ネットスーパー

  • 2022.05.12

    Amazon上の成城石井ネットスーパーが、配送エリアを拡大

    Amazon.co.jp上の成城石井ネットスーパーは、2022年5月11日より、神奈川県においても当サービスの提供を新たに開始した。 神奈川県 川崎市(麻生区、高津区、多摩区、宮前区)、横浜市(青葉区、旭区、港北区、都筑区、緑区)の2市が配送エリアに加わった。これにより、配送エリアは東京都10区2市、神奈川県2市となっている。 対象エリアのAmazonプライム会員に向けて、成城石井で取り扱っている高品質な生鮮食品や、自家製総菜、成城石井オリジナル商品など約4,000点の商品を注文から最短2時間でAmazonが届ける。 対象エリアのプライム会員は、成城石井が取り扱う新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚な…

  • 2022.05.10

    サミットがネットスーパー再参入、10月ごろからドミナントエリア内1店、スーパーサンシのノウハウを活用

    サミットが今年10月ごろから同社ドミナントエリアの1店でネットスーパーを始める。ネットスーパーのモデルを他社にも提供しているスーパーサンシのノウハウをベースに、店舗出荷型のネットスーパーとして展開する予定。同社は以前から2022年に店舗出荷型のネットスーパーを開始することを表明していた。 スーパーサンシとは数年前から話をしていたという。「実店舗をご利用いただいているお客さまにご利用いただくネットスーパー、しかもドミナントの中でやっていきたいと考えたときに、どこといっしょにやるのが良いのかといろいろ考えた結果、スーパーサンシさんとなった。サンシさんのモデルはわれわれの考えに一番合っていると感じて…

  • 2022.04.07

    Amazon上の成城石井ネットスーパーの配送エリアが拡大

    Amazon.co.jp上の成城石井ネットスーパーが、2022年4月6日より、東京都の新宿区、千代田区、港区、狛江市、調布市の3区2市が新たに配送エリアに加わった。 成城石井で取り扱っている高品質な生鮮食品や自家製惣菜、成城石井オリジナル商品など約4,000点の商品を注文から最短2時間で配送する。 これまでの配送エリアは、東京都大田区、品川区、渋谷区、杉並区、世田谷区、中野区、目黒区の7区だったが、東京都の新宿区、千代田区、港区、狛江市、調布市の3区2市となり、東京都10区2市に配送エリア拡大を行う。 対象エリアのアマゾンプライム会員は、成城石井が取り扱う新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚などの生鮮…

  • 2022.02.28

    ヤオコーが、和光丸山台店でネットスーパー開始。店舗受け取りも可能に

    株式会社ヤオコーは、2022 年3月3日よりヤオコーネットスーパー和光丸山台店を開業し、サービスを開始する。 ネットスーパーは三芳藤久保店・志木宗岡店・上福岡駒林店・川越南古谷店・川越今福店・川越山田店・川越的場店・西大宮店・所沢北原店・蕨錦町店に続き、11 店舗目となる。 ヤオコーネットスーパーは、店舗で販売する商品のうち、支持の高い商品を中心に、パソコンやスマートフォンから注文し、自宅に届けサービス。また、和光丸山台店では注文した商品を店舗で受け取りできるサービスを実施する(3 月下旬開始予定)。 ネット上の掲載商品には、チラシ商品はもちろん、生鮮食品や日配食品、加工食品、ヤオコーこだわり…

  • 2022.02.26

    いなげや、「楽天全国スーパー」へ出店。ネットスーパーサービスの提供 開始

    株式会社いなげやは、楽天グループ株式会社が提供するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」への出店について合意する契約締結した。いなげやは、2022年夏頃より本プラットフォームに出店し、ネットスーパーサービスの提供を開始予定。 「楽天全国スーパー」は、全国のスーパーマーケット事業者向けに受注管理やオンライン上の決済などの機能を提供するプラットフォーム。楽天は、株式会社西友と協働運営する「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウを生かし、集客・販促活動や、配送に伴うオペレーション構築など、事業者のネットスーパー事業の立ち上げおよび運営を一気通貫で支援する。 いなげやは、1900年(明…

  • 2022.02.25

    ライフは、Amazon上のライフネットスーパーの対象エリアをさらに拡大

    株式会社ライフコーポレーションは、Amazon.co.jp上のライフネットスーパーを共同展開し、対象エリアのAmazonプライム会員へライフで取り扱っている生鮮食品や惣菜を注文から最短2時間でAmazonが届けるサービス提供をしている。2022年2月24日より、大阪府の池田市、大阪狭山市、箕面市の3市を新たに配送エリアに加わえる。 当サービスの配送エリアは、東京23区・13市、神奈川県8市、千葉県13市、埼玉県5市、大阪府23市、京都府3市、兵庫県6市※となり、今後も配送エリアを順次拡大していく予定。(※それぞれ一部エリアを除く。) 対象エリアのプライム会員は、ライフの実店舗で取り扱っている新…

  • 2022.02.19

    アルビス、10XのStailer導入。店舗受け取り型ネットスーパーを開始。

    アルビス株式会社は、株式会社10Xの小売EC向けプラットフォーム「Stailer」を導入。アルビスネットスーパー「らくらくスマホオーダー」の提供を2022年2月21日より開始する。 アルビスは、第三次中期経営計画においても、「お客様の多様なニーズへの対応」を掲げ、ネットスーパー事業へ参入予定であることを発表していた。この度、富山県高岡市の丸の内店においてネットスーパーの提供を開始する。 スマートフォンでアルビスネットスーパー「らくらくスマホオーダー」アプリをインストールし、丸の内店を選択すると、すぐに商品を購入することができる。スマートフォン上でも店舗と同じような直感的なレイアウトで便利に商品…

  • 2022.02.14

    イオン、ネットスーパー売上は前年比2割増、非対面渡しは約6倍に増加

    イオンリテールは2008年にネットスーパー事業を開始し、現在約230店まで配送拠点を拡大。2020年、感染症拡大下で増加する需要に応るため、ネットスーパー本部を設立し、サービス強化を進めていた。 店舗受取りのサービス「ピックアップ!」は2020年から本格的に拡大し、現在約230の配送拠点全店でドライブスルー形式もしくはカウンター・ロッカーでの受取りを選択が可能になっている。 店内を回遊せずに買物が完了できることや、仕事帰りに受け取れることなどから、多くの方に支持され、直近2022年1月には前年比7割増の受注に成長。 また、2020年に開始した非対面でのお渡しサービスの需要も昨今増加しており、2…

  • 2022.02.09

    イトーヨーカ堂、イオンリテールがネットスーパーの非接触、非対面での受け渡しが大幅増加と発表

    新型コロナウイルスの影響もあって2020年から急激に需要が増加しているネットスーパーで「非接触」の受け渡しが拡大している。 イトーヨーカ堂は、自社の「イトーヨーカドーネットースーパー」で導入している「非接触お届けサービス」の利用件数が前年に比べ約4割増えていると発表した。 同サービスは、コロナ禍による非接触サービスに対する関心の高まりを受けて20年4月8日から開始。22年1月末現在、ネットスーパーを実施している全107店で対応している。 配送時には、まず配送員がインターフォンを鳴らし、お客に玄関前に商品を置くことを伝えた上で玄関前にビニール袋を敷き、レジ袋に入った商品を置く。その後、再度インタ…

  • 2022.01.31

    カスミ、ネットスーパー向けピッキングに自律型協働ロボットを応用

    ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスグループの株式会社カスミは、GROUND株式会社の自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を新業態「BLANDEつくば並木店」に導入。ネットスーパーサービスにおけるピッキング支援ソリューションとして実稼働させる。 ■『PEER』の特長と導入メリット 1. タブレット端末によるユーザーインターフェイスにより、 作業者のピッキング効率の向上、 人為的ミスの低減、 わずかなトレーニング時間での作業習熟を実現。 2. 先端のSLAM技術(※1)がカメラおよびLiDAR(※2)からの情報を融合させ、 リアルタイムにロボット自身が位置情報を取得し、 人と協働…

  • 2022.01.07

    イオンネクスト準備が、次世代ネットスーパー事業で商品情報管理の戦略プラットフォームを採用

    イオンネクスト準備株式会社は、次世代ネットスーパー事業における商品情報のより高度な統合・管理・供給体制を充実させるため、Stibo Systems株式会社が提供するSaaS型マルチドメインマスターデータ管理プラットフォーム(以下 Stibo Systems MDM)を採用した。 日本における食料品宅配の市場規模は今後さらなる拡大が見込まれている。その中でイオンは2030年までにネットスーパー事業において6,000億円の売上高を見据えており、中期経営計画の柱としてデジタルシフトを推進し、新たな商品情報プラットフォームを通じて顧客の利便性向上と最も支持されるサービスの確立を目指している。 約5万点…

  • 2022.01.05

    ベイシアが、「ベイシアネットスーパー」を「楽天全国スーパー」内にオープン

    株式会社ベイシアは、楽天グループ株式会社の提供するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」内に、「ベイシアネットスーパー」をオープンする。 「ベイシアネットスーパー」は、WEB上で注文された商品をベイシアの店舗からピックアップして自宅へ配送。最短で注文当日の配送が可能で、最長で3日前から注文が可能。リアル店舗の強みを活かし、10,000点以上の商品を提供予定だ。 「ベイシアネットスーパー」の3つ特徴 ■ネットで注文、自宅までお届け楽天、及びベイシアアプリの双方への会員登録を済ませることで利用可能。予約制でお届け日時を設定でき、配送日の3日前から注文可能。配送時間は、10:00~20…

  • 2021.12.21

    「楽天西友ネットスーパー」、21年1月~3月の売上3割増、23年上期稼働で新たな物流センターを千葉県松戸市に新設

    楽天グループと西友が協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」が、ラサール不動産投資顧問、NIPPOが共同で開発する大型物流施設の全フロアを賃借し、貸借人(テナント)の要望に応じてオーダーメイドで建設、賃貸の形を採るBTS (Build To Suit)型の専用物流センターを新設すると発表した。稼働開始時期は2023年上期を予定している。 今回の物流センターは千葉県松戸市に所在し、東京外環自動車道「松戸インターチェンジ」から約4km、東京23区を網羅する環状七号線まで約7kmと至近で、首都圏中心部への配送や高速道路網を利用した首都圏広域への配送にも適している。 また、新京成電鉄新京成線「みのり台…

  • 2021.11.08

    イオンリテールがネットスーパーの最長10日先の配送便を予約できる「先取り配送便」機能を追加

    イオンリテールはネットスーパーについて、最長10日先の配送便を予約できる新サービスとなる「先取り配送便」の機能を11月8日から追加した。 イオンリテールでは、関東、北陸信越、東海、近畿、中四国の「イオン」「イオンスタイル」フォーマット計約220店でネットスーパーを展開している。 今回の「先取り配送便」は、お客が商品を希望の日時に受け取れるように注文画面で最長10日先の配送便を予約できる機能。ただし、店舗によって選択できる配送便の日時が異なる。 注文方法は、まず、配送日の10日前から注文画面で先取り配送便を予約できるようになる。その後、配送日の2日前から購入したい商品を選択し、予約していた配送日…

  • 2021.08.12

    ヤオコーが、所沢北原店と蕨錦町店でネットスーパーサービスをスタート

    ネットスーパーサービスを長期停止していたヤオコーが、ヤオコーネットスーパー所沢北原店(埼玉県所沢市)のサービスを8月19日10時から、ヤオコーネットスーパー蕨錦町店(埼玉県蕨市)のサービスを8月26日10時から開始すると発表した。 これによって、同社のネットスーパーは三芳藤久保店、志木宗岡店、上福岡駒林店、川越南古谷店、川越今福店、川越山田店、川越的場店、西大宮店、所沢北原店、蕨錦町店の10店での実施となる。 ヤオコーネットスーパーは店舗で販売する商品のうち、お客から支持の高い商品を中心に、パソコンやスマートフォンから注文でき、自宅まで配送するサービスだが、所沢北原店と蕨錦町店では注文を受けた…

1 2 3
1 2 3