アマゾンジャパンがAmazonフレッシュをリニューアル、注文から受け取りの時間短縮と料金体系1本化

2021.07.14

アマゾンジャパンは7月14日から、 Amazonプライム会員向けネットスーパーサービスの「Amazonフレッシュ」(http://www.amazon.co.jp/fresh)をリニューアルオープンした。

Amazonフレッシュでの注文商品は、これまでは注文から最短で約4時間後の配送だったが、Amazonフレッシュ専用物流拠点におけるシステムおよびオペレーション手順を改善することによって、対象エリアのプライム会員のお客は注文から最短約2時間後に受け取ることができるようになった。配送エリアはこれまでと同様、東京、神奈川、千葉の一部地域となっている。

また、このたびのリニューアルに伴って料金体系も見直した。これまではプライム会費に加えて月会費500円(総額、以下同)でAmazonフレッシュ会員になることで配送料が無料になるプランと、Amazonフレッシュ会員には登録せずに配送料を都度支払う2つのプランを用意していていたが、今回、料金体系を1本化。

最低注文金額は4000円以上。1万円未満の注文の配送料が390円、1万円以上の注文の配送料が無料となる。

さらに、東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位で配送時間帯を指定することも可能となった。1時間単位の配送時間帯を指定する場合、4000円以上、1万円未満の注文の配送料が890円、1万円以上の注文の配送料は500円となる。

商品パッケージと温度帯で鮮度を保つ

Amazonフレッシュでは、旬の野菜や果物、新鮮な魚や肉などの生鮮食品をはじめ、牛乳、卵、豆腐など毎日の食卓に欠かせない食品、人気の惣菜やミールキット、専門店のこだわりの食材、飲料、酒、日用品などを取り扱っている。

「品揃え」「価格」「利便性」はもちろん、 食品が生産者からお客に届くまでの鮮度や品質管理にも徹底的にこだわっているという。

例えば、パッケージについて工夫を凝らすことで、できるだけ鮮度を保つようにしている。精肉や鮮魚は、真空パックや窒素ガスを充てんしたガスパック(食品の劣化を防ぐために窒素ガスを充てんしたパッケージ)などでパッケージング。さらにそのパッケージのまま専用物流拠点に納品されるようになっている。

鮮度を保つ商品パッケージ

また、Amazonフレッシュの専用物流拠点では、6つの温度帯(常温帯、16℃、7℃、2~5℃、 0 度、マイナス20℃)の設備を備え、食材ごとに最適な温度で管理している。野菜や果物は、お客の手元に届くころに食べごろとなっているようにそれぞれの食品に応じて保管温度を季節ごとに変えるなど、熟度管理も徹底している。

6温度帯での鮮度管理

配送の際は、それぞれの商品に応じた最適な温度を保てるように3 温度帯(常温、冷蔵、冷凍)に分けた上で、Amazonフレッシュが独自に開発した保冷ボックスに入れて配送している。

3温度帯での配送

また、配送中に商品がつぶれたり傷んだりしないよう梱包も入念に行っている。商品の入荷、保管、出荷のそれぞれの段階では、専任担当者が1つ1つ手に取って、鮮度や品質を6方向から目と手で確認し、チェックをクリアした商品のみをお客に届けるようにしている。

専任担当者による商品の6面チェック

アマゾンジャパンのネットスーパーのサービスとしては、プライム会員向けサービスとして今回のAmazonフレッシュの他に、スーパーマーケット企業のライフコーポレーションとの協業によるライフのストア(http://www.amazon.co.jp/life)、同様にバローとの協業によるバローのストア(http://www.amazon.co.jp/valor)を展開している。

ライフのストアは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の一部エリアが対象、バローのストアは愛知県の一部エリアが対象で、対象エリアのプライム会員のお客はそれぞれのストアをAmazon.co.jp(ウェブサイト、Amazonショッピングアプリ)上で利用できる。

Amazonフレッシュサービス概要

URL/http://www.amazon.co.jp/fresh(PC、モバイル共通、Amazonショッピングアプリからも利用可能)

取扱商品/生鮮食品、惣菜、ミールキット、飲料、酒、日用品など

配送エリア/東京都、神奈川県、千葉県(一部エリアを除く)

配送時間/配送先に応じて、奇数の配送時間帯と偶数の配送時間帯のエリアに分かれる。

奇数配送時間帯:7時~9時、9時:~11時、11時~13時、13時~15時、15時~17時、17時~19時、19時~21時、21時~23時

偶数配送時間帯/8時~10時、10時~12時、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~22時、22時~24時

東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位の配送時間帯の指定も可能。

最低注文金額/4000円以上

配送料/1万円未満の注文は390円、1万円以上の注文は無料

1時間単位の配送時間帯指定の場合、1万円未満の注文は890円、1万円以上の注文は500円

利用条件/Amazonプライム会員への登録、年会費4900円または月会費500円が必要

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」