AI活用した需要予測システムをリンガーハットが12月より運用開始

2022.04.22

2021.12.02

株式会社リンガーハットは、パロアルトインサイト LLC(本社:シリコンバレー)と、あらゆる事態に対応する需要予測システムの共同開発を開始した。

2021年12月から売上予測モデルの運用を開始、2022年3月にテストバージョンの店舗シフト管理アプリを開発する。2022年4月から5月に長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「濵かつ」の一部実店舗でテスト運用をしたのち、2022年秋に全国の「リンガーハット」「濵かつ」で本導入を予定だ。

今回開発する自動発注アプリ、店舗シフト管理アプリシステムにより、コロナ禍で変化した消費者需要の予測、さらに飲食業界が抱える人手不足や食品ロスの解決を目指す。

本システムは、消費者の需要を予測する従来のシステムに加えて、地震や台風などの自然災害や感染症のパンデミックなど、あらゆる緊急事態下で多様に変化する消費者の需要を、AI(人工知能)を活用して予測できるシステムだという。

これまでの販売実績や気象情報、地域に関する情報等のデータを基に消費者の需要予測をし、適正な発注数の算出、在庫管理、出荷量予測を行い、サプライチェーンの無駄を減らしていた。さらに、緊急事態宣言や災害など需要が急激に変化する事態を想定し、的確なデータを元に緊急事態下での需要予測を実施できるようになる。

リンガーハットグループでは、3年ほど前からAIをはじめとしたテクノロジーの活用を社内ミッションとして掲げ、「AIで何を改善するのか」を検討してきた。

2021年4月からは「発注業務の効率化」のため、食材の必要数と推定在庫から、「日ごと」「店舗ごと」に発注数を自動で算出する「Web発注システム」を導入。昨今、新型コロナウイルスの感染拡大により消費者の行動様式が変わるなか、今後もさまざまな事態に備えるため、あらゆる環境下で柔軟に対応できる強靭な需要予測モデルの開発にいたった。

■パロアルトインサイト
AIの活用提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入まで一貫した支援を日本企業へ提供する、石角友愛氏(CEO)が2017年に創業したシリコンバレー発のAI企業。

社名:パロアルトインサイト LLC 
設立:2017年
CEO:石角友愛
所 在:米国カリフォルニア州 (シリコンバレー)
従業員数:17名(2021年11月現在)
会社HP:https://www.paloaltoinsight.com/

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …