ニトリアプリが新機能搭載、コーディネートされた部屋の画像からスタイルやインテリアを選べる

2021.06.24

ニトリは、5月27日からニトリアプリに新機能「コーディネートページ」を搭載。誰でも簡単にインテリアコーディネートが始められるとしている。

ニトリは、価格や機能だけでなく、色や柄、スタイルなどによって、より快適な住まいをつくる「暮らしのコーディネート」の提案に力を入れている。「コーディネートページ」は、ライフスタイルに合わせてより気軽に、自分らしく部屋のコーディネートを楽しんでもらうことを目指して導入された。

アプリでは、ニトリが提案する暮らしのコーディネートを、実際の部屋のコーディネート画像として見ることができる。好みの画像を選択すると、コーディネートのコンセプトと実際に使用されている商品の一覧が表示される。

自分の好みのスタイルや商品の組み合わせ方が分かることで、理想の部屋のイメージをつかむことができる。さらに気になるものはワンタッチで「お気に入り登録」することができ、そのままアプリでまとめてご購入することもできる。なお、「お気に入り登録」の利用にはアプリダウンロード後、無料の会員登録が必要となる。

「おうちでニトリ」のタブをタップし、「コーディネート」をタップ
気になる画像をタップし、④のハートマークをタップして気になる商品をお気に入り登録。 商品の詳細を確認したり、まとめて購入することができる

ニトリアプリの「便利機能」

トピックス(お役立ち記事)。お得な買物情報や暮らしのアイデアを配信
サイズwithメモ。スマートフォンのAR(拡張現実)機能を使って、写真を撮りながら気になる場所のサイズを計測できる。大きさなどが記載された画像が生成され、画像は編集、保存ができ、メモとして利用できる(ARKitあるいはARCore対応端末で使用可能)
カメラdeサーチ(画像検索)。気になるインテリアの写真から似ているニトリ商品を検索できる

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」