「イオンモール共創プログラム」 採択企業が決定。新たなビジネス・サービスの創出に向け実証開始へ

2021.11.28

イオンモール株式会社は、多様な企業と連携し、革新的なビジネスやサービスを生み出す事を目的とした「イオンモール共創プログラム」の採択企業3社を決定した。

募集概要ページより

本プログラムは、地域社会の課題や消費環境の大きな変化を視野に、①イオンモールのリソースを活用した社会・地域課題の解決、②次世代ショッピングモールの創造、③新たな事業領域の創造というテーマから、共に事業創造するスタートアップ企業さまを募集したものだ。

2021年7月から開始し、123件の応募があったが、事業性やシナジーが高いと考えられる事業者を今回選定をした。

今後、選定3社とそれぞれ実証準備を行い、効果検証を見据えながら新事業の検討を進める予定だ。

採択企業事業内容
株式会社ニューロープ
http://www.newrope.biz
ファッション特化AI“#CBK”を展開。SNSやECの画像解析に基づくトレンド分析や、AIによるオンライン接客支援等に取り組む。
株式会社souco
https://www.souco.space
日本全国の物流事業者、倉庫事業者をネットワーク化し、シェアリング型オンライン物流プラットフォームサービスを展開する企業。
株式会社Super Duper
https://www.super-duper.com
「食べること」を科学し、体験価値を向上する仕組みを開発。食べることを、ちょっとしたエンタメにするFoodTech企業。

(ご参考)募集概要ページ〈https://growth.creww.me/311e6cd7-da48-11eb-bfa0-a976013849a4.html
※募集は終了しています。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。