ローソンストア100が「だけ弁当(焼そば)」を発売、累計558万食突破の「だけ弁当」 第11弾

2024.06.19

ローソンストア100は、おかずが1種類だけの超シンプル弁当「だけ弁当」のシリーズ第11弾として、「だけ弁当(焼そば)」を2024年6月26日(水)より248円(税込)で発売する。

【商品概要】
・商品名:だけ弁当(焼そば)
・価格:本体価格230円(税込248円)
・発売日:2024年6月26日(水)
濃厚ソースの焼きそばと白飯だけの弁当だ。濃厚ソース焼そばは「そばめし」用のソースを使っているので、濃いめの味付けでご飯とも相性抜群。別々に食べても、混ぜて食べても美味しい。

■シリーズ累計販売数558万食突破!(2024年5月末まで)「だけ弁当」とは?

ローソンストア100の大ヒット商品「だけ弁当」は、おかずは1種類だけという超シンプルなお弁当だ。「好きなおかず“だけ”をとことん楽しめる弁当があればヒットするはずだ」という一人の社員の信念によって、発案から実に10年越しに商品化された「ウインナー弁当」が始まりだ。

2021年6月の発売以来、「こういうので良いんだよ!」というお客からの支持もあり、「ミートボール弁当」「玉子焼き弁当」など、新商品を続々発売。お陰様で2024年5月末時点で、シリーズ累計販売数が558万食を突破した。

■お客からの要望「焼そば」の「だけ弁当」 開発秘話

そんな中、今回の主役を射止めたおかずは「焼そば」。「だけ弁当」シリーズ発案者の林と商品開発担当の山田で、ホームページで募っている、お客からの「だけ弁当」のおかずの要望を確認していたところ、その中で少数ではありますが「焼そば」というご意見が目に留まった。焼そばをおかずに白飯を食べるという文化は関西、とくに大阪に多いと聞く。林、山田両名は、近畿に赴任していた経験や、「焼そば定食」の文化に触れていたこともあり、今回の「焼そば」のご要望には応えたい想いで開発に至った。

■「だけ弁当」シリーズ発案者 林弘昭(東日本運営本部・副本部長)のコメント

Q.「だけ弁当(焼そば)」のこだわりポイントは?
A.「焼そば」はおかず?と思われるかもしれませんが、実は関西圏で「焼そば定食」は一般的なメニューです。

焼そば単体としてもご飯のおかずとしても美味しく食べられる濃厚な味のソースを色々と探しましたが、神戸市の老舗ソースメーカー「オリバーソース」の「そばめし」用ソースが濃厚さ、スパイシーさなどバランスがよく、そのまま食べても、ご飯と焼そばを混ぜて食べるシーンを想定してもベストマッチでした。

トッピングにあおさ、天かすをのせたのは林さんのこだわりです。食べたときに香ばしさや風味も感じられるおいしい焼そばになったと思います。またこの濃厚な焼そばを最後まで美味しく堪能いただくために、さっぱりとした紅しょうがを添えました。
今まで食べたことがなかった方にも是非お試しいただきたい商品です!

Q.おすすめの食べ方はありますか?
A.焼そばとご飯というと、そばめしを連想する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですので、ご飯を混ぜ合わせて食べても相性のいい「そばめし」専用のソースを使った焼そばに仕上げています。

別々に食べてもいいですし、混ぜ合わせてもいいように。あとは、ちょっと焼そばが濃厚すぎるなと感じたらサラダやスープ、温玉のせなど色々組み合わせても無限に楽しめるのが、だけ弁当の特長です!

「だけ弁当」シリーズ商品設計・開発担当 山田克徳(商品開発本部)のコメント

Q.「だけ弁当(焼そば)」のこだわりポイントは?
A.「焼そば」はおかず?と思われるかもしれませんが、実は関西圏で「焼そば定食」は一般的なメニューです。

焼そば単体としてもご飯のおかずとしても美味しく食べられる濃厚な味のソースを色々と探しましたが、神戸市の老舗ソースメーカー「オリバーソース」の「そばめし」用ソースが濃厚さ、スパイシーさなどバランスがよく、そのまま食べても、ご飯と焼そばを混ぜて食べるシーンを想定してもベストマッチでした。

トッピングにあおさ、天かすをのせたのは林さんのこだわりです。食べたときに香ばしさや風味も感じられるおいしい焼そばになったと思います。またこの濃厚な焼そばを最後まで美味しく堪能いただくために、さっぱりとした紅しょうがを添えました。

今まで食べたことがなかった方にも是非お試しいただきたい商品です!

お役立ち資料データ

  • 2023年 下半期 注目店スタディ

    2023年下半期注目のスーパーマーケット7店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・オーケー/銀座店 ・ヨークベニマル/仙台上杉店 ・ベイシア/Foods Park 津田沼ビート店 ・ヤオコー/松戸上本郷店 ・カスミ/…

  • 2023年 上半期 注目店スタディ

    2023年上半期注目のスーパーマーケット5店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・ ヤオコー/トナリエ宇都宮店 ・ サミットストア/川口青木店 ・ 原信/紫竹山店 ・ ライフセントラルスクエア/ららぽーと門真店 ・ …

  • 有力チェーントップ10人が語る「ニューノーマル時代のスーパーマーケット経営論」

    有力スーパーマーケットチェーンの経営者10人にリテール総合研究所所長の竹下がインタビューを実施し、そのエッセンスをまとめています。 インタビューを通じ、日本を代表する有力トップマネジメントのリアルな考えを知ることができ、現在の経営課題の主要テーマを網羅する内容となっています。 変化する経営環境において、各トップマネジメントによる現状整理と方向性を改めて振り返ることは、これからの新しいスーパーマーケットの在り方形を模索する上でも業界にとって大変有用と考えます。 ぜひ、今後のスーパーマーケット業界を考える材料としてご活用ください。 ■掲載インタビュー一覧 ライフコーポレーション 岩崎高治社長 ヨー…