位置情報・人流データによって潜在顧客との継続的なCRM施策が可能となる「ロケーションCRM広告」をクロスロケーションズが提供開始

2022.04.22

2021.12.19

クロスロケーションズ株式会社は独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「Location Engine™」の位置情報ビッグデータに含まれる広告IDのデバイス・ロケーションデータと特定地点・エリア(POI: Point of Interest)への来訪を結びつけて分析する機能を応用して、個別企業・広告主の要望に応じて特定POIに訪問したIDを蓄積するデータベース(「ロケーションCRMデータベース」)を構築し、この「ロケーションCRMデータベース」に蓄積したIDを対象としたスマホ広告配信を行う「ロケーションCRM広告」サービスの提供を開始する。

ロケーションCRMデータベース概念図ロケーションCRMデータベース概念図

環境変化によって起こった企業の課題
従来のCRM(Customer Relationship Management) の手法では下記のような課題が山積。

  • 潜在顧客に効率的にリーチできない、メッセージを送れない。(オンラインでも個人情報についての意識の高まりによりクッキーなどの利用が制限されているように、リアルでのマーケティングにおいても課題感が存在する)
  • 顧客の行動をベースにした潜在・顕在ニーズが十分に把握できない。
  • 自社CRMデータベース/ CDPでは自社顧客のデータは把握できても、その周辺の膨大な潜在顧客の動向は把握できない。

「ロケーションCRMデータベース」では、コロナ禍の前より、渦中の過去3年間に渡り国内の膨大な人流データを蓄積しており、現在も日々更新している。
更にこの人流データと国内400万か所の特定のエリアや施設・地点を結びつけて分析できるAI技術による数理処理エンジンである “Location Engine” を開発・運用する。

「ロケーションCRMデータベース」は『特定の場所(POI)』を起点に、過去にそこを訪れたことのあるユーザーや実勢商圏の推定居住者、競合に訪問している消費者のIDを「個人情報」を除いた形式で把握し、日々更新・蓄積する。企業はこのデータベースの保有により、自社顧客だけではないIDを含んだCRM情報資産データベースとして様々なCRM施策、マーケティング施策に活用することが可能となる。

位置情報に顧客消費者のリアルな人流データを貯める仕組みとは?

クロスロケーションズにて過去実施してきた位置情報広告のノウハウを応用し、コロナ禍の“新しい行動様式”による消費者行動・商圏変化を位置情報ビッグデータで把握し『その場所』に訪れたことのあるユーザーや実勢商圏の推定居住者、競合に訪問している個人情報を含まないユーザー情報を、『ロケーションデータ』を、継続して外部のオーディエンスデータとして保管しつづけることにより、自社では構築できない外部CRM資産情報データベースとして業種・業態ごとのさまざまな自社CRM会員の増加に役立てることができる仕組み。

ロケーションCRMデータベース概念図ロケーションCRMデータベース概念図

■サービス利用により想定される効果

  • 『人流データ』の新しいデータ蓄積とさまざまなタッチポイントからの位置情報データを活用することによりアクセスを増加させ、クッキー規制などに対応した新しい潜在顧客データベースを構築可能。
  • 自社実店舗、またはスーパー、コンビニ、学習塾などのサービス、メーカーのブランドに関係性の深い場所にいるオーディエンスへの継続的なリーチによる会員化。
  • 競合や自社店舗への訪問率などを意識したオーディエンス構築とコミュニケーションによる離反防止や潜在優良顧客のタッチポイント増加。
  • 蓄積したデータのエンゲージメント回数の管理によるオーディエンスデータのCRM管理やアンケートなどの実施によるインサイト把握。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。