになる。

ちなみに、そこからやや先の北西2km強の西武立川駅南側にはヤオコーの西武立川駅前店(昭島市)が店を構える。

公表された売場面積は3572㎡(1080坪)で、1号店の飯能店(埼玉県飯能市)の804坪の約1.3倍とやや大型。

エイヴイは2月にエイビイ海老名店をオープン

一方で、フーコットのモデルとなった同様にヤオコー子会社のエイヴイが、同時期となる2月16日に新店のエイビイ海老名店(神奈川県海老名市)を4960㎡(1500坪)の規模でオープンするなどグループのディスカウントフォーマットの出店が続く。

エイビイは中通路のない長い陳列線や大量陳列による補充頻度の削減、あるいは手間のかかる惣菜を基本的に手掛けないといった割り切りによるローコスト運営が実現する低価格を強みとするが、実際に海老名店でもそれに沿った売場が展開されている。

フーコットも陳列や販売方法などは踏襲しつつも、エイビイとの大きな違いは店内製造を含む惣菜を手掛けていることだ。

1号店はショッピングセンター内のSM跡地への居抜き出店だったが、2号店は新店であるため、ある程度フーコットとしての理想の売場づくりができるものとみられる。こだわりの惣菜をはじめ、どのような売場づくりが行われるか注目だ。

一方で、ディスカウントフォーマットのため、当然、生鮮食品についてはアウトパックとなっている。旧施設を活用する形で専用のプロセスセンターも設けているため、現在すでに来期分の1店の出店も発表されるなど、プロセスセンターの稼働の面ではある程度の出店数は確保しておきたいところだろう。

1号店は当初、想定より客数が多い分、買上点数が伸びなかったというが、昨年末の記者会見で川野澄人社長は、「価格の政策等工夫しながら、かつオペレーションも安定してきて欠品等も減ってきたこともあって、広域からお客さまにご来店いただける状況が作れてきた」と語った。

昭島店はやや都市部寄りだが、広域集客のディスカウントにプラスして、店内製造の惣菜という独自のフォーマットがどのような存在感を放つか、ヤオコーの標準フォーマットとのすみ分けといった視点も併せ注目したい。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。