日本郵便がドローン・配送ロボットによる配送施行、楽天提供のアプリと連携で配送効率化を進める

2022.04.22

2021.12.02

日本郵便株式会社では、ドローン、配送ロボット連携による配送試行や、楽天グループ株式会社とECにおける商品受け取りの効率化など、配送の利便性向上に関する取り組みを進めている。

中山間地における省人化配送モデルの検証をドローン、配送ロボットで実施

日本郵便は、2021年12月1日(水)から、株式会社ACSLの国産ドローンACSL-PF2を使用したドローンおよび配送ロボット連携による配送試行を開始した。今回、配送施行を実施する区間は、奥玉郵便局の配達区内。ドローンから配送ロボットへ郵便物などを受け渡し、配送ロボットが受取人宅へ配送することで、中山間地における省人化配送モデルの検証を行う。

 日本郵便および日本郵政キャピタルは、物流やインフラ点検、災害などの分野で使われている国産の産業用ドローンを開発するACSLと、2021年6月に業務提携契約を締結。ドローン等の自動配送による「配送高度化」など、先端技術による配達ネットワークの高度化に向けた検討と取組をおこなっている。ACSLでは、特に郵便・物流領域において、日本郵便など多くの企業と、補助者を配置しない目視外飛行(レベル3)の実証を重ねている。

補助者なしでドローンを目視外飛行させるには国土交通省の「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」に基づいた承認が必要となる。今回の運航にあたり、日本郵便においても2021年11月9日付で承認済み。(東空運第20814号)

■実施概要

・運行開始日:2021年12月1日(水)

・運行区間:奥多摩郵便局(東京都西多摩郡奥多摩町氷川1379-6)配達区内

・主  催:日本郵便

・実施協力:

株式会社ACSL:ドローン「ACSL-PF2」の提供および運航の支援

株式会社ZMP:宅配ロボ「DeliRo®」の提供および運行の支援

奥多摩町:地域、関係団体などとの調整の支援

日本郵便の「e受取アシスト」と楽天「おまとめアプリ」を連携でECの配送を効率化

また、日本郵便は楽天グループ株式会社とも連携し、ECにおける商品受け取りの利便性と、配送効率化に向けた取り組みをおこなっている。第一弾は、日本郵便が提供する、荷物の受け取り日時、場所を指定できるサービス、「e受取アシスト」と、2021年11月30日(火)より提供開始される楽天の「おまとめアプリ」の連携だ。「おまとめアプリ」を通し、「楽天市場」の複数の店舗で購入した商品をまとめて配送できる。楽天でまとめ配送をおこなうのは今回が初となる。

 「e受取アシスト」と連携したことで、楽天市場で購入した日本郵便配送の一部の荷物を対象に、複数商品のまとめ配送と、日時指定、配達方法(手渡しや置き配)などの指定ができる。設定した日時に受け取ることができると、対象となった注文につき期間限定の楽天ポイント(30 ポイント)が付与される。また、あらかじめ任意の曜日・時間帯を設定しておくことで、自動でまとめ配送を行う予約機能も搭載。おまとめアプリは、2021年11月末時点で日本郵便との連携だが、今後さらに配送業者を拡大し、楽天市場以外のECサイト運営事業者への提供も目指してしていくという。

対象 OS:Android™※(動作推奨環境:Android OS 7.0~11.0)

※Android™は、Google LLC.の商標

※iOS 版アプリも今後提供予定

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …