洋服の青山がネットとリアル融合の独自システム「デジラボ」の導入店拡大、今期大型店、中型店含む120店に導入

2022.06.09

青山商事は、ネットとリアルの融合システム「デジラボ」を2023年3月末までに新たに「洋服の青山」120店に導入する。システム導入は6月14日から順次開始する予定。

デジラボ接客イメージ

    

「デジラボ」は、ネットとの連携によって在庫の確保とリアル店舗の接客サービスの両メリットを最大限に生かす同社独自のシステム。

導入店の店内に、全店の在庫と連動するタッチパネル式の大型サイネージやタブレット端末を複数設置し、お客はこれらの端末を使い全国に展開する「洋服の青山」の1000万点以上の豊富な在庫の中からお好みの商品を選ぶことができると共に、販売員の接客を受けながら実際の商品の色柄や着心地などを確認した上で購入することもできる。

デジラボ案内パネル

システムを利用して商品を購入すると商品は自宅に配送となる。購入後は手ぶらで帰ることができる他、後日店に商品を受け取りに行く手間も不要となるとしている。

一度販売員の接客を受けながら「デジラボ」で買物を体験することで、利用者のネット通販に対する抵抗感を払拭し、「洋服の青山オンラインストア」の利用を促進すると共に、店舗とEC(電子商取引)サイトの両方を利用する客層の拡大にもつなげていく。

また、「デジラボ」では、店舗で同じ色柄のスーツをサイズ別で保有する必要がなく、限られたスペースで多くの種類を陳列できるというメリットがあるため、「デジラボ」開始当初は主に都市部の売場面積100坪未満の狭小店を中心に導入していたが、ネット連携による品揃えと利便性の高さなど反響があったことから、現在では全国の大型店、中型店への導入も進めているという。

システムを導入したこれらの店舗ではスーツ売場の一部を縮小し、現在強化しているオーダースーツコーナー、テレワークにも対応するビジネスカジュアル商品やレディス商品を拡充するなど、売場の再構築を行っている。今後導入する店舗においても売場を有効活用し、各店舗の需要や地域特性に即した魅力ある売場を目指す。

オーダースーツコーナー
「ビジカジ」商品コーナー
レディス商品コーナー

「デジラボ」には商品を検索する機能の他に、画面上でスーツやネクタイなどのコーディネートができる機能、人気の商品をランキング形式で表示する機能、画面上の販売員がサイズや色柄といった商品の絞り込みをサポートする機能など、販売員の接客を受けることなくセルフサービスで買物を楽しめる「非接触」の機能となっている点も生かす。

選んだスーツに合うシャツやネクタイを画面上で自由に組み合わせて、さまざまなコーディネートを確認できる。これによって具体的な着用イメージを持つことができる他、気に入ったコーディネート商品はそのまま購入することもできる。

コーディネート画面

また、「デジラボ」導入店の人気商品をランキング形式で表示する画面も設けた。ランキングは1~10位まで表示され、情報は日々更新される。人気の商品が一目で分かる仕組みとなっている。

ランキング表示

購買サポートとして、画面上の「キャラクタースタッフ」がビジネス、就職活動、結婚式といった利用者の着用シーンや要望のサイズ、価格帯、色柄などの商品の絞り込みをサポートするサービスも導入。商品選びをスムーズに行える他、購入時の不安感の払拭にもつながるとしている。

デジタル案内

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …