Tポイントアプリの使い方やメリットとは?カードからの移行方法などを解説

2022.06.08

楽天ポイントやdポイント、nanacoポイントなどさまざまな共通ポイントが登場している中、長年利用されているのがTポイント。加盟店は全国に点在し、日頃から利用頻度が高い人も多いだろう。

しかし、会計のたびにTカードを取り出すのは、非常に面倒かつ財布の容量も増えてしまう。Tカードをより便利に活用するため、提供されているサービスがTポイントアプリだ。

本記事では、Tポイントアプリの概要とメリットをまとめた後、実際の画面で登録方法や使い方を解説していく。

Tポイントアプリとは?

Tポイントアプリを初めて利用する人向けに、アプリの概要やメリットを解説していく。

そもそもTポイントとは?

出所:Tサイト

Tポイントとは、加盟店での買い物やネットショッピング、クレジット機能付きTカードの利用などで貯められるポイントのことを言う。当初はTSUTAYAで利用できるポイントであったが、現在は共通のポイントサービスとして、さまざまな店舗で導入されるようになった。

TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブによると、2021年3月時点のTカード会員数は7,068万人、提携企業数は5,703社、店舗数は16万5,808店。コンビニをはじめ、飲食店・ドラッグストア・家電量販店など、TSUTAYA以外の身近な店舗でも利用できる。さらに、各加盟店が独自にキャンペーンを実施し、Tポイントを貯めやすくなっているのも人気の理由だ。

Tポイントの主な使い道として、「1ポイント=1円」で買い物に利用することが挙げられる。他にもTポイントの使い道は幅広く、現金化・商品と交換・ポイント投資・ANAマイルと交換・PayPayポイントと交換など多種多様。貯まったポイントの使い道に困らないサービスと言えるだろう。

スマホでTカードを利用できる

Tポイントアプリの大きなメリットとして挙げられるのが、スマホをTカードとして利用できる点だ。各店舗がお得な特典を受けられる会員カードやポイントカードを発行しているが、カードの枚数が増え、財布の中身がスッキリしないという人も多いはず。

しかし、Tポイントアプリを使えば、スマホでTカードを利用可能に。新たにモバイルTカードを発行、もしくは現在所有している物理Tカードを引き継ぎ、アプリ上で利用することもできる。

昨今では、会員カードやポイントカードをアプリ上でデジタル発行する事業者も多く、物理カードの発行が減少しつつある。財布に収納している物理カードの枚数を少しでも減らしたい人は、Tポイントアプリを活用してみて欲しい。

Tマネーを利用できる

Tポイントアプリは、Tマネーに対応しているのも大きな特徴。Tマネーとは、事前にチャージして利用するプリペイド式の電子マネーとなっており、キャッシュレス決済で買い物を済ませられる。

チャージ方法としては、店舗でチャージする方法から、クレジットカード・Tポイント・ギフトカードなどオンラインでチャージする方法までさまざま。

また、日本全国150万ヶ所以上に対応するキャッシュレス決済サービスで、ファミリーマート・ウエルシア・吉野家・カメラのキタムラなど加盟店の業態も幅広い。なお、Tマネーを使える店舗は、下記「T-MONEY」のマークが目印となっている。

出所:Tサイト

Tマネーでは、月間の累計利用金額500円(税込)につき、Tポイントが1ポイント貯まるのも魅力的なポイント。200円(税込)につき1ポイント付与など、基本の還元に加えて付与されるため、ポイントを二重取りすることも可能だ。

Tポイントを日常的に利用する人は、Tマネーを使用したキャッシュレス決済も検討しておきたい。

電子レシートを発行できる

出所:Tサイト

Tポイントアプリでは、東芝テックが提供する「スマートレシート」のアプリと連携することで、電子レシートの発行を行える。アプリ上でレシートを管理すれば、財布が膨らんでかさばったり、お札やカードと混ざるということも起きにくい。

電子レシートの使い方としては、スマートレシートをスマホへインストールし、ID連携を実施。そして、アプリ上のモバイルTカードを利用して買い物するだけで、電子レシートを確認できる。

ただし、使えるショップは2022年5月時点で、リウボウストア・メイクマン・ヤスサキのみとなっているため注意したい。

アプリ限定クーポンが配信される

Tポイントアプリ上には、買い物やイベント時に特典を受けられる限定クーポンが配信されている。クーポンの種類としては、下記4つが存在する。

  • セットするクーポン
  • みせるクーポン
  • チェックインクーポン
  • WEBクーポン

会計時に提示する一般的な「みせるクーポン」をはじめ、「セットするクーポン」は事前にセットを行い、モバイルTカードを提示すれば、特典が自動で反映される仕組み。使い忘れを防止できる便利なクーポンだ。

また「チェックインクーポン」は、イベントなどでチェックイン処理を行えば、その場でポイントをゲットできる。そして、「WEBクーポン」はネットショッピングを行うことで、Tポイントを貯められるクーポンとなっている。

エディオン・ドラッグユタカ・ロッテリアなど、さまざまな業態のクーポンが日々配信されているので、アプリを利用する際はぜひチェックしておきたい。

TポイントくじやTスタンプで楽しくポイントを貯められる

Tポイントアプリには、楽しくポイントを貯められる機能が揃っている。

1つ目がTポイントくじのサービス。くじやゲームに挑戦し、条件を達成すればTポイントを獲得できる。

2つ目がTスタンプのサービス。キャンペーン期間中に、提携先で買い物や特定商品を購入することで、スタンプカードにスタンプが貯まる。そして、貯めたスタンプはTポイントだけでなく、豪華賞品とも交換が可能。

Tポイントくじはちょっとした合間にもポイントを貯めたい人、Tスタンプは計画的にポイントを貯めたい人に最適なサービスと言えるだろう。

Tポイント履歴や買い物履歴を確認できる

出所:Tサイト

Tポイントアプリでは、Tポイントの付与履歴・使用履歴・期間限定ポイントなどを確認できる。物理カードの場合、店舗で発行されたレシートを確認し、都度Tポイントの残高を確認しているという人も多いのではないだろうか。

その点、Tポイントアプリを利用すれば、いつでも残高を確認可能。端数だけTポイントを利用するなど、賢く買い物も行える。

また、自身の買い物履歴を確認できるのも、本アプリの魅力的なポイント。対象の提携先で、Tカードを提示して買い物を行えば、履歴として自動で記録される。

さらに、自分が先月一番お金を使った商品を確認できたり、T会員の売れ筋商品ランキング・リピート商品ランキングなども随時更新。生活に役立つ情報も同時にチェックできる便利アプリと言えるだろう。

Tポイントの提携店舗を探せる

Tポイントアプリには地図機能が搭載されており、Tポイントの提携店舗をマップ上で確認できる。GPSを利用すれば、近くのTポイントが貯まる・使える店舗を容易に検索可能。

効率良くTポイントを活用したい人は、要チェックの機能だ。

Tポイントアプリの登録方法

Tポイントアプリの登録方法だが、最初にiPhoneのApp StoreもしくはAndroidのGoogle Playから、『Tポイントアプリ』をインストールする。

インストール完了後、アプリを起動。利用規約を確認し、チェックを入れて『はじめる』をタップする。

続く画面では、Tカードの所有有無を聞かれる。プラスチックの物理Tカードを所有している場合は『Tカードをお持ちの方』、所有していない場合は『はじめてTカードをつくる方』をタップ。

ここでは、すでに所有しているTカードを、アプリへ登録する方法を解説していく。

次に、Tカードをアプリへ登録する方法を選択する。Tカード番号を入力する場合は『Tカード番号の入力へ』、Yahoo! JAPAN IDと連携している場合は『Yahoo! JAPAN IDでログイン』をタップ。

ここでは、Tカード番号を入力する方法で見ていく。

Tカード番号の入力画面が表示されるので、カードに記載の番号を入力する。カメラマークをタップし、Tカードを撮影すれば、自動でカード番号を取り込むことも可能だ。

入力されたTカード番号に問題がないことを確認し、『次へ』をタップする。

続く画面では、電話認証を利用した本人確認を行う。Tカード発行時に登録した電話番号下3桁が表示されるので、番号に誤りがなければ『電話をかけて認証する』をタップ。

自動音声の案内を聞き、本人認証が完了すれば通話を切ろう。

利用規約が表示されるので、内容を確認する。問題なければ、『同意して登録を完了する』をタップ。

最後に、モバイルTカードの利用規約が表示される。スクリーンショットでバーコードを提示するなど、禁止事項の記載もあるので、必ずチェックして欲しい。

利用規約を確認後、『同意する』をタップすれば、Tポイントアプリの初期登録は完了となる。

Tポイントアプリの使い方

Tポイントアプリの具体的な操作方法を把握しておきたい人向けに、ここではアプリの使い方を解説していく。

TポイントアプリでTカードを提示する方法

Tポイントアプリを利用し、店舗でTカードを提示する方法から見ていく。まず、Tポイントアプリを起動し、モバイルTカードが表示されることを確認する。

アプリ内の別ページを表示している場合は、画面下の『Tカードマーク』をタップすると、モバイルTカードを表示できる。

あとは、画面上に表示されたモバイルTカードを、会計時に店員へ提示するだけ。バーコードをスキャンしてもらえば、Tポイントを貯めることができる。

出所:Tサイト

Tポイントを使用する場合は、モバイルTカード提示時にポイントを利用したい旨を伝えよう。

Tポイントアプリでクーポンを利用する方法

Tポイントアプリで配信されているクーポンを利用し、お得にTポイントを貯める方法を解説していく。最初にアプリを起動し、画面下の『貯める・使う』をタップする。

続く画面では、『お店でクーポン』をタップする。

利用できるクーポンの一覧が表示されるので、使いたいクーポンをタップする。例えば、下記画面ではロッテリアのクーポンが配信されているが、『セット』と表示があるため、事前に適用しておくことで使い忘れを防止できる「セットするクーポン」に該当するとわかる。

利用する際は『セット』をタップし、『セット済』に切り替わることを確認。そして、会計時にモバイルTカードを提示すれば、クーポンが自動で適用される。

その他、クーポンの種別によってボタンの表示が『チェックイン』や『みせる』などに変わる。

クーポンを利用する際は、ボタンの表示を必ず確認しておこう。

Tポイントアプリのまとめ

Tポイントアプリでは、モバイルTカードを利用してTポイントを貯める・使えるのはもちろん、Tマネーや限定クーポンなどを活用すれば、より便利かつお得に買い物を行える。アプリの初期登録方法も簡素化されており、現在利用しているTカードとも容易に連携可能だ。

昨今、さまざまな共通ポイントカードが登場しているが、Tポイントは0.5%の還元が基本であり、特別還元率が高いサービスとは言えない。Tカードを利用する機会が多い人は、Tポイントアプリのクーポンなどを活用し、お得にポイントを貯めてみて欲しい。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …