髙島屋、金融サービスアプリ「髙島屋ネオバンク」をリリース。銀行取引とお得な積み立てが可能に

2022.06.09

株式会社髙島屋は、住信SBIネット銀行株式会社が提供する「NEOBANK®」を活用した新しい金融サービス「髙島屋ネオバンク」を、2022年6月8日より開始した。

髙島屋グループでは、金融業を百貨店業、商業開発業に次ぐ成長の第3の柱として位置づけている。2020年には、店頭でお客様の資産形成や資産承継のサポートを行うファイナンシャルカウンター事業を開始し、金融サービスを百貨店の品揃えの一つとして提供していた。

住信SBIネット銀行は、開業以来の取り組みで培った最先端のITと金融のノウハウを活用し、パートナー企業へ銀行機能を提供するBaaS(Banking as a Service)によって、パートナー企業に対し、金融サービスにおいて新たな付加価値の創造を目指す取り組みである「NEOBANK®」サービスを推進している。

今回、髙島屋は住信SBIネット銀行の「NEOBANK®」を活用し、同社の銀行機能と髙島屋での買物の利便性を高める機能を併せ持った「髙島屋ネオバンク」サービスを開始。髙島屋グループが提供する商品・サービスに銀行機能も加えることで、顧客のライフタイムバリューの最大化に取り組んでいく。またデジタル化により次世代顧客をはじめとする新しい顧客との接点を拡大し、グループの顧客基盤をより強固するとともに、百貨店とのシナジー発揮によりさらなる事業成長を目指す

■「髙島屋ネオバンク」とは

「髙島屋ネオバンク」は髙島屋の利用者に向けた住信SBIネット銀行の専用支店であり、「髙島屋ネオバンクアプリ」を通じて提供するサービスの総称。口座を開設するとアプリで銀行取引ができ、髙島屋の買物で使えるお得で便利な積立サービス「スゴ積み」も利用可能。

■銀行サービス

「髙島屋ネオバンクアプリ」を通じて、住信SBIネット銀行の銀行サービスを利用することができる。

■銀行機能
・預金機能(円貨預金、外貨預金、外貨積立など)
・決済機能(振込、振替、スマホデビットなど)
・融資機能(カードローン、住宅ローン、教育ローンなど)

■特徴
・スマホ上で口座開設から銀行取引まで完結
・「アプリでATM」利用可能(キャッシュカードは任意発行(有料))
・生体認証による高度なセキュリティ

■ATMの利用
・「アプリでATM」は全国のセブン銀行またはローソン銀行ATMで引き出しが可能。
・ATMのご利用手数料は、ATMでの入金・出金の利用回数を合計して月5回まで無料。

■スゴ積み

■「スゴ積み」とは
・「髙島屋のスゴイ積立」のことで、髙島屋の買物に利用、積み立てできるサービス。
・毎月一定額を12ヵ月積み立てると1ヵ月分のボーナスをプラスした「お買物残高」がアプリにチャージ。
・積み立ての満期後は、国内の髙島屋(※3)や髙島屋オンラインストアでの買物に利用可能。

■「スゴ積み」の魅力
・入会も利用もアプリで完結。入会時来店不要、利用時カード不要
・髙島屋オンラインストアでも利用可能
・提携先のホテルやレストランでの優待

■5種類の積立コース

※積立期間中、1年ごとに積立事務手数料500円(税込)が発生。

■概要

サービス名 : 髙島屋ネオバンク(TAKASHIMAYA NEOBANK)
サービス開始日 : 2022年6月8日
申込対象者 : 満15歳以上の日本在住者
所属銀行 : 住信SBIネット銀行株式会社
銀行代理業者 : 株式会社髙島屋 ( 許可番号:近畿財務局長(銀代) 第155号 )
取扱業務 : 預金または定期預金等の受入れ、資金の貸付、為替取引を内容とする契約の締結の媒介

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。