WEARとPayPayフリマが連携。ファッション特化のソーシャルコマースとしてWEAR上のコーディネートの着用アイテムを手軽に出品・購入できる新機能を提供開始

2022.07.04

株式会社ZOZOが運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」は、ヤフー株式会社が運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」の仕組みを活用し、ファッションに特化したソーシャルコマースとして、コーディネートの着用アイテムを手軽に出品・購入できる新機能(以下、ソーシャルコマース機能)を提供開始した。

ソーシャルコマース機能では、コーディネートから「WANT(欲しい)」ボタンで出品をオファーすることも可能。なおWEARでは、ソーシャルコマース機能の提供開始にあわせ、出品者全員が最大1,000ポイントのZOZOポイントをもらえる「ZOZOポイントプレゼントキャンペーン」、7月7日よりファッション業界で活躍する著名人が私物を出品する「著名人フリーマーケット」を実施する。

今回のソーシャルコマース機能では、WEARに投稿されたコーディネートの着用アイテムを手軽に出品・購入できる。購入検討の際、「着用コーディネート」や「投稿者の身長」などの豊富なファッション情報からサイズ感や着回しイメージも参考にすることが可能。また、気になるコーディネートの着用アイテムには「WANT(欲しい)」ボタンをタップすることで、希望購入金額(任意入力)とあわせて出品をオファーすることができる点も特長だ。なお、WEARに出品したアイテムは、PayPayフリマアプリをダウンロードしID連携をすることでPayPayフリマにも同時出品できる。

<WEAR ソーシャルコマース機能の特長>

■ファッション情報の豊富さ
「着用コーディネート」「似たアイテムを使ったコーディネート」「投稿者の身長」などWEARが保有する膨大なデータをもとに表示される情報から、着用時のイメージやサイズ感を参考にすることが可能。

■出品・購入の手軽さ
WEARアプリ上に投稿されたコーディネートの着用アイテムやマイページのクローゼットに登録されているユーザー自身が所有するファッションアイテムの情報をそのまま活用し、手軽に出品することが可能。また、WEARをZOZOTOWNと連携すると、ZOZOTOWNで購入したアイテムが自動でクローゼットに追加されるため、より簡単に出品できるようになる。さらに、ZOZOTOWN上に商品データがあるアイテムに関しては、ZOZOTOWN上の「商品価格」「在庫状況」などの情報も参考にしながら購入の検討が可能。

■欲しい!をオファーできるコミュニケーション機能
気になるコーディネートの着用アイテムには「WANT(欲しい)」ボタンをタップして、出品をオファーすることができる。これにより例えば、憧れのファッショニスタの着用アイテムや欲しかったものの過去に買い逃していたアイテムなどに対して、アイテムへの購買意欲を簡単に示すことができる。また、「WANT」でのオファー時には買いたい金額を入力することで(任意)、オファーを受けたユーザーが自身の所有アイテムの需要を知り、出品へのモチベーションを高めたり、出品時の価格設定の参考にすることも可能。

■PayPayフリマにも同時出品可能
PayPayフリマアプリをダウンロードしID連携することで、アプリダウンロード数が1,000万件を超えるPayPayフリマにも同時出品できるため、一度の出品で、より幅広いユーザーに出品アイテムを見てもらうことが可能。

<WEAR ソーシャルコマース機能の使い方>

■出品方法
1.マイページのクローゼットタブから出品したいアイテムを選択
2.クローゼットに紐づく情報は自動で連携されるため、その他出品情報の足りない箇所を入力して出品ボタンをタップ
3.出品が完了するとコーディネートやマイページに出品中であることが表示

■WANTの使い方
1.コーディネートから欲しいアイテムをみつけて「WANT」をタップ
2.買いたい金額を入れてWANTを完了(任意)
3.WANTしたアイテムが出品されるとマイページで通知が届く

■購入方法
1.コーディネート投稿から出品中の欲しいアイテムをチェック
2.購入ボタンをタップして支払い方法を選択
3.商品購入後、出品者の評価をして取引完了
※出品者への商品についての質問等はチャット機能でコメントすることも可能 

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …