ライフコーポレーションが「大豆ミート」を「発芽豆からつくったおにく」シリーズとして首都圏ライフ全123店で発売

2021.04.05

2021.04.06

ライフコーポレーションは4月7日から、植物由来の「大豆ミート」を使用した「発芽豆からつくったおにくシリーズ」を首都圏のライフ全店舗で販売する。一部店舗では3月から販売していた。

スタートアップであるDAIZが開発・製造する発芽大豆から製造した「ミラクルミート」を使用し、「春巻き」「餃子」「メンチカツ」のチルド食品と冷凍食品の計6アイテムをオリジナル商品として販売開始する。

今後、人口増加によって世界的規模でのタンパク質不足が懸念されている。環境負荷の面でも、動物肉に比べて少ない植物肉が注目される中、ライフコーポレーションとしても昨今注目を集めている植物肉の商品を提供したいと考えたという。

DAIZによると、一般的な大豆ミートは大豆搾油後に残る脱脂加工大豆を主原料として作られているが、「ミラクルミート」は原料に丸大豆を使用。オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みをなくしているという。また、大豆を発芽させることで大豆本来のうま味や栄養価が増加し、肉のような弾力と食感を再現した。なお、商品はヴィーガン対応ではない。

販売する商品は、「発芽豆からつくったおにく 春巻き」(4個入り)、「発芽豆からつくったおにく 餃子」(8個入り)、「発芽豆からつくったおにく メンチカツ」(2個入り)(すべて本体価格258円、総額278 円)。精肉コーナーで販売する。

「発芽豆からつくったおにく メンチカツ」(2個入り本体価格258円、総額278円)。動物由来の原料を一切使用せず、植物由来原料のみで仕上げたメンチカツ

また、一部店舗では保存性の高い冷凍商品の「発芽豆からつくったおにく 春巻き(冷凍)」(10個入り)、「発芽豆からつくったおにく 餃子(冷凍)」(24個入り)、「発芽豆からつくったおにく コロッケ(冷凍)」も販売(全て本体価格498円、総額537円)。こちらは精肉冷凍コーナーで販売する。

「発芽豆からつくったおにく 春巻き(冷凍)」(10個入り本体価格498円、総額537 円)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」