イオンが「トップバリュ みんなのおかず」冷凍食品シリーズ計24品目を発売

2024.06.19

イオンは6月19日(水)より※1、「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」など全国約1,070店舗にて、「トップバリュ みんなのおかず」冷凍食品シリーズ、計24品目を発売する。

国内の冷凍食品消費金額は年々増加しており※2、その背景には簡便需要や調理の技術革新によるおいしさの向上に伴い、冷凍食品に対するイメージの変化がある。また、休日の夕食は家族一緒に食卓を囲むものの、平日は「それぞれのタイミングで好きなメニューを選んで食べたい」といったライフスタイルの変化もあり、冷凍食品を活用する家庭も増えている。※3

こうした変化を受けてイオンは、夕食の主菜として冷凍おかずメニュー「トップバリュ みんなのおかず」シリーズを発売する。

“タイパ・コスパ・健康”ニーズに応えたメニューとして、油で揚げる必要がなくトースターで焼き調理でき、ヘルシーなコロッケやメンチカツなどのノンフライおかずや、湯せんでも自然解凍でも食べられる煮魚などのお魚おかず、食べ応えがありメインディッシュになるハンバーグなどのお肉のおかずなど、24品目を展開する。

【販売概要】
シリーズ名:トップバリュ みんなのおかず
発売日:2024年6月19日(水)より※1
販売店舗:「イオン」「イオンスタイル」 「マックスバリュ」など、全国 約1,070店舗
品目数:24品目
価格帯:本体498円(税込537.84円※4)~ 本体980円(税込1058.40円※5)

【商品の紹介:一例】

商品名: 焼いて美味しいノンフライ コロッケ
規格:440g(8個)
価格:本体498円(税込537.84円※4)
特長:油で揚げず、オーブントースターで調理できるコロッケだ。こんがりサクサクの香ばしい食感と肉の旨味を楽しめる。

商品名:やわらかふっくら美味しい さば味噌煮
規格:1切×2パック
価格:本体598円(税込645.84円※4)
特長:脂ののった北欧産のさばを、コク深く風味豊かなタレで煮込みた。加圧調理を施しているので、骨まで食べられる、やわらかくふっくら美味しいさばの味噌煮だ。

商品名:濃厚デミグラスソースハンバーグ
規格:450g(150g×3個)
価格:本体980円(税込1058.40円※4)
特長:ふっくらやわらかく仕上げたジューシーで食べ応えのあるハンバーグを、濃厚デミグラスソースで仕上げた。夕食のメインディッシュとしても最適だ。

商品名:肉汁たっぷり鶏つくねピーマン焼き
規格:300g
価格:本体598円(税込645.84円※4)
特長:鶏もも肉のひき肉にヤゲン軟骨を加えた具材のピーマンの肉詰めだ。黒胡椒でスパイシーに仕上げているので、おかずはもちろん、おつまみにもおすすめだ。

商品名:チーズ香るロールチキンのアスパラ巻き
規格:360g(4個)
価格:本体798円(税込861.84円※4)
特長:若鶏のもも肉でアスパラとチーズスティックを巻き、にんにく醤油ベースの和風だれでじっくり焼き上げた。電子レンジで調理可能だ。

商品名: つゆが多めの大盛り 牛丼の具
規格:110g×3袋
価格:本体798円(税込861.84円※4)
特長:1パック180gのボリュームたっぷり牛丼の具だ。醤油たれと塩麹で国産のたまねぎと牛肉をやわらかく煮込みた。電子レンジで調理可能だ。

※1:店舗により発売日や品揃えが異なる。
※2:一般社団法人 日本冷凍食品協会 「令和5年(1~12月) 冷凍食品の生産・消費について(速報)」
※3:イオングループ従業員インタビュー調査
※4:単品で購入の場合、税込価格は小数点以下が切り捨て。

お役立ち資料データ

  • 2023年 下半期 注目店スタディ

    2023年下半期注目のスーパーマーケット7店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・オーケー/銀座店 ・ヨークベニマル/仙台上杉店 ・ベイシア/Foods Park 津田沼ビート店 ・ヤオコー/松戸上本郷店 ・カスミ/…

  • 2023年 上半期 注目店スタディ

    2023年上半期注目のスーパーマーケット5店舗を独自の視点でピックアップし、企業戦略を踏まえた上で、出店の狙い、経緯、個別の商品政策(マーチャンダイジング)まで注目点を網羅。豊富な写真と共に詳しく解説しています。 注目企業における最新のマーチャンダイジングの取り組みや、厳しい経営環境と向き合うスーパーマーケットのトレンドを知ることができ、企業研究、店舗研究、商品研究などにご活用いただけるほか、店舗を訪問するときの参考資料としてもお勧めです。 <掲載店舗一覧> ・ ヤオコー/トナリエ宇都宮店 ・ サミットストア/川口青木店 ・ 原信/紫竹山店 ・ ライフセントラルスクエア/ららぽーと門真店 ・ …

  • 有力チェーントップ10人が語る「ニューノーマル時代のスーパーマーケット経営論」

    有力スーパーマーケットチェーンの経営者10人にリテール総合研究所所長の竹下がインタビューを実施し、そのエッセンスをまとめています。 インタビューを通じ、日本を代表する有力トップマネジメントのリアルな考えを知ることができ、現在の経営課題の主要テーマを網羅する内容となっています。 変化する経営環境において、各トップマネジメントによる現状整理と方向性を改めて振り返ることは、これからの新しいスーパーマーケットの在り方形を模索する上でも業界にとって大変有用と考えます。 ぜひ、今後のスーパーマーケット業界を考える材料としてご活用ください。 ■掲載インタビュー一覧 ライフコーポレーション 岩崎高治社長 ヨー…