【海外視察ツアー】Amazon・ウォルマート・ウェグマンズ・イータリーなど アメリカ 小売トレンドの最前線を現地で集中学習

2022.06.09

2022.05.25

デジタルテクノロジーの進化にこの間の新型コロナウイルスの影響が加わり、日本の小売業界では買物の形からの再設計ともなるような業態の模索が続いています。それは日本が歴史的にモデルとしてきたアメリカも同様です。

今回、株式会社リテール総合研究所では、ニューヨークを拠点に東海岸に出店する主力企業の最新フォーマット、新型コロナウイルスへの対峙の仕方を実体験する現地セミナーの企画を行いました。

詳しくはこちらから

アマゾン、ウォルマート、ウェグマンズ、イータリーなどアメリカ小売りトレンドの最前線を現地で集中学習し、アメリカ東部の小売り最前線を学びます。

ロングアイランド、ブルックリン、ニュージャージー州、ロードアイランド州、コネチカット州、マンハッタンなどの店舗を視察。店舗のICT活用研究所の郡司昇氏、城取フードサービス研究所の城取博幸代表、リテールガイド編集長の竹下浩一郎など流通プロフェッショナルが、現地に同行して集中解説を行います。

ロングアイランドの地方都市・レビットタウンにあるウォルマートのデジタルテクノロジー実験店舗「インテリジェント・リテール・ラボ(IRL)」、ウォルマートの主力フォーマットのスーパーセンター、ウェグマンズの郊外店など大型店舗、アマゾンのフルスケールのスーパーマーケット、ドイツ発のハードディスカウントストアとして存在感を増すアルディ、リドル、世界最大のドラッグストアチェーン・ウォルグリーン、コストコなどを体験することが可能です。

グローサラントを体現するイータリーの世界最大の売り上げを誇る旗艦店、レジレス店舗のアマゾンゴー、ホールフーズの小型店など都市部ならではのフォーマットなども見学を行います。

詳しくはこちらから

詳しくはこちらから

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。