【社会人の学び・リスキリング最新トレンド2022】ベネッセが調査・分析結果を公表

2022.08.05

ベネッセコーポレーションは、社会人約35,000人を対象に「社会人の学びに関する意識調査2022」と同社が国内企業への販売を行うオンライン動画学習サービスUdemy Businessを用いてリスキリングに取り組む国内企業800社の受講トレンドを分析した。

本調査から、日本国内では社会人の学びへの意識が低く、学びのきっかけとして現業との関連性(仕事で必要、会社に求められる)などが必要と考えており、また、Udemyを導入する国内800社での受講状況の分析から、国内リスキルの最新トレンドが判明したという。

サマリー社会人の学びに関する意識調査2022

<社会人約35,000人を対象とした「社会人の学びに関する意識調査2022」>
■働く人の半分は2025年までにリスキルが必要と言われるなか(世界経済フォーラム “The Future of Jobs Report 2020”より)、国内社会人の41.3%が学びに無関心な状況(社会人になって以降、学習したことがなく、今後1年以内にも学習するつもりがないと回答)

「学習意向」と「仕事への意識」には関連性がみられる。特に「新しい仕事に挑戦し続けたい」​「仕事を通して成長をし続けたい」といったスキルアップの面で意識の違いがみられる。​社会人の学びを促進するうえで個人の仕事への意欲喚起やキャリアの実現は重要といえる。​

■「なんで学ぶの層(社会人になって学習したことがなく、これからも学びたいと思わない層:41.3%)」が「学ぶのに必要なきっかけ」TOP5は、1位「仕事で必要になる」(37.5%)、2位「お金に余裕ができる」(36.3%)、3位「達成したい目的がみつかる」(30.3%)、4位「時間ができる」(28.9%)、5位「職場から求められる」(22.2%)。この結果から、国内のリスキリング推進には、企業や組織が一体となったアプローチが有効なことがうかがえる。

Udemy Businessを導入する国内企業800社の受講トレンド
■オンライン学習サービス「Udemy Business」を導入する国内800社の人気講座TOP10(2022年上半期(1/1~6/30)に受講)のうち8講座がDX及びIT関連の講座だった。この結果からも、リスキリングの主流がDXであることが読み取れ、また、エンジニアなど「ITを作る人」に限らず、社会人の大多数を占める非IT職による「ITを使う人」のリスキリングも加速していることがうかがえる。

【調査概要】社会人の学びに関する意識調査2022

・対象:全国18~64歳の男女(学生を除く)、35,508名
・期間:2022年3月18日(金)~2022年3月22日(火)
・方法:インターネット調査

【調査詳細】社会人の学びに関する意識調査2022

1.国内社会人の41.3%が「これまで」も「これから」も学ぶつもりがないと回答

18~64歳の学生を除く社会人35,508名に学習状況を調査した結果、41.3%が、社会人になって以降、学習した経験がなく、また、今後1年以内にも学習するつもりはないと回答し、学ぶ必然性を感じられていない「なんで学ぶの」層に該当することがわかったという。

(推定人数は、「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の概要」をもとに労働人口を約6800万人として、調査結果の比率をかけて算出​)

学習経験有無別×学習意欲有無別に、学習状況を4つのセグメントに分類
■なんで学ぶの層:社会人になって学習したことがなく、これからも学びたいと思わない層:41.3%
■学んでいます層:社会人になって学習したことがあり、これからも学びたいと思う層:33.6%
■学ぶつもり層:社会人になって学習したことはないが、これから学びたいと思う層13.5%
■学ぶの疲れた層:社会人になって学習したことがあるが、これからは学びたいと思わない層11.5%

<セグメントの定義>
2022年3月 ベネッセコーポレーション実施「社会人の学びに関する意識調査2022」。設問「あなたは直近1年以内に何かを学習したことがありますか。また、直近1年より前に何かを学習したことはありますか。」と「あなたは今後1年以内に何かを学習したいと思いますか。」※学生時代は除く。「趣味/スキルアップなどの目的や、書籍や講座受講などの学習手段は問いません」の回答結果をもとにセグメント

2.社会人の学びの促進には、仕事やキャリアアップへの意欲喚起が重要

「学習意向」と「仕事への意識」には関連性がみられ、学習意欲別に比較すると、特に「特定の分野の専門性を磨きたい」、「新しい仕事に挑戦し続けたい」、「仕事を通して成長し続けたい」といった項目で意識の違いが見られた。このことから社会人の学びの促進において、仕事やキャリアアップへの意欲喚起も重要だと考えられるとしている。

3.国内のリスキリング推進には、企業や組織が一体となったアプローチが有効

「なんで学ぶの層」が「学ぶのに必要なきっかけ」TO5は、1位「仕事で必要になる」(37.5%)、2位「お金に余裕ができる」(36.3%)、3位「達成したい目的がみつかる」(30.3%)、4位「時間ができる」(28.9%)、5位「職場から求められる」(22.2%)だった。この結果から、国内のリスキリング推進には、企業や組織が一体となったアプローチが有効なことがうかがえるとしている。

【調査詳細】Udemy Businessを導入する国内企業800社の受講トレンド

1.リスキリングの主流はDX。「ITを使う人」のリスキリングも加速

オンライン動画学習サービス「Udemy Business」を導入する国内800社の2022年上半期(1/1~6/30)に受講された人気講座TOP10のうち8講座がDX及びIT関連の講座だった。

この結果からも、現在の国内リスキリングの主流はDXであり、エンジニアなど「ITを作る人」に限らず、社会人の大多数を占める文系職を中心とした「ITを使う人」のリスキリングも加速していることがわかったという。

​2.「ITを作る人」のリスキルが主要な業界の人気講座TOP5

業界(社数)/順位SIer・ソフトウェア開発(301)自動車・輸送用機器(21)輸送・ロジスティック(11)コンサルティング(36)
 1【2022年版】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング【1日で習得】技術者のためのPythonデータ分析【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース
 23分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース【キカガク流】人工知能・機械学習 脱ブラックボックス講座 – 初級編 –はじめてのテーブル設計・データベース設計【わかりやすい解説 + 身近なテーマでレッスン】
 3今日から始めるデジタルトランスフォーメーション!テクノロジーの仕組みからデータ活用基盤のつくりかたまでみんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習 【2022年最新版】みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習 【2022年最新版】いちばん理解できる統計学ベーシック講座その1【確率分布・推定・検定】
 4AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術今日から始めるデジタルトランスフォーメーション!テクノロジーの仕組みからデータ活用基盤のつくりかたまで今日から始めるデジタルトランスフォーメーション!テクノロジーの仕組みからデータ活用基盤のつくりかたまで
 5ネットワークエンジニアを目指す初心者はここから始めよう!「ゼロから学ぶネットワーク基礎」豊富な図解で徹底解説独学で身につけるPython〜基礎編〜【業務効率化・自動化で残業を無くそう!】Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート

<業界別傾向>
■SIer・ソフトウェア開発
業界全体としてオープン系・WEB系サービスの開発に移行が進んでおり、AWSなどクラウド技術をエンジニア社員が学んでいる。​

■自動車・輸送用機器
「自動車業界100年に一度の大変革の時代」と言われており、自動運転などAIを始めとする最先端技術の向上を目的とした社員のリスキルが推進されている。一方で、まずはExcel VBAでの業務効率化からリスキルを始める企業など各社で状況は異なっている。​

■輸送・ロジスティック(物流)
配達員の業務効率化につながるAI技術の導入などを目的としたリスキルのためAI・Python関連の講座が上位を占めている。​

■コンサルティング
主に新入社員研修として、データベースや統計学、Excelといったデータ分析関連の講座が上位に。ビッグデータの解析技術による提案力向上や要件定義までできる「ITを作る」レベルのコンサルタントの育成が業績に直結するといわれている。​

3.「ITを使う人」のリスキルが主要な業界の人気講座TOP5

業界(社数)/順位銀行・証券(39)広告・放送・新聞(32)不動産(11)総合商社(21)
 1ITパスポート最速合格コース ~効率的な学習で0から合格まで~【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース部下と組織の可能性を開くリーダーになる!理論と事例で即実践できるコーチング&リーダーシップ講座決定版(日本語・英語字幕)Microsoft Power BI  Desktop 0 to Hero 入門から実戦まで
 2【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術Excel VBA(エクセルVBA)はこれだけでOK~マクロで自動化するコツを詰め込みました【わかりやすさ重視】脱初心者今日から始めるデジタルトランスフォーメーション!テクノロジーの仕組みからデータ活用基盤のつくりかたまで
 3『アウトルック最速仕事術』基礎~中級編  ~Outlook時短術の極意~ITパスポート最速合格コース ~効率的な学習で0から合格まで~3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース
 4「段取りのキホン」の著者が語るタイムマネジメント!オフィス&在宅での時間管理(リピート9割超の人気研修をWeb化)このリーダーについていきたいと思われる!「リーダーシップセオリー」入門講座ITパスポート最速合格コース ~効率的な学習で0から合格まで~【 キーワード速習! 】実践MBAアカウンティング&ファイナンス講座マスターコース
 5Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミングネットワークエンジニアを目指す初心者はここから始めよう!「ゼロから学ぶネットワーク基礎」豊富な図解で徹底解説今日から始めるデジタルトランスフォーメーション!テクノロジーの仕組みからデータ活用基盤のつくりかたまではじめてのマーケティング ~豊富な事例をベースに理論の全体像を理解しよう!3時間半であなたもマーケター脳になれる

■銀行・証券
若手のITリテラシー育成を中心にリスキルが進行。ITパスポート資格は「ITのTOEIC」的位置づけで入社時などに取得を推奨され始めている。また、地銀では、より専門的なスキル習得で地域の中小企業のIT化などの支援につなげようという動きがある。​

■広告・放送・新聞
デジタルマーケやWebデザインなど新たな知識を必要とする仕事が増加しており、個人の自己研鑽に任せず、企業として学習環境を提供し始めるところが多い。現状は、業務ですぐに使えるExcelなどITリテラシー関連が広く受講されているが、一部の専門的な業務に関わる社員はより高度なITスキルを学習し始めている。​

■不動産
ビジネスモデルの進化としてオフィスビルの入居者への付帯サービスの提供など、顧客接点のDXをはじめとして全社的なDXを実施する企業が増えている。ITリテラシーの育成を中心にリスキルが進行。金融業界同様にITパスポート資格の取得を推奨している。

■総合商社
マイクロソフトが提供するデータ可視化ツール「Power BI」に関する講座がトップ。ある商社では、ExcelからPower BIに標準ツールを全社的に移行し、即座にデータを可視化することで顧客との企画検討や意思決定のスピードを圧倒的に高めることが可能に。また、上位にビジネス系が多いのは階層別研修での導入が多いため。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …