小売流通用語

  • 2022.05.27

    帳合とは?小売流通業における意味と役割、メリット・デメリットなどを解説

    流通業界でよく耳にする用語に「帳合」がある。もともとは会計用語の「帳簿合わせ」を意味するが、卸売・小売業においては「帳合取引」を指す。 日本では昔から帳合取引が行われており、小売業者はもちろん、メーカー側にとっても様々なメリットがある。ここでは、流通業で使われる帳合という用語の意味と帳合取引を行うメリット・デメリットについて解説する。 帳合(ちょうあい)とは?用語の意味・仕組みを解説 帳合は、「ちょうあい」と読み、流通業界のほかにも、食品業界や出版業界、医薬品業界など、さまざまな業界で使われる用語である。 帳合取引、帳合商品、帳合価格、帳合がつく、帳合をもらうなどといった使い方をする。売買取引…

  • 2022.05.25

    スーパーバイザーとは?業種別の役割や仕事内容、求められるスキルや資格などを解説

    役職のひとつである「スーパーバイザー」。小売業や飲食業、福祉業、外資系企業とスーパーバイザーが設置される業種は多岐にわたり、それぞれで役割や仕事内容も異なる。また、リーダーやエリアマネージャーなど似た役職もあり、混同してしまう人も多いだろう。 本記事では、スーパーバイザーの業種ごとの役割や仕事内容、さらにスーパーバイザーに求められるスキルや資格などについて解説する。 スーパーバイザーとは スーパーバイザーとは、おもに管理や監視業務を行う役職を指す。英語で「監督者」「管理者」「上司」などを意味する”Supervisor”が由来だ。略語である「SV」と呼ばれることもある。日本国内では店長、施設長、…

  • 2022.05.20

    日配品とは?意味や由来、該当する商品などを解説

    「日配品」とは、主に小売・流通業界で使われる用語で、店舗に毎日配送される商品のことを指す。名前の由来は「毎日店舗に配送される食品」の略からきており、デイリーフーズ、デイリー食品、デイリーなどと呼ばることもある。 卵、牛乳・乳製品、パン、豆腐、納豆、漬物、練り物、ハム・ウィンナーなどの畜産加工品、チルド飲料、生麺類、生菓子など、日持ちがしない、冷蔵を必要とする食品などが該当する。生鮮食品は基本的にふくまれない。 日配品は、基本的に賞味期限や消費期限が短い商品が多いため、閉店時間が近くになるにつれて値引きされることも多い。

  • 2022.05.13

    PI値とは?意味や計算方法、活用方法などを基礎から解説

    PI値とは「Purchase Index(パーチェイス・インデックス)」の略で、小売店舗などで用いられる来店客1000 人当たりの購買指数を表す。 購入金額や、個数、人数に対して用いられ、商品単位やカテゴリー単位などで計算される。PI値が高いほど、商品の購入可能性が高いといった予測ができる。 PI値は、下記のような計算式で算出することができる。 販売金額(販売数量・人数)÷ レジを通過した客数 × 1000 例えば、ある特定の期間のオレンジジュースの販売数量が100個で、レジを通過した客数が10000人であればPI値は10となる。 来店客数1000人あたりの換算することで、店舗の規模や曜日など…

  • 2022.04.28

    ソーシャルコマースとは?特徴やメリット、企業の取り組み事例などを解説

    インターネットやスマートフォンの普及とともに、Eコマース市場は年々拡大しているが、その中でも、ECとソーシャルメディアを掛け合わせたソーシャルコマースのニーズが高まっている。ソーシャルコマースは、ECサイト構築の手間やコストが省けるだけはでなく、顧客の囲い込みやカート離脱の防止といった効果が期待できる。ここでは、企業がソーシャルコマースを活用するメリットと成功事例について解説する。 ソーシャルコマースとは? ソーシャルコマースとは、Eコマースにおけるマーケティング手法のひとつであり、ソーシャルメディアとオンラインショップを組み合わせて、商品の販促活動を行う販売チャネルのことを指す。SNSやブロ…

  • 2022.04.25

    価格弾力性とは?具体例や計算方法、活用するシーンを解説

    商品の適切な価格設定の上で重要となるのが、価格弾力性だ。顧客や市場のニーズを数値として可視化できるため、新商品はもちろん既存商品の価格見直し時にも有効な指標となる。店舗や企業の利益を継続して生み出すためにも重要な価格弾力性の概要や価格弾力性の高い、低い商品の具体例、計算方法、価格弾力性を活用するシーンを解説する。 価格弾力性の概要や計算方法を解説 価格弾力性は価格設定の上で覚えておきたい用語の1つだ。価格弾力性の概要や計算方法を解説する。 価格弾力性とは 価格弾力性とは、商品やサービスの価格変化に伴う需要と供給の変化を数値化したものだ。価格弾性値とも呼ばれている。価格が変化したときの需要の変化…

  • 2022.04.21

    フェイシングとは?店舗の販売促進や商品構成グラフにおいて重要な技術を基礎から解説

    本記事では、小売店舗においてお客への訴求や購買につなげるために極めて重要な技術の一つであるフェイシングについて基礎から解説していく。 フェイシングの概要 物理的な商品には、パッケージも含め、幾つかの「表面」がある。商品を陳列する際、それらのどの表面を正面に向けるか、何列にするかといったことを陳列棚の大きさも含めて検討するが、そうしことを受けてある表面を向けて陳列することを「フェイシング」と呼んでいる。そしてその表面自体は「フェース」と呼ばれる。 商品がお客の目にとまり、購買につなげるために極めて重要な技術である。「フェイシング」は英単語では「表面」を意味する名詞、あるいは「面する、向く」を意味…

  • 2022.04.06

    旗艦店とは?意味や旗艦点を作るメリットを、具体的な取り組み事例を交えて解説

    旗艦店の意味や定義とは 小売業界ではしばしば「旗艦店」と呼ばれる店舗が話題になることがある。店舗を持つ小売業が、自社のマーチャンダイジングを最大限具現化し、自社を代表する店舗として位置付けられるような店舗を出店する際、それを旗艦店とすることがある。 会社自体が対外的に宣言することもあるが、必ずしも自社が宣言する必要はなく、あくまで実態によって判断されるべきものといえる。そのため、明確な定義といえるものもない。 複数店を運営するチェーンストアなどは、各地に店舗を出店していくが、店舗には物理的制限がある他、出店場所の特性などもあって、自社が持つマーチャンダイジングの力を全て店舗に具現化することが次…

  • 2022.04.05

    PB(プライベートブランド)とは? PB商品を展開するメリットや、NBとの違いと併せて解説

    コンビニやスーパーマーケットなどさまざまな店舗でPB(プライベートブランド)商品が販売され、日々の生活に欠かせないものになりつつある。 PB商品は、総体的に低価格で販売されるケースが多く、消費者にとってはうれしい側面があるが、小売り、メーカー側にとってもメリットをもたらす戦略商品でもある。 ここでは、PBの概要と展開するメリット、デメリット、またOEMやNB商品との違いについて解説する。 PB(プライベートブランド)とは?OEMやNB(ナショナルブランド)との違い ブランドといえば、かつては高級なイメージがつきものであったが、近年では幅広いジャンルのオリジナルブランドが展開され、低価格帯も含め…

  • 2022.03.25

    ポップアップストアとは?出店の目的やメリット等を出店事例と併せて解説

    店舗PRや売上向上、顧客との信頼関係構築などを目的として、小売業を中心に運営されているポップアップストア。昨今のコロナ禍においては、常設店に代わる店舗形態としても注目が集まっている。 本記事では、ポップアップストアの概要とメリットをまとめた後、実際の事例を紹介していく。 ポップアップストアとは? ポップアップストアとは、期間限定で営業されるショップを言い、ポップアップショップと呼ばれることもある。「突然現れる」という意味を持つ、「ポップアップ(pop up)」に由来しており、一般的にショップの開設期間は数日~数週間程度となっている。 ショップの展開スペースとしては、空き店舗・レンタルスペース・…

  • 2022.03.24

    希望小売価格の意味とは?定価やオープン価格などの違いと併せて解説

    商品を購入する際、「希望小売価格」という表示を見たことがあるだろうか。その他にも「定価」や「オープン価格」など価格表記にはさまざまな種類がある。 本記事では、この「希望小売価格」とはそもそもどのような価格で、実際に販売されている価格とは何が違うのかを解説していく。また「定価」や「オープン価格」についても比較しているので、いま1つ用語の意味が分からないという方は参考にしてほしい。 希望小売価格とは?  「希望小売価格」とは、文字通りメーカー側が希望する小売価格のこと。あくまでもメーカー側が提示する参考値であり、小売店側は幾らで販売しても構わない。そのため、希望小売価格と実際の販売価格に…

  • 2022.03.17

    コールドチェーンとは?概要やメリット、成長見込まれる市場規模などを解説

    商品の原材料の調達から生産、配送、販売までの一連の行程を低温かつ最適な温度を保つ物流方式を「コールドチェーン」という。 アイスクリームや冷凍食品が店頭に並んでいるのは、工場などから冷凍された状態で運ばれるから。この冷凍や冷蔵の状態を保ったまま食品などを届けることを「コールドチェーン」と呼ぶ。 すでにコールドチェーンは私たちの生活になくてはならない仕組みになっているが、今後、世界ではさらに市場の成長が予測されている。本記事では、コールドチェーンの仕組みやメリット、今後の市場規模の成長を解説していく。 コールドチェーンとは? コールドチェーンとは、食品や医薬品など温度管理が必要な製品を、生産地から…

  • 2022.02.22

    フランチャイズチェーンとは? いまさら聞けない直営店との違いや、メリットなどを解説

    フランチャイズチェーンとは、本部の運営を行う企業とフランチャイズ加盟者が契約を結んで、加盟チェーンのブランド、商標を使用してサービスを実施する、経営の仕組みの一つである。 本記事では、フランチャイズチェーンの概要と種類やフランチャイズチェーンと直営店との違い、フランチャイズチェーンにおける本部、加盟者双方のメリット、デメリットついて解説していく。 フランチャイズチェーンとは? フランチャイズチェーンは、日本においても幅広い業種で採用されている実績を持つ仕組みだ。チェーン店というと、まずコンビニエンスストアを思い浮かべる人も多いだろう。 私たちが生活するうえで利用する店舗やサービスは、フランチャ…

  • 2022.02.21

    キャッシュレス決済とは? 今さら聞けない種類やメリット、使い方などを解説

    クレジットカードをはじめ、スマートフォンを使った決済など、現金ではない方法での支払いが一般化している。キャッシュレス決済の現金が手元になくても素早く支払いができ、ポイントが貯まったり割引があったりする点が魅力だ。 キャッシュレス対応の店舗が増え、日常の買物でますます使いやすくなっている。キャッシュレス決済の種類や支払い方法など改めて詳しく紹介する。 キャッシュレス決済とは何か キャッシュレス決済とは、文字通りキャッシュレス、現金以外の支払いや決済のことをいう。クレジットカードは広く知られ使われている。以前から一般的に使われている口座引き落としや銀行振込なども、キャッシュレス決済の一部といえるだ…

  • 2022.02.16

    クイックコマースとは? 拡大する背景や企業の取り組み事例などを紹介

    新型コロナウイルスの蔓延を背景にデリバリーニーズが高まる中で、企業の参入が続くクイックコマース。2022年1月にヤフーなどを傘下にもつZホールディングスが本格的な参入を発表して注目を集めた。 本記事では、クイックマースとは何か、その概要から急速に広がる背景にある理由や、実際の企業の取り組み事例などを紹介していく。 クイックコマースとは? クイックコマースは、その頭文字からQコマースとも呼ばれ、注文からおよそ30程度で商品を配送する即配サービス。 注文は基本的にオンラインにて行われ、ダークストアと呼ばれる配達専用の無人店舗や、自店舗、提携店舗などから商品の発送が行われる。商品の配送は、専属の配達…

1 2
1 2