ライフがAmazonを通じて生鮮食品・惣菜を自宅へお届け。東京都でのサービス提供エリアをさらに拡大

2021.12.03

株式会社ライフコーポレーションは、Amazonを通じて実店舗で取り扱っている生鮮食品や惣菜をご自宅などへお届けするサービスを拡大する。

2021年12月3日より、東京都の国立市、小金井市、国分寺市、小平市、立川市、府中市の6市※が新たに配送エリアに加わる。これにより、当サービスの配送エリアは、東京23区・13市、神奈川県8市、千葉県13市、埼玉県5市、大阪府20市、京都府3市、兵庫県6市※となる。

今後もより多くのAmazonプライム会員に当サービスを利用いただけるよう、配送エリアを順次拡大していく予定だ。(※それぞれ一部エリアを除く。) 

<サービス内容>
対象エリアのプライム会員は、ライフの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、「ライフプレミアム」や「スマイルライフ」といったライフのプライベートブランド商品等、合計数千点の商品をAmazon.co.jpのWebサイトやAmazonショッピングアプリを使用してオンラインで注文が可能。

注文後、ライフ店内の専門スタッフが、品質をチェックしながら商品を厳選し、Amazonの配送ネットワークにてお届けする。お届け時間は当日または翌日の12:00~22:00(※一部エリアは12:00~20:00)で、2時間単位で指定可能。

<サービス概要>
■URL:www.amazon.co.jp/life (PC、モバイル共通)
※Amazonショッピングアプリからも利用可能

■取扱商品:生鮮食品、惣菜、日用品等

■配送エリア:23区、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、調布市、西東京市、東久留米市、府中市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県:綾瀬市、海老名市、川崎市6区(川崎区、高津区、多摩区、中原区、宮前区、幸区)、相模原市、座間市、藤沢市、大和市、横浜市13区(青葉区、旭区、泉区、神奈川区、港北区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)
千葉県:我孫子市、市川市、柏市、鎌ケ谷市、佐倉市、白井市、千葉市(稲毛区、中央区、花見川区、美浜区、若葉区)、流山市、習志野市、船橋市、松戸市、八千代市、四街道市
埼玉県:さいたま市9区(浦和区、大宮区、北区、桜区、中央区、西区、緑区、南区、見沼区)
大阪府:大阪市23区(旭区、阿倍野区、生野区、北区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、泉大津市、和泉市、茨木市、交野市、門真市、四條畷市、吹田市、摂津市、大東市、高石市、高槻市、豊中市、寝屋川市、東大阪市、枚方市、松原市、守口市、八尾市
京都府:京都市10区(右京区、上京区、北区、左京区、下京区、中京区、西京区、東山区、伏見区、南区)、長岡京市、向日市
兵庫県:芦屋市、尼崎市、伊丹市、神戸市8区(北区、須磨区、垂水区、中央区、長田区、灘区、東灘区、兵庫区)、宝塚市、西宮市
※それぞれ一部エリアを除きます。
※配達可能エリアの確認はサービス画面の「お届け先の選択」より、お届け先の郵便番号を入力しご確認ください。

■お届け時間: 12:00~22:00(※一部エリアは12:00~20:00)<当日または翌日の2時間単位で指定可能>
■最低注文金額 : 2,000円以上※

■配送料: 8,000円未満のご注文の場合は390円、8,000円以上のご注文の場合は無料※

■利用条件:Amazonプライム会員としてのご登録<年会費4,900円または月会費500円> が必要です。

※上記の価格は全て税込み表記。
※上記は全て2021年12月3日(金)時点の情報で、今後予告なく変更となる場合があります。
※AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。