ローソンがアフターコロナを見据えた改革、7月末までに全国354の市区町村の 492店を先行改装

2021.06.22

ローソンは、新型コロナウイルス感染症拡大によって大きく変化した社会やお客の価値観に対応するため、2020年10月に「ローソングループ大変革実行委員会」を立ち上げ、「商品」「売場」「SDGs」「データ活用」「収益力向上」などの分野に関する施策を進めている。

今回、この施策の1つである「店舗改装」を順次実施、2021年7月末までに全国354市区町村の492店をリニューアルオープンする。すでに6月20日時点で265店がリニューアルオープン済み。今後、全国の約5000店への拡大に向けて検証を進めて行くとしている。

新型コロナウイルス感染症拡大によるリモートワークの浸透や外出自粛の動きもあって、近場での買物や自宅での食事ニーズが高まった。ローソンにおいても惣菜系の冷凍食品が約5割、食卓のおかずとなるチルド惣菜が約1割伸長した(21年1月~3月までの売上前年比)。

今回の改装は、「暮らしの一番身近にあるコンビニ」として、さらに日常的に生活必需品を購入してもらえる店を目指したもの。20年10月~21年2月に関東の8店を先行して改装した実験では、同期間の既存店と比較して平均約1割の売上増加となった。

今回は今後の改装店舗拡大を視野に入れ、地域や店舗によって異なるニーズを確認するため、全国45都道府県、354の市区町村の492店を対象とした。

主な改装内容は、次のとおり。改装内容は店舗特性によって異なる。

1.厨房設備の新設

伸長している店内厨房商品の強化を図るため、厨房設備未設置店約200店に厨房設備を新設

店内厨房商品専用棚

2.揚げ物惣菜の個包装セルフサービス販売

コロッケや唐揚げなど、常温で販売している揚げ物惣菜をお客が手に取りやすくするため、個包装で販売

揚げ物惣菜の個包装セルフサービス販売

3.冷凍食品売場の拡大

ストック需要から日常使いへの変化で伸長を続けている冷凍食品について、売場を約2倍に拡大。同じくニーズが高まっている青果を近くに配置し、買い回りしやすい売場にする

冷凍食品・アイス売場の拡大

4.ラウンド型ケースの増設

 これまでデザート売場として使用していたラウンド型のケースを増設し、サラダや惣菜なども陳列。弁当や調理麺売場との距離を近づけることで、選びやすい売場にする

ラウンド型ケース増設

5.商圏に合った日配食品売場への変更

ニーズの高まっている日配品について、各商圏のニーズに合わせて成城石井商品、専門店商品などの強化

6.電子レンジのセルフサービス化

自分の好みに合わせて加温したい、接触を避けたいニーズへの対応

電子レンジのセルフサービス化

7.無印良品の展開

専門店の品揃えを身近なローソンで提供

無印良品の展開

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」