老舗食堂発ベンチャー企業EBILABが「ゑびや商人館」を6月2日にオープン

2022.05.16

有限会社ゑびやは2022年6月2日に、観光地・伊勢に、複合施設「ゑびや商人館」をオープンする。

左:「ゑびや商人館」外観イメージ/右:「ゑびや商人館」内観イメージ

ゑびや商人館は、ゑびやのデジタル化の経験と実績に基づき、「IT/DX教育・研修」「セミナーハウスとしてのレンタル」「展示スペースのレンタル」「新商品等のテストマーケティング」「ゑびやオリジナルテイクアウトメニュー『松阪牛寿司』の販売」「オンラインによるコンテンツ配信」という6つのサービスを複合的に提供する施設となる。また、施設2階には、「Microsoft Base Ise」を備え、日本マイクロソフト株式会社の協力のもと、トレーニングやセミナーの実施、技術的なサポートなどを提供します。“DX体験”と“一緒に働ける”をコンセプトに、飲食・サービス業の最先端のDXに触れることができる複合施設となるという。

1912年の創業以来100年以上にわたり伊勢神宮の参道で飲食店と土産物店を昔ながらの手法で運営してきたゑびやが、2016年にデータやデジタルを活用した事業改革・DXを敢行。会計をそろばんで計算していた様な状態から、AIによる来店予測、データ分析、自動発注システムなどを自社で開発したほか、従業員たちの育成にも成功している。

「ゑびや商人館」施設詳細

以下の6つのサービスを複合的に提供することを通じて、店舗ビジネスの事業変革を見据えた“新しいお店のあり方”を探れる場の創出を目指す。

①IT/DX教育・研修

デジタル人材(IT人材)を育成する研修サービスを提供。ゑびやは、事業改革・DXの成功実績が多くの企業の参考になるとして、「日本サービス大賞」を受賞(2020年)したほか、政府やDXを検討中の企業から視察などを受け入れている。またMicrosoftのビジネスパートナーに迎えられ、同社の社名を冠した研修を2021年8月から提供する権利も取得。これらの知見を総合的に活かし、デジタル人材(IT人材)を育成する研修サービスを提供する。

②セミナーハウスとしてのレンタル

企業や学校、その他団体などが研修や合宿をする際のセミナーハウスとして、ゑびや商人館を一棟貸しの形でレンタル。施設内に備え付けの各設備を自由に利用可能。

③展示スペースのレンタル

施設の一角に展示スペースを設置し、貸し出す。ビジネスユースだけでなく、アートや伝統工芸品の展示など文化振興にも貢献し、地域の活力につなげる。

④新商品等のテストマーケティング

国内外の企業から請け負う形で、施設内で新商品のテスト販売を実施。
ゑびや商人館のサービスを利用する方や、偶然に訪れた観光客など、通常の販売テストよりも多様な層の反応をリアルにはかる。また、売れ行きを見るだけでなく、AIを使ったデータ分析など、最新の技術で精緻なテストを実施。

⑤ゑびやオリジナルテイクアウトメニュー『松阪牛寿司』の販売 ※5月26日(木)~

④の「新商品等のテストマーケティング」を行っていない期間については、ゑびやが既存店での販売実績やゑびや商人館の立地などを考慮した独自のマーケティング結果に基づき開発したテイクアウトメニュー『松阪牛寿司』の販売を行う。

⑥オンラインによるコンテンツ配信

オンライン配信ツールを用いてリモートでの実施も予定。

【施設内各スペース詳細】
ゑびや商人館は以下の5つのスペースから構成され、それぞれのスペースの設備やゑびや・EBILABスタッフのサポートをフルに活かす形で前述の5つのサービスを提供。

①キッチンスペース
1階の道路に面したスペースに「キッチンスペース」を設ける。表向きは飲食を提供する一般的な観光地の屋台だが、裏側では売上データや通行客データなど様々な情報を収集。収集・蓄積した各種データをBIツールによって店舗分析に活用するほか、来客予測AIによる需要予測データに基づき仕込みや発注といった店舗オペレーションも効率的に行うことが可能。

②テストマーケティングスペース
1階「キッチンスペース」の隣には、「テストマーケティングスペース」を設置。飲食店のDX化だけなく、小売のDX化も体験・実践できるように、「テストマーケティングスペース」も貸し出。セルフレジを導入予定で、少ない人員での効率的なオペレーション業務を体感・検証することが可能となる。

③セミナースペース
1階の奥には「セミナースペース」を設置。

④ゑびやフリースペース
2階には、ゑびやの事務所である「ゑびやフリースペース」を用意。

⑤オンライン配信スペース
「ゑびや商人館」に実際に足を運ぶことが難しい方にも、飲食・サービス業や店舗ビジネスのDX化に関する情報発信目的に「オンライン配信スペース」を設置。

「ゑびや商人館」施設概要

施設名:ゑびや商人館(ゑびやしょうにんかん)
住 所:〒516-0026 三重県伊勢市宇治浦田1丁目3-2
①IT/DX教育・研修 300,000円/回~
②セミナーハウスとしてのレンタル 100,000円/日~
③展示スペースのレンタル 50,000円/日~
④新商品等のテストマーケティングスペース 100,000円/日~
⑤ゑびやオリジナルテイクアウトメニュー『松阪牛寿司』の販売
⑥オンラインによるコンテンツ配信 100,000円/回~

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。