アマゾンジャパンがAmazonフレッシュをリニューアル、注文から受け取りの時間短縮と料金体系1本化

2022.04.22

2021.07.14

アマゾンジャパンは7月14日から、 Amazonプライム会員向けネットスーパーサービスの「Amazonフレッシュ」(http://www.amazon.co.jp/fresh)をリニューアルオープンした。

Amazonフレッシュでの注文商品は、これまでは注文から最短で約4時間後の配送だったが、Amazonフレッシュ専用物流拠点におけるシステムおよびオペレーション手順を改善することによって、対象エリアのプライム会員のお客は注文から最短約2時間後に受け取ることができるようになった。配送エリアはこれまでと同様、東京、神奈川、千葉の一部地域となっている。

また、このたびのリニューアルに伴って料金体系も見直した。これまではプライム会費に加えて月会費500円(総額、以下同)でAmazonフレッシュ会員になることで配送料が無料になるプランと、Amazonフレッシュ会員には登録せずに配送料を都度支払う2つのプランを用意していていたが、今回、料金体系を1本化。

最低注文金額は4000円以上。1万円未満の注文の配送料が390円、1万円以上の注文の配送料が無料となる。

さらに、東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位で配送時間帯を指定することも可能となった。1時間単位の配送時間帯を指定する場合、4000円以上、1万円未満の注文の配送料が890円、1万円以上の注文の配送料は500円となる。

商品パッケージと温度帯で鮮度を保つ

Amazonフレッシュでは、旬の野菜や果物、新鮮な魚や肉などの生鮮食品をはじめ、牛乳、卵、豆腐など毎日の食卓に欠かせない食品、人気の惣菜やミールキット、専門店のこだわりの食材、飲料、酒、日用品などを取り扱っている。

「品揃え」「価格」「利便性」はもちろん、 食品が生産者からお客に届くまでの鮮度や品質管理にも徹底的にこだわっているという。

例えば、パッケージについて工夫を凝らすことで、できるだけ鮮度を保つようにしている。精肉や鮮魚は、真空パックや窒素ガスを充てんしたガスパック(食品の劣化を防ぐために窒素ガスを充てんしたパッケージ)などでパッケージング。さらにそのパッケージのまま専用物流拠点に納品されるようになっている。

鮮度を保つ商品パッケージ

また、Amazonフレッシュの専用物流拠点では、6つの温度帯(常温帯、16℃、7℃、2~5℃、 0 度、マイナス20℃)の設備を備え、食材ごとに最適な温度で管理している。野菜や果物は、お客の手元に届くころに食べごろとなっているようにそれぞれの食品に応じて保管温度を季節ごとに変えるなど、熟度管理も徹底している。

6温度帯での鮮度管理

配送の際は、それぞれの商品に応じた最適な温度を保てるように3 温度帯(常温、冷蔵、冷凍)に分けた上で、Amazonフレッシュが独自に開発した保冷ボックスに入れて配送している。

3温度帯での配送

また、配送中に商品がつぶれたり傷んだりしないよう梱包も入念に行っている。商品の入荷、保管、出荷のそれぞれの段階では、専任担当者が1つ1つ手に取って、鮮度や品質を6方向から目と手で確認し、チェックをクリアした商品のみをお客に届けるようにしている。

専任担当者による商品の6面チェック

アマゾンジャパンのネットスーパーのサービスとしては、プライム会員向けサービスとして今回のAmazonフレッシュの他に、スーパーマーケット企業のライフコーポレーションとの協業によるライフのストア(http://www.amazon.co.jp/life)、同様にバローとの協業によるバローのストア(http://www.amazon.co.jp/valor)を展開している。

ライフのストアは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の一部エリアが対象、バローのストアは愛知県の一部エリアが対象で、対象エリアのプライム会員のお客はそれぞれのストアをAmazon.co.jp(ウェブサイト、Amazonショッピングアプリ)上で利用できる。

Amazonフレッシュサービス概要

URL/http://www.amazon.co.jp/fresh(PC、モバイル共通、Amazonショッピングアプリからも利用可能)

取扱商品/生鮮食品、惣菜、ミールキット、飲料、酒、日用品など

配送エリア/東京都、神奈川県、千葉県(一部エリアを除く)

配送時間/配送先に応じて、奇数の配送時間帯と偶数の配送時間帯のエリアに分かれる。

奇数配送時間帯:7時~9時、9時:~11時、11時~13時、13時~15時、15時~17時、17時~19時、19時~21時、21時~23時

偶数配送時間帯/8時~10時、10時~12時、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~22時、22時~24時

東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位の配送時間帯の指定も可能。

最低注文金額/4000円以上

配送料/1万円未満の注文は390円、1万円以上の注文は無料

1時間単位の配送時間帯指定の場合、1万円未満の注文は890円、1万円以上の注文は500円

利用条件/Amazonプライム会員への登録、年会費4900円または月会費500円が必要

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …