連載:
食のトレンドウオッチ!

第2回 「Indulgence」が訳せない

2022.04.19

2022.04.18

いまの仕事を始めてからずっと悩んでいることがある。

「Indulgence」がうまく訳せないのだ。

私の仕事は世界の食品トレンドを日本の企業にお伝えし、商品開発やマーケティングに活用してもらうことである。世界の情報というのは基本的に英語だ。フレッシュな最新トレンドになればなるほど、情報源の大半は英語じゃないと手に入らない。

講演資料や展示会で掲示するパネルについては、できる限り日本語に訳すようにしている。しかし、ちょっと気取ったクールな英語表現を、翻訳ツールで直訳してしまうと、結局「なんのこっちゃ」になってしまうことが多い。これは翻訳のあるあるだろう。

だから私は前段階で、キートレンドや、製品ストーリーや、該当企業のミッションなど、その背景に想いを馳せるプロセスを踏む。さらに「むっちゃ素敵なストーリーやん」とか「その製品コンセプトはないやろ」とか「この視点めっちゃ笑えるがな」などと関西弁でとことんツッコミを入れる。

そうこうしているうちに、日本企業にいま伝えるべき「アハ!体験」はこれだ!というのが脳内に降臨してくるので、 その要点を一気に日本語化するのだ。ある意味、職人技かもしれない。

このやり方はそれなりにうまくいっており、翻訳作業ははかどるのだが、文中に「Indulgence」が登場すると状況が一変し、思考がフリーズしてしまう。「天敵現る」なのだ。

Indulgenceを辞書で調べると「ふけること、道楽、楽しみ、気ままにさせること、甘やかし、わがまま、大目に見ること、寛大」などと出てくる。シンプルに訳すと、ぜいたく感を味わえる食品、嗜好品といったところだ。でも何かが違う。自分としてこの訳には違和感がある。

英英辞典だと以下のように定義されている。

「an occasion when you allow someone or yourself to have something enjoyable, especially more than is good for you」

要するに、必ずしも栄養価が高いわけでもなく、体にも良いわけでもないが、味であったり食感であったり欲求面から思わず食べてしまう食品のことをいうらしい。

つい先日、各国のメンバーと社内勉強会に参加していて、Indulgenceが議題に上がった。そこで思ってもいなかった事実が判明した。実はこの言葉を訳しにくいのは日本語だけではなく、他の言語でも同様だったのだ。どこの国のマネージャーも困っていた。「ああ、悩んでいたのは俺だけじゃなかったのか」と少し安堵。

さらに興味深いのは、各文化圏によってIndulgenceに対して異なるイメージがあるということ。多くの人は、チョコレートやアイスクリームなどの甘い嗜好品をイメージするが、ピザやパスタやアルコールを含める人もいた。国によっては健康的な野菜や果物も、なんとIndulgenceと捉えるケースがあるらしい。

Simply V Plant Based Indulgence Gourmet Spread Herbs(オランダ)。アーモンド主原料のヴィーガンスプレッド。製品名の「Plant Based Indulgence Gourmet」のニュアンスは、ぜいたく感を味わえるグルメなスプレッドであり、かつ健康的なプラントベースなので、たくさん食べても罪悪感が生まれない…、といったところだろうか(Source:Innova Database)

楽しさの象徴、または社交の場の賑わいなど、ポジティブなイメージを持つ人がいる一方、肥満につながる不健康なネガティブイメージを持っている人も多かった。

どんなものでも食べ始めは楽しいが、食べ続けるとどこかのタイミングで罪悪感が生まれる。お酒も少量なら楽しいが、飲み過ぎるとグダグダになる。Indulgenceは時間軸によってポジティブ→ネガティブが切り替わる、まるで七変化する舞台役者だ。

考えようによっては、繊細かつ微妙な感情を反映した言葉であり、青二才のAI(人工知能)翻訳ツールにはまだまだ訳すことのできない、人間が人間たる由縁の表現といえよう。

「Indulgenceを理解できれば、世界トレンドが見える」

とまでは思わないが、Indelgenceにまつわる人の感情を読み解ければ、食品開発に応用できそうだ。これからはこの言葉と仲良くしたい。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …