フードロス解決を目指す「Upcycle by Oisix」ライフが展開するビオラル、そごう・西武展開するOMOストアで販売開始

2021.11.30

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社は、アップサイクル商品※のみ販売するフードロス解決ブランド「Upcycle by Oisix」プライベートブランド商品の販売を、株式会社ライフコーポレーションがプロデュースするナチュラルスーパーマーケット「ビオラル丸井吉祥寺店」、株式会社そごう・西武が提供するメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA」で販売開始する。

※ アップサイクル商品:これまで捨てられていたものに付加価値をつけ、アップグレードした商品のこと。

「Upcycle by Oisix」商品の実店舗での販売は今回が初めてとなり、サステナブルな環境配慮型の商品を、より多くのお客さまの食生活に手軽に取り入れていただく取り組みを拡大を目指す。

オイシックスでは、「Upcycle by Oisix」サービス開始に伴い、フードロス削減取組の対象を当社PB商品製造委託先および原料仕入先の提携工場に拡げ、サプライチェーン全体での食品ロス削減の取組を開始した。

「Upcycle by Oisix」は地球と身体にやさしい、新しい食の楽しみ方を広げる食品ロス解決型ブランドとして、畑や加工現場から出た廃棄食材を活用し、より環境負荷が低く、新たな価値を加えた自社オリジナルのアップサイクル商品開発を積極的に展開。本年7月のサービス開始から4ヶ月半で約8トン(11/26現在)のフードロス削減を達成した。3年後には年間約500トン、当社商品製造に関わる提携先100社の食品ロス削減を目指している。

■「Upcycle by Oisix」商品を販売する店舗について

ビオラル丸井吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1(丸井吉祥寺店1F)
営業時間:10:30~20:00

CHOOSEBASE SHIBUYA
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1(西武渋谷店 パーキング館1階)
営業時間:11:00〜21:00

■Upcycle by OisixのPB商品について

ここも食べられるチップス ブロッコリーの茎ここも食べられるチップス ブロッコリーの茎

ここも食べられるチップス ブロッコリーの茎 430円★
冷凍ブロッコリーのカット工場で花蕾をカットしたあとに残る茎をスティック状にして特殊フライヤーで低温フライすることで、サクサクした軽い食感のチップスにしました。 揚げ油はココナッツオイルを使用し、てんさい糖と塩で少し甘めに味付けています。
食品ロス削減量(食品として活用される量を換算) 1パックあたり約300g

ここも食べられるチップス だいこんの皮ここも食べられるチップス だいこんの皮

ここも食べられるチップス だいこんの皮 430円★
漬物工場から加工時に出る大根の皮を特殊フライヤーで低温フライすることで、パリッとした軽い食感のチップスにしました。 揚げ油はココナッツオイルを使用し、てんさい糖と塩で少し甘めに味付けています。
食品ロス削減量(食品として活用される量を換算) 1パックあたり約300g

ここも食べられるチップス なすのヘタ(黒糖味)ここも食べられるチップス なすのヘタ(黒糖味)

ここも食べられるチップス なすのヘタ(黒糖味)430円
なすのヘタをココナッツオイルでカリッと揚げ、黒糖でかりんとうのように仕上げた新感覚のチップスです。低温でじっくり揚げることで、通常は食べにくいヘタの部分を食べやすく加工しました。厚めにスライスし、しみ込んだ黒糖の旨みとポリポリ食感をお楽しみください。
食品ロス削減量(食品として活用される量を換算) 1パックあたり約90g

ここも食べられるジャム バナナの皮ごとここも食べられるジャム バナナの皮ごと

ここも食べられるジャム バナナの皮ごと 961円
加工時に廃棄されていた有機バナナの皮を、ひと瓶の内容量に対して約20%使用した、おいしく、さわやかな味わいのバナナジャムです。パンやヨーグルトに添えていただくのはもちろん、チャツネのようにカレーなどの煮込み料理の隠し味にもお使いいただけます。
食品ロス削減量(食品として活用される量を換算) 1瓶あたり約30g

梅酒から生まれた ドライフルーツ梅酒から生まれた ドライフルーツ

梅酒から生まれた ドライフルーツ 538円
旨味が凝縮された梅を丁寧に種抜きし、独⾃の製法でしっとりと仕 上げたドライフルーツです。さわやかな⽢酸っぱさが癖になる⼀品。そのまま召し上がっていただく他、チーズやサラダのトッピング、お菓⼦の材料としても。梅の新たなおいしさを楽しめる商品になりました。
食品ロス削減量(食品として活用される量を換算) 1パックあたり約118g
※本品はアルコールを含みますのでお酒に弱い⽅やお⼦様、妊娠されている⽅はご注意ください。

CHOOSEBASE SHIBUYAでは店舗と同オンラインショップでも販売。
ビオラル吉祥寺店では★の商品のみ販売。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。