イケア、食品廃棄物は2017年対比で46%削減へ。クライメートレポート公開

2022.06.12

イケア・ジャパン株式会社は、「ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ」という2030年までの戦略に対する進捗状況をまとめた 「サステナビリティレポート FY21(日本語版)」と、気候変動への戦略と取り組みをまとめた初の「クライメートレポート(日本語版)」を公開した。

サステナビリティレポートFY21とクライメートレポートには、世界中で12社展開するイケアのフランチャイズシステム、原材料の調達から製品の製造、そして製品の破棄までの一連の流れを指すバリューチェーンにおける取り組みが網羅されている。クライメートレポートは、新たな試みとして今年度初めて制作された。

【イケアの「サステナビリティレポート FY21」ハイライト】

■健康的でサステナブルな暮らしについて

  • FY21に販売したLED電球は6,930万個に及ぶ。イケアの従来の電球よりも手ごろな価格でエネルギー効率が平均35%も優れた、イケアの次世代LED電球SOLHETTA/ソールヘッタを発売。
  • 家の中の空気をクリーンに保てる、手ごろな空気清浄機FÖRNUFTIG/フォルヌフティグなどを発売。
  • 基準値であるFY17と比較して食品廃棄物を46%減らすことに成功。世界中の全イケア店舗のレストラン、ビストロ、フードマーケットで、2022年末までに食品廃棄物を50%削減するという目標の実現に向けて順調に進捗。
  • 牛肉と豚肉の販売量は、FY20の15%からFY21の14.3%に減少。その一方で、植物由来のプラントボールとベジボールの売上は、スウェーデンフードマーケットにおいて13%から24%に増加。(飲料水の販売は除く)

■サーキュラー&クライメートポジティブについて

  • FY21のイケアのクライメートフットプリントは、ベースラインのFY16と比較して絶対値で160万トン(CO2換算)、5.8%の削減。イケアの売り上げは過去最高を更新。これは主に、エネルギー効率の高いイケア製品、生産における再生可能エネルギーの増加、植物由来の食品の販売比率の増加によるもの。
  • イケアの事業活動において再生可能エネルギー使用率100%を達成するという目標の一環として、新たに10 の市場で再生可能電力使用率100%を達成。サプライヤーの再生可能電力使用率100%へ向けた転換を加速させるプログラムを開始し、イケアが直接取引する1,600のサプライヤーをサポート。
  • 2030年に向けて、生物多様性の保全活動、森林に依存する人々の生計支援、気候変動の緩和を目的とした、新たなフォレスト・ポジティブ・アジェンダ2030を策定。FY21は、イケアの製品に使用された木材の99.5%が森林管理協議会(FSC) 認証木材またはリサイクル木材。
  • 2030年までにすべての原材料をリサイクル素材または再生可能な素材にする取り組みを継続。FY21 にイケアの製品に使用する目的で仕入れた原材料の73%が、再生可能な素材(55.8%)またはリサイクル素材(17.3%)。
  • イケア製品9,500 点を評価して得た知見を基に、インタラクティブなサーキュラー製品デザインツールを新たに開発。このツールにより、イケアの製品だけでなくあらゆる商品の循環性を測定することが可能。
  • 家具買取りサービスを通じて、再販やリサイクルのために引き取られたイケアの家具は 15万5,000点に。また、FY21 では1,800 万個を超えるスペアパーツを提供。
  • Science Based Targets Network の「Corporate Engagement Program(企業エンゲージメントプログラム)」に参加し、自然に関する科学的根拠に基づく目標設定をサポートしたほか、世界自然保護基金(WWF) との20 年近いパートナーシップを更新。

■公平性と平等性について

  • 次世代のIWAY(イケアが責任を持って製品、サービス、原材料、部品を調達するためにサプライヤーに期待する行動規範)の導入を通じて、働きがいのある仕事の提供を促進。
  • 2021 年を児童労働撤廃国際年と定めた国連のイニシアチブを支持する行動誓約書を提出。

  • イケアはFY21も、新規および現行の施策を活用して、グローバルレベルと市場レベルの両方でジェンダー平等を推進。イケアのフランチャイジーでは、12社のうち3社において女性のマネジャーの比率が50%を超え、FY19と比較して改善。イケアは男女比のバランスがとれた企業をつくり、一人ひとりのコワーカー(従業員)に平等な機会を提供することを目指す。全員が安全かつ快適に働くことができる職場をつくるため、多様性を受け入れるインクルージョンアプローチを採用。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。