ダークストアとは?日本国内の取り組み事例を交えてわかりやすく解説

2022.01.13

コロナ禍による外出自粛の影響もあり、ネット販売の需要は年々高くなっている。

そのような中、昨今においては、宅配専門のネットスーパー「ダークストア」が大きな注目を集めている。

海外で高い普及率を見せているダークストアだが、国内でもダークストアを設ける事業者は増加していくと考えられる。

本稿では、ダークストアの概要や特徴について詳しく解説するとともに、国内でダークストア事業を開始した4社の事例を紹介する。

ダークストアとは?

そもそもダークストアとは、一体どのようなものなのか。ダークストアの概要や特徴について、詳しく解説する。

ダークストアの概要

ダークストアとは、ネット販売された商品の配送拠点としての機能を持つ店舗のことである。店舗内は、実際のスーパーマーケットと同じように商品の陳列がされているが、消費者が実際にそこへ足を運ぶことはないことから「ダークストア」と呼ばれている。

ダークストアの特徴

ダークストアの特徴の一つとして、既存店舗を有効活用できる点が挙げられる。IT技術の進化や、新型コロナウイルスの影響により、ネット販売の需要は年々高くなっている。そうした需要の変化に伴い、閉店を余儀なくされる店舗は少なくない。

閉店を余儀なくされた店舗をどう活用するのか、経営者にとって大きな課題となっている。

そこで期待されるのが、既存店舗をダークストアへと転換することだ。

閉店された店舗には、販売する商品や在庫を抱えるためのスペースなどが既に確保されているため、コストを抑え、迅速にサービスを開始できる。

しかしその一方で、専用倉庫と比較するとスペースは限られるため、取り扱い可能な商品数うには限りがありターゲットにできる商圏は考慮する必要がある。

事業規模を拡大する際に、既存店舗をそのまま活用するのか、はたまた専用倉庫を確保するのか、経営者の判断が重要となるだろう。

日本国内におけるダークストアの事例

ここからは、我が国のダークストア事業への取り組み事例として、以下4つの事例を紹介する。

  1. Uber Eats
  2. OniGO
  3. Wolt Market

Uber Eats

米ウーバーテクノロジーズの日本法人ウーバージャパンは、2つの観点からダークストアの展開に着手している。それぞれの具体的な参入内容は、以下の通りである。

永和物産株式会社との連携

ウーバージャパンは、2021年1月、ホテルやレストラン等に食材の販売を行っている「永和物産株式会社(以下:永和物産)」と提携し、同社が扱う食材の宅配サービスを開始した。

この取り組みにより、Uber Eatsの利用者は、海外原産の果物や調味料などといった、プロ向けの食材を気軽に購入することが可能となる。

永和物産との取り組みは、Uber Eatsの国内では初となるダークストアを展開して、多様化する消費者のニーズに応えるのが狙いだ。

一方、永和物産にとっても、新型コロナウイルスの影響により、収益の獲得が厳しくなっている中、新たな収益先の獲得が期待される。

ウーバージャパンは今後も、他の食材卸事業者と連携し、サービス提供地域を拡大する方針だ。

宅配専門店の開設

ウーバージャパンは、2021年12月、オンライン注文専用の店舗「ウーバーイーツマーケット日本橋兜町店」を新たにオープンした。

店舗面積は、一般的なコンビニエンスストアよりやや大きい、約170平方メートルを誇り、午前7時から翌0時まで営業。

自社で用意した食品や日用品に加え、生鮮食品、衛生用品なども取り扱っており、その数は1,100点以上に及ぶ。

最低注文料金は設けられておらず、利用者は1品から注文することが可能。料理宅配と同じく、配送距離に応じて配達料が決まる仕組みだ。

今後は酒類の販売も行う方針で、競争が激化している料理宅配市場において、料理以外の新たな需要獲得を図っている。

OniGO

OniGOとSHAREDINEの提携

OniGO株式会社は、2021年8月、東京・目黒区に宅配スーパー「OniGO」をオープンしている。

OniGOは、生鮮品や日配品、冷凍食品など幅広い商品を取り扱っており、注文からわずか10分で届けるスピートが最大の売りである。

注文可能距離を店舗から半径1〜2km以内に絞り、配達員を店舗に常駐させることにより、10分というスピードを実現させている。

オープンから4ヶ月後の12月には、出張シェフサービス「シェアダイン」を運営する株式会社シェアダインとのサービス連携を開始した。シェアダインは、栄養士から一流レストランのシェフまで、約1,800名登録する国内最大級の出張サービスである。

新型コロナウイルスによる外出自粛が続く中、出張シェフサービスの需要は拡大している。

しかし、OniGOとサービス連携を開始する前までは、利用者もしくはシェフが食材や調味料を調達する必要があり、そこが大きな負担となっていた。

そこで、OniGOとのサービス連携を開始した。

食材や調味料を調達する負担が軽減されることは言うまでもなく、調理を開始した後でも、食材や調味料を調達することが可能となった。

ダークストアと出張シェフサービスのサービス連携が今後、我々の生活にどう影響を与えるのか、その動向から目が離せない。

参考:出張シェフ「シェアダイン」 x 10分で届く宅配スーパー「OniGO」サービス連携開始

Wolt Market

デリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を運営するWolt Japan株式会社の関連会社、Wolt Market Japan株式会社は、2021年12月、北海道・札幌市内2拠点に配達専用スーパー「Wolt Market(ウォルトマーケット)」をオープンしている。

オープン前には、パナソニック産機システムズ株式会社から、冷凍・冷蔵設備一式が納入されたことでも注目を集めた。

Wolt Marketは、食料品や日用品など全2,000品目以上の商品を取り扱っており、注文を受けてから30分程度で配達するという。

「Wolt」のアプリやウェブサイト、配達ネットワークを活用することで、30分程度でのスピード配達を実現する仕組みだ。

また、低価格での販売を実現させるために、メーカーから直接仕入れ、コストを削減するとともに、独自のアルゴリズムによるデータ活用も行っている。

Wolt Market Japanは、将来的に「Walt Market」の全国展開を目指しており、更なる事業拡大を進めていくという。

参考:おもてなしデリバリー「Wolt (ウォルト)」ほしいが見つかる!配達専用スーパー「Wolt Market」を12月2日(木)札幌に2拠点同時開設

ダークストア のまとめ

今回は「ダークストア」について、その概要や特徴、国内におけるダークストアの取り組み事例について紹介してきた。

現状、我が国では一部の地域に限られているが、今後はより多くの地域でダークストアの導入が進んでいくだろう。

ダークストアの普及率を高めるため、各社がどのような戦略を企て実行するのか、その動向から目が離せない。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。