U.S.M.Hがオンラインデリバリーを強化、つくばエリアでLFS導入、在庫も最新状況が反映するようにアップデート

2022.05.31

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は、ネットスーパー事業の「Online Delivery(オンラインデリバリー)」の機能強化を図り、3月から茨城県水戸市で広域配送を可能とするフルフィルメント機能の「ローカル・フルフィルメント・ストア〈Local Fulfillment Stores〉、LFS」を実験導入してきたが、今回、茨城県つくばエリアでも5月31日から同機能を導入し、併せて在庫連携機能の拡充も実施すると発表した。

つくばエリアのオンラインデリバリーサービス実施店舗は、5月31日時点で北エリアのフードスクエアカスミ大穂店、中央エリアのフードスクエアカスミつくばスタイル店、南エリアのフードスクエアカスミライフガーデンみどりの店の計3店だが、LFSはエリア内の複数店舗の在庫を1つの「バーチャルストア」として管理することで、取扱商品数や配送エリアを拡大することが可能になる機能。

U.S.M.Hの一角を占めるカスミは、今年1月と「食と健康美」、2月に「食への特化」をテーマとする新フォーマットの「BLANDE」をつくば市内に2店舗オープンしているが、今回のLFSの導入によって、「BLANDE」でのみ品揃えしている商品をつくば全域のお客がオンラインデリバリーで注文できるようになった。

BLANDEつくば並木店
BLANDE研究学園店
フルーツサンド
オーガニック野菜
店内干し上げ干物

オンラインデリバリーでは、配送先に自宅以外の指定も可能であるため、配送可能エリア内であれば、友人の家や外出先にも配送可能。ただし、一度の注文で選択できる配送先は1カ所で、受け取りの際は配送時間に受け取る必要がある。

また、オンラインデリバリーで購入した商品は、店舗にあるピックアップルーム(オンラインデリバリーで注文した商品を受け取る部屋)で受け取ることも可能。今回のつくばエリアでは5月31日から受付を開始し、6月7日から配送、ピックアップルームでの受け取りができるようになる。

5月31日自店のつくば市の店頭受取サービス(ピックアップルーム)設置店舗は、①カスミ筑波店、②フードスクエアカスミ大穂店、③フードスクエアカスミテクノパーク桜店、④フードスクエアカスミ学園店、⑤フードスクエアカスミ学園の森店、⑥カスミ筑波大学店、⑦フードスクエアカスミつくばスタイル店、⑧BLANDEつくば並木店、⑨BLANDE研究学園店、⑩カスミ万博記念公園駅前店(ピアシティ内)、⑪カスミ梅園店(レプサモールつくば内)、⑫カスミみどりの駅前店、⑬フードスクエアカスミライフガーデンみどりの店の13店。

ピックアップルーム イメージ

また、在庫連携機能の精度向上も図っている。以前は在庫状況がオンラインデリバリー上に反映されるまで手間と時間を要していたが、システムをアップデートし、随時、最新の在庫状況が反映されるようになった。

絶えず変化する商品の在庫状況を、店舗と同じようにオンラインデリバリー上で確認できるようになった。結果として、オンラインデリバリーでも店頭で品切れになるまで配送の受付ができる。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。