テクノロジー

  • 2022.05.12

    ヘッドレスコマースとは?メリット・デメリット、従来のECサイトとの違いなどを解説

    近年、スマートフォンの普及やコロナ禍などによってインターネット市場が拡大している。そんな中で、EC(電子商取引)サイトにおける新しい構造として注目されているのがヘッドレスコマースである。 ここては、ヘッドレスコマースの仕組みや従来のECサイトとの違いについて分かりやすく解説する。 ヘッドレスコマースとは? ヘッドレスコマースとは、ECサイトにおいてフロントエンドとバックエンドを切り離し、APIで連携させることで運用を行う構造のことである。 ヘッドレスコマースを実現させることで、フロントエンドの開発の自由度が高まったり、ECサイトの表示スピードを上げたりするメリットがある。 一方でシステム構築に…

  • 2022.05.06

    タッチ・トゥ・ゴーの無人決済店舗システムが稼働開始から3年目を迎え全国展開を開始

    TOUCH TO GO(タッチ・トゥ・ゴー)は、同社が開発する無人決済店舗システム「TTG-SENSE」「TTG-SENSE MICRO」の全国展開を開始したと発表した。今回の全国へのサービス提供は、資本業務提携先の東芝テックによる販売、導入、保守のサポート体制により実現したもの。 2019年3月23日に高輪ゲートウェイ駅に店舗をオープン後、今年3月末時点での「TTG-SENSE」「TTG-SENSE MICRO」の展開店は合計13カ所まで拡大している。この間も利便性向上、店舗のオペレーション効率化に向けて改善を重ねてきた。 具体的な進化としては、まず、展開エリアの拡大と導入期間の短縮。東芝テ…

  • 2022.04.28

    Web3.0とは?Web1.0、2.0との違いやメリット、サービス・技術の事例などを紹介

    ブロックチェーン技術を使用した次世代インターネット「Web3.0」。Web2.0の抱える課題を解決し、より自由で安全にインターネット利用ができるとして高い注目を集めている。 今回は、そんなWeb3.0の意味や概念、特徴について解説。Web3.0領域のトレンド技術や具体的なサービスについても併せて紹介する。 次世代インターネット「Web3.0」とは? Web3.0はイーサリアムの共同創業者であるギャビン・ウッド氏によって提唱された概念である。明確な定義はまだないとされているが、端的にいうならばブロックチェーン技術を活用した非中央集権型または分散型のインターネットと表現できるだろう。 ブロックチェ…

  • 2022.04.24

    そごう・西武、AIカメラを活用した顧客分析の実証実験を開始

    株式会社そごう・西武は、2022年4月18日から西武池袋本店、6月1日からそごう大宮店の対象フロアで、AIカメラを活用した顧客分析の実証実験を開始する。 西武池袋本店は、19年度の年間来店者数は約7千万人だったが、その中で取得できるデータは店舗全体の入店客数と商品を購入したお客さまの情報のみで、フロアに来場している多くの利用者情報は取得できていなかった。 そこでAIカメラを活用することで今まで明らかになっていなかった、フロアに来場した利用者数の把握と属性(性別・年代)を推定。取得したデータの分析でより精度の高い「テナントのリーシング」「売場施策」を実施する。 また今後は店内での顧客の買い廻り情…

  • 2022.04.22

    三井不動産とNTTコミュニケーションズは、ロボットを活用した無人パトロール・フードデリバリーの実証実験を開始

    三井不動産株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社は、愛知県名古屋市にある久屋大通公園の北エリア・テレビ塔エリア Hisaya-odori Parkで、ロボットを活用した無人パトロールおよびフードデリバリーの実証実験を2022年5月30日より開始する。 ■本実証実験の内容 (1) 無人パトロール(警備ロボットによる園内管理業務の高度化)夜間帯も含めた全日、Hisaya-odori ParkのZONE3、およびZONE4エリアにて警備ロボットを屋外で自動走行させ、巡回警備を行う。警備ロボットに搭載されたカメラが撮影した映像は5Gを含むモバイルネットワークを活用してNTT ComのAI映像解析…

  • 2022.04.20

    世界47カ国のオンライン決済を支えるStripeが新たな試み 日本市場向け決済サービスとは

    世界47カ国でオンライン決済サービスを提供するStripe。Webサイトに7行のコードを埋め込むだけで決済サービスを実装できるシステムを開発し、企業のオンラインビジネスの成長を支えてきた。同社日本法人の共同代表が、日本市場独自に開発した新サービスやクレジットカードの不正利用防止サービス「Stripe Radar」について語った。 [PR/ITmedia]  2022年3月11日、アイティメディア主催の「リテールDXカンファレンス2022」で、ストライプジャパン共同代表の荒濤大介氏が「Stripeが実現する決済オペレーションの効率化とは?」と題して、Stripeが日本市場向けに開発した決済サービ…

  • 2022.04.20

    そのFAQで本当に解決できますか? 人手に頼ったカスタマーサポートから脱却を

    顧客の購買行動がオンラインに移行する中、顧客ニーズの多様化や問い合わせ件数の増加などによってカスタマーサポート業務の逼迫(ひっぱく)が課題となっている。これを改善するにはどうすればいいのか。 [PR/ITmedia] コロナ禍を経て、顧客の購買行動は店舗での対面型からECサイトやアプリなどを活用したオンラインでの非対面型へと大きくシフトした。これに伴い重要になっているのが、電話やメール、チャットといった非対面チャネルでのカスタマーサポート(CS)業務の効率化だ。  2022年3月11日に開催されたオンラインイベント「リテールDXカンファレンス2022」の講演「小売流通業における『疑問解決エンジ…

  • 2022.04.20

    小売り、EC担当者がいま押さえるべき「勝ち抜くサイト運営」の最新常識まとめ

    多くの顧客を呼び込み、快適で安心して利用できるECサイトを運営するには、最新のサービス配信基盤やセキュリティを含む技術動向、業界標準やルール改定への理解が必要だ。いまECサイト担当者が知るべきトピックと事例を見ていく。 [PR/ITmedia] コロナ禍を経て顧客の購買行動は一気にオンラインにシフトした。小売業界各社もオンラインでの商機を生かすべく、ECサイト運営に力を注ぐ。いまやECサイトは重要な顧客接点であり、客にとってもWebは魅力的な商品に出会い、効率良く入手するための場だ。  ECのような直接商品を販売するサービスだけでなく、実店への誘導を図るオンライン・ツー・オフライン、B2Bビジ…

  • 2022.04.15

    ビックカメラ、防犯・見守りAIカメラ提供するJUSTICEYEと資本業務連携

    防犯・見守りAIカメラ「JUSTY(ジャスティ)」をはじめ、防犯・監視カメラソリューションの提供を行う株式会社JUSTICEYEは、株式会社ビックカメラ等を引受先とする第三者割当増資等により、約8億円の資金調達した。 ■防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」 人感センサーやモーションセンサーなどを搭載した、高性能・超小型の防犯カメラです。クラウドやSDカードに保存された映像は、スマホの専用アプリを使って、いつでもどこでも確認できる。また、マイクとスピーカーを内蔵しており、スマートフォンのアプリと双方向通話が可能。 導入費無料・1台あたり月額550円〜と安価な価格に加え、工事なしで簡単に設置できる…

  • 2022.04.14

    三陽商会らが、OMOによる顧客体験向上のためのトライアルを開始

    株式会社三陽商会は、NRIデジタル株式会社、株式会社プレイドとが共同で、オンラインとオフラインを融合したOMOによる顧客体験の実現に向けてトライアルを開始する。 本取り組みは、三陽商会の「BLUE LABEL CRESTBRIDGE(ブルーレーベル・クレストブリッジ)」「BLACK LABEL CRESTBRIDGE(ブラックレーベル・クレストブリッジ)」の新ライン「CB CRESTBRIDGE(シービー・クレストブリッジ)」の第一号店舗「ららぽーと横浜店」(4月22日オープン)にて実施。 公式ECサイト「クレストブリッジ オンラインストア」および本店舗を活用する顧客の行動データをシームレスに…

  • 2022.04.08

    実用化進む空中ディスプレーとは?特徴や仕組みを最新の導入事例を交えて解説

    目の前に浮かび上がる3Dアバターや操作画面。これは「空中ディスプレー」などと言われるもので、眼鏡などを使わなくても裸眼で立体的な映像を見ることができる。 すでに導入や実証実験をスタートしている企業や、マンションのインターホン、POSレジなどで実証実験を行っている企業もあり、SF映画の世界で見ていたことが身近で現実になりつつある。 本記事では、空中ディスプレーにどのような特徴があるのか、メリットや想定される使用シーン、実際に導入・開発をしている企業の事例を紹介していく。 空中ディスプレーとは? 空中ディスプレーの特徴や仕組み 3Dの映像など、空中に浮かんでいるように見えるものはこれまでも存在して…

  • 2022.04.06

    ZOZOCOSMEで「ARメイク」をサービス開始。ワンタップでコスメアイテムのお試しが可能

    株式会社ZOZOは、AIおよびAR技術を活用したソリューションサービスを提供するパーフェクト株式会社の技術を活用した、バーチャルにメイクアップアイテムを試せる新機能「ARメイク」を2022年4月5日よりZOZOTOWN上のコスメ専門モール「ZOZOCOSME」でサービス開始した。 「ARメイク」に対応するのは、パーフェクト株式会社がサービスを提供する国内ECサイトの中で最多となる21ブランドのコスメアイテムとなる。 ARメイクは、高度なARとAI技術によりまるで鏡を見ながら商品を試すような感覚で、ZOZOCOSMEの様々なコスメアイテムをZOZOTOWNアプリ上で試すことがきる機能だ。商品詳細…

  • 2022.04.01

    イオンが、全店舗でVRを従業員教育に導入。教育機会拡大と習得レベルの標準化を推進

    イオンリテールは4月から運営する北陸信越、関東、東海、近畿、中四国エリアの「イオン」「イオンスタイル」約360店全店舗で、新人および既存従業員教育にInstaVRが提供するバーチャル・リアリティ(VR)プラットフォームの「InstaVR(インスタブイアール)」を導入する。 全店舗でVRを従業員教育に導入する取り組みは、国内小売業で初めてとなるという。 イオンでは、顧客視点と現場を基盤とする全員経営を重視するとともに、業務プロセスの標準化やデジタルトランスフォーメーションの推進による生産性改善に取り組む構造改革を加速させている。 VR学習コンテンツの拡充を進めることで現場力を強化し、顧客満足度の…

  • 2022.03.31

    プロントが、新業態「エビノスパゲッティ」にパスタ自動調理ロボットを導入

    株式会社プロントコーポレーションは、2022年夏に東京・丸ビルに出店する新業態「エビノスパゲッティ」でTechMagic株式会社が提供するパスタ自動調理ロボット「P-Robo」を導入する。 一連の調理工程を自動化し、省人化によって確保したリソースを商品開発やサービスへ活かすことで飲食店の更なる付加価値の創出を目指す。  2018年秋よりTechMagicとプロントが開発をスタートしたパスタ自動調理ロボット「P-Robo」は、商品のオーダーから麺の茹で、具材・ソースの供給、調理、鍋の洗浄を自動で行うロボット。開発過程で2社が最も注力したのは「熟練の調理技術の再現」。ロボットが調理を行う…

  • 2022.03.24

    三越伊勢丹提供のVRアプリ「REV WORLDS」に「バーチャル東京ドーム」が新設、漫画『刃牙』シリーズとコラボ

    三越伊勢丹ホールディングスは、VR(仮想現実)を活用したスマートフォン向けアプリ「REV WORLDS(レヴワールズ)」の仮想都市上に、3月26日から東京ドームを再現したバーチャル東京ドームが初登場すると発表した。期間限定登場で終了時期は未定。 同アプリは24時間どこからでも新宿東口の街の一部エリアや伊勢丹新宿店を再現した仮想都市にアクセスが可能というサービスを提供する。 バーチャル東京ドームが加わることによって、お客(ユーザー)はバーチャル東京ドーム内を散策することができるようになる。また地下エリアでは漫画『刃牙』シリーズに登場する「地下闘技場」をモデルとした「バーチャル地下闘技場」も期間限…

1 2 3 4 5 ・・・ 13
2 3 4