デリバリーサービス「Wolt」が北海道の北雄ラッキーと連携。食料品・日用品のデリバリー開始

2021.12.02

デリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japan株式会社は、このたび札幌市でスーパーマーケット「ラッキー」を展開する北雄ラッキー株式会社(本社:北海道札幌市)と提携し、2021年12月2日(木)より「ラッキー篠路店」(札幌市北区)でのデリバリーサービスをスタートする。

Woltが札幌市内においてスーパーマーケットとの取り組みを開始するのは今回が初となる。生鮮食料品や日配品、日用品など約2,000種類を取り揃え、ご注文から30分程度でご自宅などご希望の場所にお届けする。

また、サービス開始を記念して2021年12月2日(木)〜12月15日(水)までWolt新規ユーザー&既存ユーザーを対象に「ラッキー篠路店」でご利用いただける合計1,500円分の割引コード*(500円x3回分)をプレゼントする。
(*登録後から14日間有効)

Woltでは、札幌でのサービス開始に先駆け、10月27日(水)より株式会社道北アークス (本社:北海道旭川市)が展開する「スーパーアークス ウエスタン北彩都店」、10月29日(金)より株式会社福原(本社:北海道帯広)が展開する「フクハラ」4店舗との提携を開始した。2021年11月21日(日)より「コストコ札幌倉庫店」のデリバリーもスタートし、今後も北海道内でリテール(小売)分野でのデリバリーを拡充し、「Qコマース」の認知と拡大を目指す。

「食料品や日用品を即時配達する『Qコマース』(クイックコマース)はオンラインショッピングの新しいトレンドとして注目されています。Woltではご注文いただいた食料品や日用品を約30分程度で「クイック」にご自宅やご指定の場所にお届けします。子育て世代など忙しい日常をお過ごしの方にとっては、商品の受け取りにかかる時間やストレスを軽減することができるという利点があります。北海道は本格的な冬を向かえ、お買い物も大変な時期に入ります。ぜひWoltのデリバリーを生活に気軽に取り入れていただき、日頃のお買い物にもお役立ていただければと思っております。」(WoltJapan株式会社 ゼネラルマネージャー 安井春菜)
 

北海道内におけるスーパーマーケットのデリバリーサービス概要(11月22日現在確定分)

北雄ラッキー株式会社(本社:札幌市手稲区星置1条2丁目1番地1)
● Wolt導入店舗:ラッキー篠路店(札幌市北区篠路3条4丁目1-34)
● Wolt導入開始日時:2021年12月2日(木)
● 取り扱い商品:約2,000品目
● 主な商品:生鮮食品 (野菜、果物、精肉、鮮魚)日配品、加工食品、菓子、デザート、デリカテッセン、パン、米、飲料、酒類、日用品
● 配達料金:1km未満の配達は99円、1km-2km未満:199円、2km-3km未満:299円、3km以上: 399円
(最大配達距離は12km。予告なく変更する場合があります)

株式会社福原(本社:帯広市西22条北1丁目13番地)
● Wolt導入店舗:フクハラ西12条店(帯広市西12条南3丁目2-1)/フクハラ西18条店(帯広市西18条北1丁目30)/フクハラ弥生店(帯広市西7条南29丁目6-1)/フクハラショッピングランドいっきゅう店(帯広市西19条南2丁目30-5)
● Wolt導入開始日:2021年10月29日(金)
● 取り扱い商品:約2,000品目
● 主な商品:生鮮食品 (野菜、果物、精肉、鮮魚)日配品、加工食品、菓子、デザート、デリカテッセン、パン、米、飲料、酒類、日用品
● 配達料金:1km未満の配達は99円、1km-2km未満:199円、2km-3km未満:299円、3km以上: 399円
(最大配達距離は5km。予告なく変更する場合があります)

株式会社道北アークス(本社:旭川市流通団地一条一丁目33番地の1)
● Wolt導入店舗:スーパーアークス ウエスタン北彩都店(旭川市南6条通18丁目)
● Wolt導入開始日:2021年10月27日(水)
● 取り扱い商品:約1,000品目
● 主な商品:生鮮食品 (野菜、果物、精肉、鮮魚)日配品、加工食品、菓子、デザート、デリカテッセン、パン、米、飲料、酒類、日用品
● 配達料金:1km未満の配達は99円、1km-2km未満:199円、2km-3km未満:299円、3km以上: 399円
(最大配達距離は10km。予告なく変更する場合があります)

  • Wolt北海道でのビジネス展開

Woltはフィンランド生まれ 2020年に日本に上陸

「Wolt」はフィンランド・ヘルシンキで 2014 年に創業したデリバリーサービス。世界23カ国200都市以上、日本では現在21都道府県36エリア*に展開してる。(*2021年11月22日現在)

「おもてなしの顧客体験」を軸に、業界最高水準の配達効率性、サポートチームによる迅速なチャットサポートと温かみのあるおもてなし、地元で愛される名店の多さを重視し、さらに適性テストに合格した質の高い配達パートナーが安心できるサービスを提供。

「Wolt」の故郷フィンランドは日本よりやや小さい33.8万k㎡の国土面積に約550万人が暮らす。人口密度は1k㎡あたり16人と低く、さらに極寒の冬は日照時間も短く厳しい天候が続く、といった要因からデリバリー文化が未成熟な環境にあった。そこで「Wolt」は革新的なテクノロジーによって「業界最高水準の配達効率性」を確立し、さらに、サポートチームによる「神対応とも言われる迅速なチャットサポート」によって顧客満足度を高め、フードデリバリーアプリ最高評価(アプリストア平均4.8点)を獲得するまでに成長した。

幸せの国・フィンランドならではの「温かみのあるおもてなし」を重視していることも「Wolt」の特徴。レストランには北欧デザインの「Woltオリジナル紙袋」やお店からのメッセージを書き込める「Thank you!カード」を提供している。30分程度の配達時間内に的確に商品をお届けする事、さらにチャットに届くあらゆる問題に対して約1分以内に対応する、迅速かつきめ細やかなカスタマーサービスを提供している。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。