「トクバイAD」メディアガイド

2020.08.04

更新:2021.04.06

国内最大級|月間UU数1,000万人以上のチラシ・買い物情報メディア【トクバイ】のターゲティング広告プランのご紹介です。
買い物情報を求めるユーザー様が集まるプラットフォームのため、高いリーチ効果が見込めます。

■サービスの特徴

・掲載店舗数国内NO.1!(※)全国50,000店以上が導入!
「国内最大級」の買い物情報特化サービスプラットフォームとして成長中
・月間アクティブユーザー数は1,000万人以上(3年成長率370%)
・特定小売チェーンを指定してセグメント配信が可能!
・2年連続Google Play表彰アプリ

※ スーパー・ドラッグストア・ホームセンター情報掲載店舗数_2020年1月時点自社調査より

■トクバイ利用ユーザーの特徴

・30〜50代の働く女性・主婦がメインユーザー
・子育て世代のファミリー層が多い
・日常的な情報ツールとしてトクバイを活用
・買い物に行く前に能動的に情報を閲覧し、行くお店を決定

■このような方におすすめ

以下の業種・業態の販促・企画・マーケティングご担当者様におすすめです。
スーパー / ドラッグストア / ホームセンター / 量販店 / 専門店 / 食品メーカー / 日用品メーカー / 飲食チェーン

お役立ち資料データダウンロード

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」

セミナー